1. Home
  2. Trend
  3. 結婚が窮屈に感じた。どこか遠くへ行きたい #今夜もお酒を飲みながら

結婚が窮屈に感じた。どこか遠くへ行きたい #今夜もお酒を飲みながら

今夜もお酒を飲みながら

ふらっと入った酒場。そこにはひとりの女性がいた。

飲み干したら、慣れた感じで次の酒を頼む彼女。

アルコールを体に補充しながら、何を考え、迷い、想っているのだろう。

ひとり飲みをしている彼女らの脳内にちょっとお邪魔してみましょう…。

成田空港、20:23。

生ビールを飲みながら、私は「人生」について考えていた。

01

写真/gettyimages

結婚してもうすぐ1年が経つ。

他人から見たらきっと何ら代わり映えのない平凡な日々だけれど、それが何よりしあわせだ、と思っている。

「いってらっしゃい」と「おかえりなさい」を毎日言える相手がいるって、奇跡だ。

料理を作っている最中に仕事から帰ってきた夫が「これ、好きだったよね」と、私が大好きなハーゲンダッツのストロベリー味をふたり分ぶら下げてにこにことリビングで微笑む。

夜は、一緒に毛布にくるまって他愛もない話をしながら眠る。

そんな些細な一瞬一瞬を繰り返し、積み重ねてゆけることの尊さ。目が覚める度に隣ですやすや眠る夫を見ると、じいんと胸がいっぱいになる。

けれど、ときどきどうしようもない衝動に駆られる。

たとえば、ガシャガシャと洗い物をしている最中。スーパーで食材を購入し、ビニール袋をしゃらしゃら揺らしながら帰宅しているとき。思わず、ふっと天を仰ぎ見てしまう。

どこか、遠くへゆきたい

狂おしいほどに、そう思う瞬間が訪れるのだ。

思えば、大学生のときは唐突に夜行バスのチケットをとって、目的もなしに遠くの村まで出かけた。トラックの荷台に乗せてもらって見た山肌の景色は、写真で見るよりも壮大で、知らなかった、知り得なかった世界だった。

結婚してからは、どうだろう。

夫と私、ふたり今いる場所だけが世界のすべてのような気がして、たまにぞくりとすることがある。

何不自由なく、満ち足りた日々のはずなのに。

***

カレンダーを見る。明日は、夫が出張に出かける日だ。

ごくりと唾を飲む。どこか、ひとりで遠くに行ってしまおうか

そうだ、成田空港がいい。ものの10秒で決意した。

海外旅行が趣味の友人が、空港のラウンジで飲むビールの美味しさを懇懇と語っており、それ以来ずっとその存在が残っていたのだ。

決行の日は、絶対に、明日。ぐっとこぶしを握りしめる。リビングにいる夫が、こちらを見て不思議そうに首を傾けていた。

02

写真/gettyimages

当日は、ものすごくドキドキした。久しぶりの遠出である。

18:00。

決して遅くはない時間なのに、夜の闇がいつもより深く感じる。

いくつか電車を乗り継ぐと、予想していたよりもすぐに成田空港に到着した。

20:00。

最終便はおおかた終わっており、空港内の人はまばらだ。

海外客がかたまって歩いている。電光掲示板には無数の国名がずらりと並ぶ。なんだか自分ひとりだけ、異国に紛れ込んでしまったみたいだ。

兎にも角にも、飛行機を見よう。展望デッキに出る。冷たい風が、ぶわあと私を包む。地を震わせる轟音。赤や緑の、まばゆいばかりの光。

フェンス越しに、飛行機の離着陸を眺めていたら、ひととき、すべてを忘れた。すべて忘れて、自分まで飛んでゆける気がした。全部抱きしめて、どこまでだって飛べる。そう思った。

***

03

写真/gettyimages

人生は、まだまだ長い。

正確に言えば、長いようで短く、あっという間なのかもしれない。これから何が起こるのかは、誰にも予想がつかない。

けれど、私の隣には、大切な人が寄り添ってくれている。なぜだか無性にひとりになりたいときは、こうやって遠くにだって来れる。

だから、大丈夫だ。私は、無敵。

明日、夫が帰ってきたら、今日のことを話そう。どんな顔をするのだろうか。「何でそんな突拍子もないことを」と笑うだろうか、驚いてきょとんとするだろうか。

次は、夫とこの場所に来よう。ふたりで、この景色を見よう。生ビールを、ぐいっと飲み干す。喉がキリリと潤う。

飛行機の滑走路が、まだ見ぬ未来への架け橋のように、きらきらと瞬いていた。

>>連載「今夜もお酒を飲みながら」を読む

ふつかよいのタカハシ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. えっ、そこにアイライン引いちゃう!? 次世代のイット・ガールのメイクが遊び心にあふれてる

    2. 「女として終わってるよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    3. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    4. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    5. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    6. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. これはすごい! タンポンについた経血で病気を診断できる未来がやってくるかも...

    9. マッチングアプリから恋愛に発展したことある? #女子のホンネ

    10. 女子の8割が持つデリケートゾーンの悩み。手のひらサイズのアレが解消してくれるかも

    1. えっ、そこにアイライン引いちゃう!? 次世代のイット・ガールのメイクが遊び心にあふれてる

    2. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    3. 「女として終わってるよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    4. 女子の8割が持つデリケートゾーンの悩み。手のひらサイズのアレが解消してくれるかも

    5. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    6. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    7. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. マッチングアプリから恋愛に発展したことある? #女子のホンネ

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 「最近の若者は...」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    3. えっ、そこにアイライン引いちゃう!? 次世代のイット・ガールのメイクが遊び心にあふれてる

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. 「私たち付き合ってるの?」な状態。経験ある? #女子のホンネ

    6. 懐かしみがすごい! 平成の女子高生ファッションを振り返ってみた

    7. ホワイトデーのお返し問題。迷惑だったもの1位は、まさかのアレ...!

    8. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    9. 「不思議ちゃんだよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    10. 「女として終わってるよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    結婚が窮屈に感じた。どこか遠くへ行きたい #今夜もお酒を飲みながら

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More