1. Home
  2. Trend
  3. モヒートにストローが2本ついてくる理由は「氷」だった【GLITTY研究所】

モヒートにストローが2本ついてくる理由は「氷」だった【GLITTY研究所】

GLITTY研究所

glitty-labo

イラスト/Kohei Takemoto

日常のさまざまな瞬間に浮かび上がってくるふとした疑問。

思いついてもすぐ忘れてしまう。友だちと話していても解決しない。知りたくても誰に聞けばいいかわからない。

GLITTY研究所」では、そんな素朴すぎる疑問を解決していきます。 さて、今回の疑問は?

今回のお題:

181017glitty-labo

教えてくれる先生:

松木利裕さん

松木利裕(まつき・としひろ)さん

厨 七代目松五郎 店員
オフィシャルサイト
http://7matsugoro.com/

──こんにちは、ライターのameriです! よろしくお願いします。

「こんにちは。よろしくお願いします」


──今回のテーマは「モヒート」です。さっぱりした香りと味わいが魅力のモヒート。わたし大好きなんですよね。

「おいしいですよねー。夏場はとくに人気です」


──そのモヒートのことで、ずっと疑問に思っていることがひとつありまして…。モヒートについているストローのことです。そもそも、ジュースじゃないのにストローが2本ついてくるのはどうしてなんですか?

181017_01

「その質問、お店のお客様からもよく聞かれますよ。モヒートにストローがついてくる理由は『氷』です。

モヒートは、ほかの飲み物と違って、『クラッシュアイス』という砕いた氷を使っているんです」


──ク、クラッシュアイス?

「普通の氷は四角いブロック状をしていますよね。

それよりもっと細かいタイプの氷のことを、クラッシュアイスといいます」

181017_02

──あー、たしかに! 使っている氷のつぶが小さいですね。

「飲むときにクラッシュアイスが口に当たってしまって邪魔なので、ストローを使って飲むんですよ」


──こちらのモヒートもストローが2本ありますけど、1本ではなく2本なのはどうしてですか?

「やさしさ、ですかね(照)。

クラッシュアイスは時間が経つと溶けていくので、ストローよりも小さくなっちゃうんですよね。

1本が詰まっても飲み続けられるように、モヒートにはストローが2本ついているんです」


──ってことは、2本目は予備だったんですか?

「そうです。お客様を思っての"救護策"です(笑)」


──まさかの予備! ということは、1本しかついていないお店は、予備がないだけだったんですね。

「詰まることは滅多にないので、1本でお出ししているお店もあるようです。

言えるのは、『2本あれば、何があっても大丈夫』ってことですね」

181017_03

──では、そもそも「ストローがないモヒート」は存在しないのですか?

「あまりないですね。ストロー込みでモヒートというお酒なので」


──ふむふむ。いままでストローは、混ぜるためのものだとばかり思っていました。

「もちろん、混ぜるのにストローを使うのも正しい使用法ですよ」


──よかった〜。モヒートを頼むたびにお店の人から「この人、ストローの使いかたを間違っているな」と思われてたらどうしよう…と、ドキドキしてました。ちなみに、モヒート以外にもストローのあるお酒ってあります?

181017_04

「うちでは提供していないですけど、世のなかにはあります。

クラッシュアイスを使っているお酒にはストローが入っていることが多いですね。

たとえば、ウォッカ + パイナップルジュース + ココナッツミルクを使っている『チチ』とか、チチのウォッカをラムに変えた『ピニャコラーダ』とか」


──意外とたくさんあるんですね! なかなか頼まないお酒ばかりなので、モヒートだけだと思っていました。ところで、お酒をストローで飲むと、酔いが回るって言いません?

「言いますね。ぼく自身も飲んでいてそう感じます」


──ですよね。酔いやすいので気をつけて飲まなきゃ。お店に迷惑をかけないように、適度に頼みますね!

「いつでも飲みにきてください! お待ちしていますよ」

店舗情報

厨 七代目松五郎

10700262_828860130469700_6239802024226327575_o

東京都渋谷区円山町5-4 フィールA 1F

渋谷駅 マークシティから徒歩2分
神泉駅 徒歩2分
神泉駅から144m

TEL:050-5589-6429

>>連載「GLITTY研究所」を読む

撮影/グリッティ編集部

ameri

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 江戸時代はクリスマスカラーのリップが流行ってた! 昔の美意識どうかしてるぜ...

    3. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. ありのままのボディを披露。アジアのぽっちゃり女子たちが堂々としていてセクシー!

    6. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 体をギュウ〜ッと雑巾絞り! 凝り固まった背中をほぐす20秒ストレッチ

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. 好きな人からの返信、どれくらい待てる? #女子のホンネ

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 「不思議ちゃんだよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    3. 体をギュウ〜ッと雑巾絞り! 凝り固まった背中をほぐす20秒ストレッチ

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. 江戸時代はクリスマスカラーのリップが流行ってた! 昔の美意識どうかしてるぜ...

    6. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    7. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    8. ビーズバッグに熱視線! この春、旬な印象になれるアイテム5選

    9. 彼氏の前でおならできる? #女子のホンネ

    10. 夜からのデートがお決まり。彼女が夜を愛する理由 #終電と私

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 「最近の若者は...」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    3. 懐かしみがすごい! 平成の女子高生ファッションを振り返ってみた

    4. 「私たち付き合ってるの?」な状態。経験ある? #女子のホンネ

    5. ホワイトデーのお返し問題。迷惑だったもの1位は、まさかのアレ...!

    6. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    7. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    8. 「不思議ちゃんだよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    9. セルライトぐんぐん流すぞ! お尻の穴をキュッと締めるバレエポーズ

    10. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    モヒートにストローが2本ついてくる理由は「氷」だった【GLITTY研究所】

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More