1. Home
  2. Trend
  3. SNS
  4. デブ、不細工、下品…。ガールズグループが容姿への中傷に反撃!

デブ、不細工、下品…。ガールズグループが容姿への中傷に反撃!

6,323

20181126_littlemix

写真/gettyimages

イギリスのガールズグループであるLittle Mix(リトル・ミックス)が、11月に発表した新曲『Strip』

近年のポップアイドルのイメージをくつがえすかのように、「太っててブサイクな私がセクシー」と堂々と歌い上げています。

ガールズグループが容姿への中傷をはねのける

One Directionなどを輩出したオーディション番組『The X Factor(エックス・ファクター)』出身のLittle Mix。

デビュー直後から「デブ」「不細工」「下品」といった、容姿への意地悪な言葉がたくさん寄せられていたのだそう。

そんななかリリースした今回の曲のテーマは、「Body Positivity(ボディ・ポジティヴィティ)」

これまでのセクシー & ゴージャスなイメージから一転、メンバー4人はスポーツブラ × ショートパンツに完全ノーメイク姿

ミュージックビデオも白黒で、4人がただ踊って歌うだけのシンプルなものです。

「ちょっと重い身体をゆさゆさ揺らすの、これがいいのよ」

アップテンポなビートに合わせて、

Jiggle all this weight, yeah you know I love all of this

(ちょっと重い身体をゆさゆさ揺らすの、これがいいのよ)

Finally love me naked

(やっとそのままの私を愛せるようになったわ)

Sexiest when I'm confident

(自信がみなぎっているときが本当にセクシー)

と歌い上げます。

一般公募で募ったファンも参加して、下着姿になって踊っちゃうシーンも。みんな、なんだかすごく楽しそう。

曲の最後には、4人がヌード姿で登場。

身体のあちこちには、いままで受けた「ugly(ブサイク)」「slutty(あばずれ)」「fat(デブ)」といったネガティヴな言葉が描かれています。

なかには「cellulite(セルライト)」といった言葉まで! インパクトがスゴイ。

誰だって本当はありのままの自分を好きになりたい

自身のボディイメージと向き合い、「他人からどんな批判を受けたって、ありのままの自分がいちばん素敵」と訴えるメンバーたち。

その姿に多くの女子がインスパイアされ、「#StripWithLittleMix」のタグとともに、SNS上ではポジティヴな声が広がっています。

小さくて痩せっぽっちって理由でイジメられていたの。(『Strip』を聞いて)サイズなんて関係ない。自分の身体のままでいいんだって自信が湧いてきたわ。

(Twitterより翻訳引用)

自分のことを愛してあげるべきよね。

(Twitterより翻訳引用)

ポジティヴな影響を受けているのは、女子だけではありません。

自分の体重やセクシュアリティのことでずっと不安だった。体重のことでまだ辛い思いをすることはあるけれど、自分が美しいってことに気がついたよ。ゲイである自分が大好き! それはこれからも変わらない。

(Twitterより翻訳引用)

リアルな姿をさらけ出すのはやっぱり怖い。だけど、本当は誰だってありのままの自分を好きになりたいと思っているはずです。

かわいいだけじゃない。アイドルが体当たりで挑むボディメッセージ

ポップカルチャーを率先するアイドルが、ボディイメージについて体当たりでメッセージを伝えるのって、すごくクール。身近な存在だからこそ、その説得力は絶大です。

「かわいい」「きれい」「スタイル抜群」はもういいよ。

これからはもっとリアルを伝えてくれるアイドルを日本でも見てみたい! と思います。

Disital Spy

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    5. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題