1. Home
  2. Trend
  3. 女子が購入しやすいコンドーム。もうコソコソしない

女子が購入しやすいコンドーム。もうコソコソしない

3,101

_DSC8677-2_manabe

日本では、女性がセックスや生理について話すことはタブーかのような風潮がある。

仲のいい女友だちでも積極的に話す話題ではない。

それはお隣の韓国でも一緒のようだ。

10代の性教育が遅れている韓国

先日おこなわれたネットワーキングイベント「MASHING UP(マッシングアップ)」に、EVEの創立者Gina Park(ジーナ・パーク)さんが登壇し、韓国の性教育事情を教えてくれました。


「韓国では、10代の性教育が遅れていて40%程度しか避妊具を使っていないとのデータがあります。

女性がコンビニやドラッグストアでコンドームを買うと、店員やそれを見ていた周りの大人たちは彼女たちを変な目で見るんです」


本来、この行動は自分自身を守る適切な行動であるはず。

それなのになぜ変な目で見られ、「安っぽい女」「性に積極的な女」と思われなくてはいけないのだろう。

コンドームはセクシャルなヘルスケア商品

そんな世のなかを変えたいという一心で立ち上げた会社、EVE。

代表的な商品は、社名も入っているEVE Condomだ。

eve condom

EVE Condomは、超薄型・リアル003・ドットの3種類

「従来のコンドームは、男性をターゲットとした商品デザインや広告になっていて、女性が手に取りにくいようなものがあります。

私たちはコンドームをセクシャルなヘルスケアと位置付け、若い女性でも手に取りやすく、使いやすい商品開発をしてきました」


ジーナさんがそう語るように、実際の商品のパッケージデザインはかわいくておしゃれ。

個包装もビビッドな色合い。これは欲しい!


「オンラインサイトで購入できます。従来のコンドーム購入者は8、9割が男性であるのに対して、こちらは大半が女性を占めています」

生理を快適にするカップとパンティの正体

29_1F_2_ginapark_sake-11

EVEは3つの信念を掲げて活動をしているのだそう。

ヘルシー:もっとも繊細な場所に接触するため、体に有害な物質を使わないようにする

ナチュラル:化学物質を使用しない。動物実験もしない

イコール:性別や年齢にかかわらず、誰もが安全に愛する権利があると信じている

「この3つを軸にセックスに向き合ったあと、生理についても考えるようになりました。多くの人が使っているナプキンは、吸収剤(化学製法)を使って経血を閉じ込めるもので、しかも使い捨て商品。

生理中の気になるニオイは、経血そのものではなく吸収剤が経血を吸収することで放つ悪臭なんです」

eve cup

生理カップのEVE. CUP。サイズは3種類

ジーナさんはそれぞれの女性が自分の好きな生理用品を検討・購入できるように選択肢は多いほうがいいと考えています。

そこでEVEが開発したのが、生理用カップと生理用パンティ。

生理用カップは、タンポンのように膣のなかに入れてカップ内に経血を貯めるもの

タンポンと違い、吸収剤に経血が触れないから悪臭を放つこともないし、なにより生まれて初めて自分の経血の色を見ることができるのだそう…!


「うぇっ…と思う人もいれば、本当の色に愛着を持つ人もいます。3サイズ展開しているので、膣のサイズに合わせて選んでください。

生理カップは一見、大きいように見えますが、実際の膣の大きさはゲンコツひとつ分

自身の膣サイズを知っていれば、『これは入るサイズだ』とわかるのです」

p panty

「P PANTY」という名の生理用パンティ

生理カップも興味深いですが、さらに画期的だなと思ったのが生理用パンティ

こちらは、ナプキンをつけずにパンティ1枚で過ごすことができる優れもの。

立ったり座ったりするときのドッと流れ出る経血を心配する必要がなく、生理からの解放を予感させます。

アメリカではさまざまなムーヴメント生理用品がありますが、アジアでは選択肢も少ないし、それについて話すことにタブーを感じているのが現状。

もっと安全なセックスについて関心を持ち、快適な生理を送るべきなのです。

タブーなどないと、まずは女性自身が声を上げなくては

03

最後にジーナさんは、今後、女性が偏見の目を持たれないようにするため、そして安全なセックスや生理についてオープンに生きていくために大事なことを教えてくれました。


女性同士が集まってセックスや生理について話し合っていく場を設けることが重要です。

個々で意識を高め、女性同士の連帯を少しずつ広げていくと、今度はもっと大きな世論へと繋がっていくと思います」


生きていく上で切り離せないテーマに対して、後ろめたい気持ちになるのではなく、積極的に周りと話し合っていくことが大切なんだと気づかせてくれました。

撮影(1枚目)/間部百合 撮影(3枚目)/酒 航太 撮影(6枚目)/中山実華 撮影(2、4、5枚目)/グリッティ編集部

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. スニーカーを洗う頻度は? #女子のホンネ

    3. 肩や背中のコリを改善。腕ぐ〜るぐる体操が痛気持ちい〜!

    4. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 「すぐ色落ちしちゃう...」を改善。髪染めた後の2週間専用シャンプーが登場

    7. 肌の色が指標に。あなたに似合うリップカラーはどれ?

    8. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    9. 経験人数、ぶっちゃけ何人? #女子のホンネ

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. 「だからモテないんだよ〜」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    2. 経験人数、ぶっちゃけ何人? #女子のホンネ

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. やっぱり正月太りした...。減量するために必要なことは夜のアレ

    5. 肌の色が指標に。あなたに似合うリップカラーはどれ?

    6. ホームで泣き暮れる彼女。僕はどうすることもできなかった #終電と私

    7. ラコステのポロシャツがスニーカーに!? こりゃかわいいぜ

    8. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    9. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    10. 美しすぎ...。ルナソルの本気ベージュパレットが絶対欲しい

    1. 「太った?」って聞かれたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    2. 「だからモテないんだよ〜」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    3. 聖夜の企み。ゲイの男友だちとカモフラージュデートを決行した

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. やっぱり正月太りした...。減量するために必要なことは夜のアレ

    6. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. いままで付き合った人数は? #女子のホンネ

    9. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    10. 機内に持ち込むといいもの7選。これで移動も快適

    女子が購入しやすいコンドーム。もうコソコソしない

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More