1. Home
  2. Cosmetics
  3. スキンケア
  4. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

Sponsored by 花王株式会社

20180905_sofina01

いつだって、目指しているのは「美肌」。

そこで、美肌に近づけるビューティスポットがあると聞いて、モデルの大口智恵美さんと行ってきました。

銀座のビューティスポットで、自分の肌をじっくり見つめ直す

20180905_sofina02

訪れたのは、銀座駅から徒歩1分の場所にあるSOFINA Beauty Power Station Personal Lesson Studio

ここでは、美容のプロであるパーソナル ビューティ エキスパートとともに自分の肌を見つめ直しながら、アドバイスをもらうことができるのです。

まさに美肌に近づくにはもってこいの場所。

とはいえ、「美肌」とひとことで言っても、本当に理想としている肌は人それぞれ

イマドキ女子たちはどんな肌を目指しているのでしょうか?

1位は「うるおった透明肌」。イマドキ女子が目指す肌

花王がおこなった独自の調査によれば、イマドキ女子がなりたい肌ベスト3は、次の通りになりました。

※2017年1-12月 対象:ビューティパワーレッスン受講者〈20代〉 n=163名

1位 みずみずしく透明感のある肌

2位 キメ細かな肌

3位 くすみのない明るい肌

なんと全体の52%の人が「透明感のある肌になりたい」と回答

でも、紫外線やエアコンなどによる乾燥によりカサつきやすく、肌がくすんでしまうことも…。

忙しいイマドキ女子が透明感のある肌に近づくためにはどうすればいいの?

透明感を出すためには〇〇が必要。カウンセリングから見えてきたこと

20180925_sofina01

adviser_icon-1

大口さんの肌状態は、同世代の方の平均よりとても良いですね。とくにハリが素晴らしいです。

oguchi_chiemi_icon

うれしい! 25歳を超えたあたりから、肌のケアはとくに紫外線対策に気をつけていました。生活面ではお酒を飲み過ぎないように心がけたり、たっぷり睡眠をとるようにしたのが良かったのかも。

adviser_icon-1

生活習慣や食生活は美肌作りにも貢献してくれるので、そこを意識されていたことは素晴らしいです。ただ、キメが乱れがちで乾燥しやすい傾向があるようですね。

自分の肌の強みと弱みのアドバイスを受けて、驚きを隠せない大口さん。

20180905_sofina06

また、普段のスキンケアについてもくわしいヒアリングを重ねていきます。

adviser_icon-1

普段はどのようなスキンケアをしていますか?

oguchi_chiemi_icon

スキンケアは時間をかけて何度も化粧水を重ねづけしています。というのも、肌のうるおいが足りない気がするんです。秋冬はとくに念入りに化粧水をつけないと、うるおった気がしなくて…。

adviser_icon-1

みずみずしく透明感のある肌を保つにはしっかり保湿することが大事です。大口さんの場合は、よりうるおいを与えるために保湿ケアを取り入れてもいいかもしれませんね。

oguchi_chiemi_icon

やっぱり保湿が大切なんですね。

adviser_icon-1

また、毎日のお手入れの方法ひとつでうるおいを高めることができますよ。

毎日のスキンケアが大事。少しの心がけで透明感アップへ

20180905_sofina07

ということで、保湿効果を高めるスキンケア方法をレクチャーしてもらいました。

adviser_icon-1

化粧水を手にとったら、顔に手のひら全体を密着させ、やさしいタッチでなじませていきます。

oguchi_chiemi_icon

密着させながらつけていくんですね。初めて知りました。

adviser_icon-1

それから、目もとや小鼻、口もとのくぼみまで忘れずに。首は上から下へ滑らせて。最後に耳を上下にマッサージすると、血色も良くなるのでおすすめです。

oguchi_chiemi_icon

こんなに隅々までていねいにスキンケアしたのは初めて。目もとや口もとのくぼみという忘れがちなところまでケアしたり、首や耳までしっかりケアしたり…。そういう小さな心がけをするだけで、いつもより肌がうるおった気がします!

いくつになっても透明感のある肌を目指したい

20180905_sofina09

20180905_sofina08

今回、大口さんが受けたのは、約120分間の「ビューティパワーレッスン

花王の先端解析機器で肌状態を測定・解析し、データ結果に基づいたスキンケアアドバイスをもらえます。

ビューティパワーレッスンを終えた大口さんに、感想を聞いてみました。

oguchi_chiemi_icon

自分の肌のことは分かったつもりでいたけど、カウンセリングしてもらうことで、改めて肌の強みと弱みを理解することができました。 効率的に肌にうるおいを届けられるスキンケア方法が知れたのも収穫でしたね。スキンケアって毎日のことだから、やっぱり小さな積み重ねが大事だと思うんです。いくつになっても透明感のあるうるおった肌を目指したいな。

20180905_sofina10

恋に仕事に遊びにと、何かと忙しい毎日を送るアラサー女子。

だけど、忙しいからといって、自分が目指す「美肌」をあきらめてしまうのはもったいない。

たしかなデータに基づいてスキンケアを見直したら、一見ハードルの高そうな「透明感のある肌」にだって近づくことができるのです。

10%オフのクーポンをプレゼント。ひとりでも、友だちとでも

今回、グリッティ読者のために、通常3,000円(税抜)の「ビューティーパワーレッスン」(要予約)を10%引きで受けられるクーポンをプレゼント。受付にてご提示ください。

GLITTY_bunner_0927_A

SOFINA Beauty Power StationのInstagram公式アカウントもチェックしてみて。

SOFINA Beauty Power Station Personal Lesson Studio

ogushi_chiemi

大口智恵美(おおぐち・ちえみ)さん
1989年12月12日生まれ。奈良県出身。19歳の時に美容室のサロンモデルを始めたのをきっかけに『JJ』で専属ブロガーモデル1期生として活躍。JJ卒業後はフリーランスのビューティモデルとして活動の幅を広げる。

撮影/山辺恵美子 ヘアメイク/RYO(ROI) 取材・文/ 諫山由梨子

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    3. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    4. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    5. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    9. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    10. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    3. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    4. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    7. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    8. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    4. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    9. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    10. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方

    イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    FBからも最新情報をお届けします。