1. Home
  2. Author
  3. フレシュラスともみ

フレシュラスともみ

フレシュラスともみ

日本のファッション業界で広報として、長年アジア地区を担当。カリフォルニアに移住後は、フリーランスでライター、パーソナルスタイリストをしています。妻であり、母であり、それでもまだ自由人さが抜けない、30代後半大人女子。

自宅にスタイリストがやってくる。サンフランシスコ女子のファッションはアプリ任せ

オンラインパーティに誘うサンフランシスコ女子 #賛否両論

「私はすごくゲイだし」クリステン・スチュワートがサンフランシスコ女子に人気

30歳の遅咲きのグローバル女子。整形しないで等身大の自分をさらけ出す

ガーリーじゃないギンガムチェックにときめいた

お葬式にも結婚式にも欠かせない、サンフランシスコ女子のサングラス事情

サンフランシスコ女子。結婚式の準備は、すべてオンラインで済ませる

レギンスを履いていたら搭乗拒否。サンフランシスコ女子の服装は「不適切」?

「ヴィクトリア・ベッカム」のブラウスが3,000円代。少し身近になった。プラスサイズも初登場

サラダはドレッシング抜き。加工食品は食べない。サンフランシスコ女子は「食」へのこだわりがあるのが当たり前

30歳で学生、も当たり前。サンフランシスコ女子は30代からキャリアを磨く

朝7時出社→ランチ30分→15時半には帰宅。とにかく家に帰りたいサンフランシスコ女子

「パーソナルスタイリストがいるのと同じ」忙しいサンフランシスコ女子の味方は、ファッションアプリ

ランチも仕事後も。サンフランシスコ女子がワークアウト漬けな理由

パーティで芸能人にも負けないくらいに輝く香港女子。努力して、成功して、富を得た。その事実が何よりのアクセサリー

服は新品がいい。でも、家具はアンティークマーケットで見つける。サンフランシスコ女子のインテリア事情

「食べたいものを食べて、ストレスフリーでいることが好き」健康志向なサンフランシスコでハンバーガーにかぶりつく女子の意見

「この街で、私のことを考えてくれる人は何人いるのだろうか」香港でも東京でもロンリー感じてる

ウルトラリッチなアジア女子の意見「超リッチな中国のお嬢さん、とバカにする人たちがいるけど、お金があることが悪いことなの?」

オンラインで集まって瞑想する。マインドフリーを目指し始めたサンフランシスコ女子

スタバのギフトカードや旅行の予約。バレンタインはテックフレンドリーにギフトを贈る

スマホないと不安? サンフランシスコ女子はスマホ禁止パーティで盛り上がる #devicefreedinner

出勤して瞑想。ランチして瞑想。サンフランシスコ女子、瞑想にはまる

サンフランシスコ女子のSNS休業宣言。「用事があったら電話して! 声聞いてちゃんと話そうよ」

アメリカ女性はなぜこんなにもミシェル・オバマが好きなのか?

ノーメイクで参加のアリシア「女性であることの美しさに誇りを持ち続けて」 #WomansMarch

アメリカでは年齢差別が少ないって本当? 30代でティーンの売場の面接を受けてみた

高価格で真似できない。なのにセレブのライフスタイルサイトが人気なワケ

買う→返品→買うのループ。アメリカのショッピングってお気楽だね

ミネラルパウダーにチークをのせて、マスカラはサイドだけ。サンフランシスコのメイク事情

出社は週3。カフェやプールサイドで仕事。サンフランシスコ女子は働く場所を自由に選ぶ

パーティは早朝。16時退社。サンフランシスコ女子の働き方を真似してみたい

解消法ある? アメリカ人が感じてるクリスマスのストレス

ギフトはアプリから簡単に買う。サンフランシスコ女子のショッピング効率真似したい

パーティの準備忙しい。でもそんなクリスマスが好き。サンフラシスコ女子