突然だけど、勝負パンツ持っていますか?

勝負パンツというと意中の男性にアピールするためのものってイメージがあるけど、まわりに聞いてみると、役割はそれだけじゃないみたい。

どんなときにどんな勝負パンツを履いているの? 東京女子のパンツ事情を探ってみました。

30歳 国際線CA アキさんの「魔よけの赤パンツ」

20171002_sarasaty_1.jpg

──このパンツが勝負パンツの理由は?

CAは赤パンが鉄板。悪天候に見舞われたり、クレームに辟易したり、フライトでトラブルが立て続いたときに先輩に教えてもらったんです。『魔よけの効果があるから赤の下着がいいわよ』って。だからチーフパーサーの9割は赤パン履いています(笑)。

それに気分的にも、赤の下着を身につけると不思議とやる気が出るんですよね

──赤パン、何枚持ってるの?

赤パンは4枚くらい。なかでもいちばんお気に入りなのは、ステイ先のフランスで買った8,000円くらいのもの。赤のレースに金の刺繍があしらわれているんです。

手持ちのパンツのなかで、いちばん高いですね。普段は安いものだと3枚1,000円のパンツを履いていたりもするから。手洗いだから洗うのが大変だけど、大事に使ってます

28歳 バイヤー ミナさんの「自分を磨くTバックショーツ」

20171002_sarasaty_3.jpg

──このパンツが勝負パンツなのはなぜ?

いろんな国の友だちで集まって飲んでいたときのこと。イタリア人の女の子が『私は絶対、Tバック派!』って言ってて、Tバックを持っていなかった私はドキッ...。

理由を聞いたら、『スキニーパンツやタイトワンピを着たときに下着の形が響くとダサいでしょ。ボディ磨きをしてTバックでタイトな服を着こなすのが私のルール』とのこと。

それを聞いて感化されて以来、出かけるときはTバックを身につけて、タイトな服を着こなせるよう自分磨きをしています

26歳 保育士 アイリさんの「初心に戻れる白の紐パンツ」

20171002_sarasaty_2.jpg

──このパンツが勝負パンツの理由は?

毎日大勢の子どもを相手にしていると、余裕のなさを感じてイラだってしまうことも...。そんなときは初心に戻るために、白レースの紐パンツを履くことが多いんです。

朝着がえるときに紐をしばり直すと気が引きしまることもあって、このパンツがいちばんお気に入り。入園式や卒園式、運動会、お遊戯会などの重要なイベントがあるときも履いています。

昔は白って汚れやすいから敬遠してたけど、ケアに手がかかるからこそ履きこなせたら大人な気がして気に入っています

──デートのときも白の紐パン?

白の紐パンを履くこともあります。好きな下着を身につけていると自信にもなるし。

トイレに入ったときに『あ、今日お気に入りのパンツ履いてたんだった!』ってちょっと気分があがったりもします(笑)

お気に入りのパンツを長持ちさせるには?

20170912_sarasaty_4.jpg

たかがパンツ、と思っていたら大間違い。パンツにこそ個性が宿ります。

素材やディテールにこだわったパンツは、値段もけっして安くはない。だからこそ清潔に保ち、なるべく長持ちさせたい。

そんなときに、活躍するのがおりものシートです。

小林製薬の調査によると、女性の2人に1人がおりものシートを使っているとのこと。さらにその半数は、下着を汚さないために取り入れているそうです。

保育士のアイリさんも長年愛用しているうちのひとり。

パンツのなかでも1軍、2軍があって、白の紐パンを含めた1軍は手洗いして手厚くケア。おりものシートを使って、しみができないようにもしています。

だいたい新しく買ったのは1軍入りして、1軍のなかでの古株が2軍に落ちる。3軍もありますよ。3軍パンツは生理が軽い日に使ったり、洗濯をためすぎて履くものがなくなったときの予備(笑)

しみを防いでくれるのはもちろん、いつくるかわからない生理にも備えることができるおりものシート。

ただ、デリケートな肌に直接ふれるものだし、肌荒れやムレが心配...。そんな不安を抱える女子の味方になってくれるのが「サラサーティ」です。

20171002_sarasaty_8.jpg

サラサーティ コットン100(2枚重ねのめくれるシート) 」は高品質の天然コットンを100%使用したおりものシート。1枚で2回分使えるのが便利です。

かぶれにくく、はがすだけで新しいシートに替えることができるので、長時間のフライトでせわしなく働くCAのアキさんのような人にも、うってつけです。

バイヤーのミナさんのようなTバック派女子にうれしいのが「Sara・li・e(Tバックショーツ用)」。

いままでミナさんは、お風呂に入るついでにクロッチ部分を手洗いしたあと、洗濯機で洗濯していたのだそう。おりものシートがあれば手洗いの手間も省けそうです。

Sara・li・e(サラリエ)」 は、吸水性も通気性も抜群で、サラサラ感が長続きします。自分だけにしか分からないほどのほのかな香りが人気。

いつも元気いっぱいな子どもたちに囲まれているアイリさんのような人にとっても、おりものシートの交換タイムがちょっとした安らぎの時間になるかも...。

ライフスタイルもパーソナリティも、十人十色な東京女子。

お気に入りのパンツを選ぶように、おりものシートも自分に合ったものを選べたら、身も心も気持ちよくいられそう。

自分らしくいるために、見えないところにこそ気遣いを

20171002_sarasaty_9.jpg

また、3人に共通していたのは、とくにお気に入りのパンツは手洗いで手厚くケアしている点。パンツの手洗いに重宝するのが、下着専用の洗剤「サラサーティ ランジェリー用洗剤」です。

サラサーティの洗剤は、つけおきタイプだから洗浄ダメージがかかりません。20分つけおくだけで時間が経った経血やおりものの汚れもしっかり落としてくれる優れもの。

多くの女性が持つ、パンツをきれいに保ちたいという気持ち。

たかがパンツ、されどパンツ。女子のパンツ事情を探ってみたら、想像以上にパンツって女子にとって大きな存在なのだと気づきました。

見えない部分だからこそ、自分のテンションが上がるものを身につけたり、気持ちよくいられる工夫をすることが大切です。

20171002_sarasaty_7.jpg

サラサーティ

sponsored by 小林製薬株式会社

イラスト/ニシクボサユリ 撮影(商品)/中山実華 写真1枚目/Shutterstock 文/諌山ゆりこ