1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. 女子のアソコにも気分がある!? ネガティヴな感情が及ぼす影響

女子のアソコにも気分がある!? ネガティヴな感情が及ぼす影響

1,557

女子の象徴であるヴァギナ。

じつはヴァギナにも"ムード"があって、怒ったり泣いたりするというショッキングな事実を発見しました!

知ってた? 女子のアソコは心の状態と連動している

20181105_vagina01

写真/Shutterstock

気分がイライラしたり、不安定になったりすると、その影響がヴァギナにも伝わってしまうと語るのは、アメリカにあるCalm Clinicの精神科医、Micah Abraham(ミカ・アブラム)先生

心で感じるネガティヴな感情が女性ホルモンを刺激してしまうことで、ヴァギナにさまざまな負の症状が現れてしまうのだそう。

「必要以上に物事を悲観して不安視してしまうと、ホルモンのバランスがくずれ、免疫力が落ちてしまう」

とミカ先生は語ります。

また、ストレスレベルがMAXになると、ヴァギナから分泌されるおりものの量が増えたり、ヴァギナ周りの筋肉に痙攣や痛みを感じたりすることも。

「おりものの量がなんだかおかしい」と思ったら要注意。知らないうちに心がストレスで悲鳴を上げているのかも…。

SATCのシャーロットも経験者。うつが引き起こす「悲しいヴァギナ」

20181105_vagina02

写真/Shutterstock

さらに、深刻なうつ状態が長く続くと、「Vulvodynia(ヴルヴォディニァ)」と呼ばれる症状が引き起こされてしまうことも確認済みとのこと。

ヴルヴォディニァが引き起こされると、ヴァギナのなかがジンジンしたり、熱っぽくなったりと、気持ちの悪い状態が長期間続いてしまうとのこと。

ドラマ『Sex and the City』のなかでも、シャーロットが「sad vagina(悲しいヴァギナ)」と形容したことで話題を呼んでいました。

これはなんとしても避けたい!

ヴァギナはまさに自分そのもの。ずっと気持ちが沈んだままでいると、ヴァギナまで元気をなくしてしまう…。

なんだかヴァギナが愛しく思えてきます。

長引くうつの悪影響はセックスライフにも…

20181105_vagina03

写真/Shutterstock

さらに、フェミニストライターで『Vagina: A New Biography』の著者でもあるNaomi Wolf(ナオミ・ウォルフ)先生は、

「長くうつ状態が続くと、女子の性欲が減退してしまう」

と主張。

気分がずっと落ちたままだと「セックスしたい」という願望が薄れていき、オーガズムを感じる頻度も極端に下がってしまうのだそう。

ヴァギナのイライラや不安が、彼とのセックスライフにもネガティヴな影響を及ぼしてしまう…。これはもはや楽観視していられません!

ヴァギナのためにも、ポジティヴな気持ちで過ごしたい

ヴァギナって想像以上にとてもセンシティヴ。心の状態がそのままヴァギナに影響してしてしまいます。

いつでもハッピーなヴァギナでいられるように、ポジティヴな気持ちで毎日を過ごすことを心がけたい。

▼Sponsored

「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

生理前のイライラ…。じつは軽減する方法があった

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. 「セクシーな下着を着ていたせい」なんてありえない! 理不尽なレイプ裁判に女性たちが団結

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    9. 高学歴・高収入・高身長。あなたが男性に求めるものは? #女子のホンネ

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. ありそうでなかった広告画像。スリムとプラスサイズのモデルが同じドレスを着たら...

    5. タンポンを開発したのは男性だった! 意外と知らない生理のトリビア

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. 終電を逃すと厄介だ。でもぼくは「帰る場所」を手に入れた #終電と私

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. ギクッ! 女子のちょっとお下品な生態がイラストになった

    4. 下着の捨てかた、どうしてる? #女子のホンネ

    5. 体、毎日洗ってる? #女子のホンネ

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    10. 目標はキム・カーダシアン。ぷりっとお尻をつくる整形が人気