1. Home
  2. 連載
  3. 終電と私

連載

終電と私

0時が近づくにつれて、街の人々は「終電」が気になりだす。 帰ろうか、残ろうか。時計を見ながら正解を考える。 甘酸っぱい思い出も、切なく悲しいできごとも、思えば全部「終電」がきっかけだった。 そんな、誰もがひとつは持っている終電にまつわる物語を集めてみました。

終電と私