1. Home
  2. Cosmetics
  3. スキンケア
  4. 1位は同僚。カサカサ唇が気になる人を調査

1位は同僚。カサカサ唇が気になる人を調査

181009_lips-care

冬、唇の感想が気になる季節。縦じわができたり、皮がむけてきたり、もはやカピカピになっていたり…。

唇が荒れているというのはテンションが下がります。でも、テンションが下がるのは本人だけじゃないみたい。

その唇を見てる人からの印象もネガティヴなものになるようです。

唇が感想している女性は「疲れている」「幸薄そう」「みっともない」

資生堂が、20~30代の未婚有職男性500名を対象に乾燥シーズンを前に女性の「唇荒れの放置」について調査。

まずは、唇の感想を放置している女性の印象について。

sub5

「疲れていそう」がトップ。そんなふうに思ってくれるなんて、やさしい紳士が多いのか。

と、胸をなで下ろしている場合ではなく、次には「幸薄そう」「不潔」「みっともない」、そして「彼女にはしたくない」と…ガラスのハートがもうすぐ割れそう。

一方で、ぷるっぷるの唇の女性に対しては、以下の通り。

sub8

並んでいる言葉が明るい!

「かわいい」「色っぽい」「生活に余裕がありそう」など、先ほどとの違いは一目瞭然。

あぁ、こんなにも唇から見られていたんだと気づかされます。

唇が荒れている女性をよく見かけるのは「職場」

sub3

唇が乾燥している女性を見かける場所として1位にあがったのが「職場」。

具体的なシーンとしては、

「会議のときに発言している女性の口元を見たら、乾燥して荒れていた」(34歳)

「会社の先輩が、笑うと口の端っこがいつも切れていた」(37歳)

「職場の人だからリップくらいいいか〜」なんて放置しているのは危ないようです。

せめてリップクリーム、余裕があればルージュを引き直したいところ。

いつでもぷるっぷる唇になれるよう、常にリップクリームを持ち歩いておきたい。

PR TIMES, 資生堂

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    3. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    4. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    5. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    9. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    10. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    3. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    4. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    7. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    8. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    4. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    9. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    10. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方

    1位は同僚。カサカサ唇が気になる人を調査

    FBからも最新情報をお届けします。