1. Home
  2. Cosmetics
  3. ヘア・メイク
  4. イガリシノブさんのピンクメイク。大人っぽく仕上げるコツって?

イガリシノブさんのピンクメイク。大人っぽく仕上げるコツって?

1,027

20190205_igari1

大人になるにつれて、冒険することが怖くなった。

アイメイクもそう。華やかなカラーのメイクに惹かれつつも、いつも無難なブラウン系のコスメを選んでしまう…。

でも、今年の春はちょっと冒険してみようかな! そう思わせてくれたのは、ヘア & メイクアップアーティストのイガリシノブさんのピンクメイク

主役はアイメイク。魅力を引き立てるお茶目なアイテムがずらり

20190205_igari2-1

イガリさんがクリエイティヴディレクターを務める、コスメブランドWHOMEE(フーミー)」の第3弾のテーマは「eye eye 愛 EYE eye - my- me」

一重まぶたには一重の、二重まぶたには二重の美しさがあるように、目もとにはひとりひとりの魅力がある。

それにも関わらず目もとにコンプレックスを持っている女子、浮かないようにブラウン系のアイシャドウを選んでしまっている女子は多い──。

そんな現状を変えるべく、イガリさんは第3弾の主役をアイメイクに!

目もとの印象に変化をもたらしてくれるアイシャドウパレットを中心に、お茶目な色味のアイテムをそろえたのだそう。

オフィスでもOK。大人っぽいピンクメイクのコツって?

20190205_igari4

冒険するのが怖くなっている女子たちに、イガリさんがまず挑戦してほしいと話すのがピンクメイク

「でもピンクメイクって子どもっぽくならない?」「オフィスで浮いちゃうんじゃない?」

そんな声に応えて、今回はイガリさんに大人っぽいピンクメイクのコツを教えてもらいました。

上まぶたに色を仕込んで、深みのある目もとに

20190205_igari5

まずイガリさんが教えてくれたのは、ピンクをのせる前に上まぶたにベースの色を仕込むこと。

クレヨン素材のシャドウを黒目の上あたりにグリグリとのせ、アイホール全体に指で伸ばしていくイガリさん。

このワンステップを加えるだけで、印象的な目もとに仕上がるほか、そのあとにのせるパウダーシャドウがしっかり張り付いてくれるのだそう。

今回、イガリさんが使用したのは新商品の「フーミー クリーミーアイシャドウペンシル」のディープグレー。

グレーを仕込めば、まぶたの色味がおさえられ立体感が出現。赤みのあるブラウンなら目もとに深みを出してくれるみたい。

上まぶたと下まぶたでさりげなく色味をチェンジ

20190205_igari3-1

下段真ん中がサンセットピンク

ベースの色を仕込み終えたら、パウダーシャドウを重ねていきます。

今回は「フーミー アイシャドウパレット」のサンセットピンクを使用。

左下のオレンジブラウンを指でとりアイホール全体にポンポンとつけたあと、右下のイエローブラウンを幅広いブラシにとり下まぶたにチョンチョン付け。

最後にピンクカラーをブラシにとって上まぶたにしっかり重ねたあと、下まぶたにも同色をチョンチョン。

色を重ねることで、ブラウンカラーのような奥行きとピンクカラーの存在感を両立できるのだそう。

上まぶたと下まぶたでさりげなく色を変えて、絶妙なニュアンスを出すのも重要なポイント。洗練された印象に仕上がります。

リップはマット、チークは肌馴染み重視。マスカラで引き算を

20190205_whomee1

ピンクメイクを大人っぽく仕上げるには、ほかのパーツでバランスを取ることが重要だと話すイガリさん。

リップはマットに色づくものを、チークは肌馴染みのいいものをチョイス。腫れぼったい印象にならないように色味やテクスチャーでバランスを取っていきます。

さらにマスカラもピンクメイクでは注意が必要! 黒のマスカラをがっつりつけるとピンクメイクの邪魔をしちゃうので、重たい印象にせず仕上げるのがポイントなのだそう。

ノーマスカラやクリアマスカラで仕上げるのもありだけど、イガリさんは新商品の「フーミー クリアマスカラ」を使用。

フーミー クリアマスカラは、黒の繊維が入ったクリアマスカラ。存在感と軽やかさを両立し、ピンクメイクが映える目もとに仕上げてくれます。

20190205_igari6

イガリさんが教えてくれた、大人のピンクメイク。目もとだけじゃなくて、ほかのパーツとのバランスも重要だったとは目からウロコでした!

今年はいつもの無難な自分にさよなら。垢抜けたピンクメイクで春を満喫したいな。

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    2. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    5. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    6. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    9. 足裏の角質分布でわかる! 歩きグセ別フットケア方法

    10. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    1. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    2. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    5. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    6. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    7. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    8. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    9. 思わず触れたくなる二の腕。夏前にやっておきたい肌ケア

    10. 足裏の角質分布でわかる! 歩きグセ別フットケア方法

    1. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    2. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    3. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    4. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    8. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    イガリシノブさんのピンクメイク。大人っぽく仕上げるコツって?

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More