1. Home
  2. Trend
  3. 気になっちゃうよね。元彼のSNSを見たくなったときの対処法

気になっちゃうよね。元彼のSNSを見たくなったときの対処法

20181108_smartphone

写真/gettyimages

以前、グリッティで反響を呼んだのが、「元彼のSNSをチェックするのがやめられない」という恋愛相談

多くの人が共感するトピックだったようです。

たしかに、別れたあとの相手の動向ってすごく気になる。

「すでに新しい恋人できていたら…」とか「自分との別れをすっかり乗り越えて、ひとり身を謳歌していたら…」とか、すでに別れた人とはいえ、怖いもの見たさでチェックしてしまいます。

でも、前へ進むためには、元彼のSNSなんて見ないほうがいいことなんて分かってる。

そんなときの対処法が、「ライフハッカー(日本版)」で紹介されていました。

元彼のSNSと距離をおくためには、友だちの力を借りちゃえ

20181108_smartphone01

写真/gettyimages

その意外な対処法とは、自分のスマホを友だちに渡して、元彼のSNSの内容を口頭で教えてもらうこと、なのだそう。

別れた本人が元彼のSNSを見ると、どうしても相手を美化したり、ことを大きく捉えてしまいがち。

だけど、友だちに緩衝材となってもらい、第三者から見た事実だけを伝えてもらうことで、現実世界と同じようにオンライン上でも元彼と距離をとることができるのです。

「また見ちゃった…」の自己嫌悪にさよなら

20181108_smartphone02

写真/gettyimages

これは一理あるかも!

たとえば、元彼がレストランで撮った料理の写真をポストしているのを見たら、「誰と行ったの?」とモヤモヤしてしまいそうだけど、友だちの口から「料理の写真が載ってるよ」と言われれば「そうなんだー」と素直に受け止められる気がします。

元彼の生活を、あくまでも冷静に、ときにはちょっと皮肉っぽく伝えてもらえれば、自然と笑い話に変わっていきそう。

元彼のSNSが気になる気持ちはすごーく分かる。

だけど、「また見ちゃった…」とたびたび自己嫌悪に陥るよりは、友だちの力を借りて距離をおくほうが懸命だと思うのです。

ライフハッカー(日本版)

▼Sponsored

素肌がきれいな人の共通点「頬ぷりライン」ってなに?

私ってこんな感じなんだ。自分の恋愛タイプを深層診断

知らなかった…! バナナの意外なビューティパワー

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    5. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    1. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    気になっちゃうよね。元彼のSNSを見たくなったときの対処法

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More