1. Home
  2. Cosmetics
  3. ヘア・メイク
  4. イガリシノブさんに学ぶメイクテク。古い自己流をアップデートしたい!

イガリシノブさんに学ぶメイクテク。古い自己流をアップデートしたい!

私の自己流メイク、気づいたら何年も変わってないかも…。

マンネリメイクで知らず知らずになっている古い顔。それでは、いくらファッションでトレンドを取り入れてもアンバランスです。

そこで、テクニックもアイテムも、プロの力を借りて正しくアップデートすることが必須になってきます。

おしゃれ顔の達人、イガリシノブさんに学ぶ成功メイク

20181113_igari01

先日放送された毎日放送『情熱大陸』で話題を呼んだ、ヘアメイクアップ・アーティストのイガリシノブさん

彼女は、似合わせのテクニックやユニークな発想で「おしゃれ顔」を作る達人で、国内のみならずアジアでもブームを巻き起こし、多くの女優やモデルから支持されています。

そのイガリさんが「失敗談こそ、いちばんの教科書である」と失敗に笑いとツッコミを入れながら、もっともっとかわいさを持続するための正解メイクを指南してくれるのが裏イガリメイク、はいどうぞ』(宝島社)

流行の眉や旬カラーをなんとなく取り入れてはみるものの、自己流メイクを正しくアップデートできているかな…という女子の不安や悩みに、正解をくれる内容です。

思わず「あ、これやっちゃってるな」と思い当たるところを見つけてヒヤッとしてしまうかも。

チークを入れるときは丸じゃなく、線を意識する

“可愛い”を目指すのではなく、“凛とした美しさ”に照準を合わせることです。(中略)テクニックでいえば、“脱◯”なメイクを意識してみて。

(『裏イガリメイク、はいどうぞ』P. 31より引用)


たとえば、正しく更新したい一例が、チークの入れかた。

頬に丸くいれたチークは若々しくフレッシュでかわいい! でも、大人女子がそのまま取り入れるには幼すぎるのだそう。

そこで、イガリさんが提案する大人のメイクは、丸ではなく線を意識したメイク

色選びも重要で、ピンクなら白浮きする明るいものよりくすんだ色が大人の肌にマッチします。

赤は気になる部分もカモフラージュしてくれる

赤をひとさしするだけで、メイク感のある可愛い顔に変身。大人の肌をきれいに見せるのも赤リップの凄いところ。

(『裏イガリメイク、はいどうぞ』P. 71より引用)

イガリさんによれば、一気に旬顔にしてくれるカラーは、なんといっても赤とのこと。

でも、高揚したような赤、洗練された女性にしてくれるシックな赤…など、「赤」といってもトーンはさまざまで、自分にぴったりの赤を探すのは難しい。

そこで、本書では8タイプの赤をその効果や塗りかたのアドバイスとともに、商品の詳細入りで紹介してくれています。これで一目瞭然。

ちょっと敷居が高いように思っていたけど、赤は気になる部分もカモフラージュしてくれると聞いて、トライする勇気が湧いてきます。

ネガティヴをポジティヴに変えてくれるメイクテク

失敗談をテーマにしつつも、明るい気持ちで前に進んでいこう! というメッセージに力づけられる本書。

イガリさんのポジティヴなパワーを感じました。

いまの自分をちゃんと知ること、メイクも定期的に正しくアップデートすることの大切さを頭にしっかりメモ。

「くすみ」も色として捉えるイガリさんのポジティヴなアイデアなら、楽しく自分と向き合うメイクができそうです。

裏イガリメイク、はいどうぞ

著者:イガリシノブ

発行:宝島社

定価:1,400円(税別)

PR TIMES

▼Sponsored

中村アンのヘルシーボディの秘密は、おやつに○○○を食べることだった

恋愛タイプ診断。本当のあなたはどんな人?

とろ〜りぱしゃっ。スキンケアが楽しくなるコスメ見つけた

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    5. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    6. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    7. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    10. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    5. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    9. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    10. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 「女として終わってるよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    3. えっ、そこにアイライン引いちゃう!? 次世代のイット・ガールのメイクが遊び心にあふれてる

    4. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    5. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    イガリシノブさんに学ぶメイクテク。古い自己流をアップデートしたい!

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More