1. Home
  2. Trend
  3. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略

王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略

ニッチモテ戦略

1,589

「モテテク」

それは古生代より伝わる古の呪術。

白とベージュのふわ揺れフレア装束を身にまとい、「俺でもいけそう」という幻を見せ、おもてなしという名の供物を笑顔で奉納する、あれです。

モテテク? ムリムリ

20181015_papuriko04

いやー。無理じゃない? あれ実行するの。

少なくとも私は無理。

なにせ私はモラハラファザー × VERY妻マザー生まれの女子校育ち。生粋の男尊女卑アレルギー持ちで、好きな食べ物は分析とPDCAサイクル。

似合う色はパーソナルカラー「ウインター」の濃厚ブルベ系で、小花柄とか繊細なレースとかふわふわギャザーはまったく似合わない。ショッピング中は「ペイズリー柄が似合いますね!」「レオパードが似合いますね!」と言われ、「ピンク」といえばベビーピンクではなくフューシャピンクを思い浮かべる女。

モテテク要素ゼロ。いえーい。

こんな私がモテテクを実行しようとしたら、自分を大幅に偽らなければなりません。だから無理。

割り切るまではモテテク信者のひとりだった

20181015_papuriko01

こう言い切れる私も、大学生のころは「モテテク」信者のひとりでした。

中高生のころはずっと、両親が派手に離婚した精神ダメージが大きすぎて「恋愛コワイ!!!」と恋愛から全力退避していましたが、大学に入ってひとり暮らしを始めて両親から距離をとってから、ようやく精神が落ち着いてきました。

大学の友だちや高校時代の友人が彼氏ときゃっきゃ恋愛を楽しんでいる姿を見ているうちに、「私も恋愛したい!」「お付き合いしてみたい!」と思うように。

「そうだ、モテテクを勉強して恋愛しよう」。

女子校でぬくぬくと育っていた恋愛初心者の私は、「大学受験するなら塾」ぐらいの感覚で「恋愛するならモテテク」と飛びつきました。

「やってみたことないし、効果あるっていうし、とりあえず恋愛したいし」という好奇心もだいぶ強かったため、「モテテクで実験実験★とりあえずトライ★」ぐらいのゆるふわモチベーションで、モテテク本を読み漁りました。

情報インプット後は、モテテク実証の戦略立案です。

「いまより男性に声をかけられるようになろう」「告白されるようになろう」とゴールを定め、ファッションを入れ替え、話しかたを変え、仕草を変え、成功と失敗と改善点をノートに記録して、PDCAサイクルを回しました。いまとなんにも行動パターンが変わってないですね。我ながらびっくりです。

試行錯誤のすえ、半年後には対前年比1.5倍(当社比)の圧倒的モテ成果が出ました。

モテテクやってみたけど「合わねーな」

20181015_papuriko02

で、やってみた結果。「合わねーな」と結論が出ました。

まず、ゴールを達成しても満足度があまりありませんでした。

たしかに、前より声をかけられるようになったし、デートも告白も増えたけれど、それがうれしいかと言えば「悪くはないけど、別にハッピーになってもないよね???」というひじょーーーーにびみょーーーな満足感。

モテテクで釣れた男性は、だいたい付き合いたくないタイプ。

そのわりには、精神的コストが高くつきます

敬意をもって接してくれた人はもちろんいましたが、いばり散らしたい俺様タイプもいました。「お前」「バカだな」「女はすぐ結婚できるからいいよな」など言われれば、そりゃームカつく★イラつく★腹が立つ★。

「論理破綻してますけど大丈夫ですか?」「目の中に丸太があるようですが?」と言いたくなるのをぐっとこらえて笑顔でスルーしていたら、ストレスのあまり胃痛と肌荒れと炭水化物の過剰摂取がとまらなくなりました。

ゴールの達成感とコストを天秤にかけた結果、「モテテクはコストパフォーマンスが悪い」と結論づけ、半年ちょっとでやめました。

モテテクを捨てたあとはどうする?

20181015_papuriko03

私としては、実際にやってみて「自分には合わない」と気づけたことがいちばんの成果でした。

そうでないとずっと「モテテクやらないといけない?」「でもなーうーん合わなさそうだしなー」と「でもでもだって」モードに突入するか、あるいは「モテテクをやる女はださい」など根拠のないヘイトを募らせてしまっていたことでしょう。

「実験実験★失敗してもいいし★」みたいなテンションでさくっと始めて、さくっとやめて、本当によかったです。

ただ、「モテテクは合わない」と思ったあとも、やっぱり不安はありました。

「モテテクを使わないと、恋愛できないのでは?」「もっとがんばる?」とやめてからもずっとうだうだ考えていましたが、女子高時代の友人が「そのままのぱぷが好き!」と言ってくれたり、ちょうど運よく彼氏ができたりして、「うん、やっぱいらんな」「こっちのが楽だし楽しいな」と思えるように。

そこから私は、「王道モテテク」ではなく、「ニッチモテ」を目指すようになったのです。

この連載では、「ニッチモテ」戦略の立てかたを筆圧していこうと思います。

写真/Shutterstock 文/ぱぷりこ

▼Sponsored

肌の透明感には「保湿」が不可欠。プロに聞いた効果が高まるスキンケアって?

「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

生理前のイライラ…。じつは軽減する方法があった

ぱぷりこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    5. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 高学歴・高収入・高身長。あなたが男性に求めるものは? #女子のホンネ

    9. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    10. これはお洒落...なのか? バレンシアガのインスタがいろいろカオス

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. ありそうでなかった広告画像。スリムとプラスサイズのモデルが同じドレスを着たら...

    5. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. タンポンを開発したのは男性だった! 意外と知らない生理のトリビア

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. 終電を逃すと厄介だ。でもぼくは「帰る場所」を手に入れた #終電と私

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. ギクッ! 女子のちょっとお下品な生態がイラストになった

    4. 下着の捨てかた、どうしてる? #女子のホンネ

    5. 体、毎日洗ってる? #女子のホンネ

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    10. 目標はキム・カーダシアン。ぷりっとお尻をつくる整形が人気

    王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More