1. Home
  2. Trend
  3. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

GLITTY研究所

4,662

glitty_fix_resise180730

イラスト/Kohei Takemoto

日常のさまざまな瞬間に浮かび上がってくるふとした疑問。

思いついてもすぐ忘れてしまう。友だちと話していても解決しない。知りたくても誰に聞けばいいかわからない。

「GLITTY研究所」では、そんな素朴すぎる疑問を解決していきます。 さて、今回の疑問は?

今回のお題:

181003_glittylabo04-1

教えてくれる先生:

新堂未來(しんどう・みらい)さん

新堂未來

一般社団法人日本現代人相学協会、代表理事。のべ5万人以上の鑑定実績あり。
オフィシャルサイト
https://shindo-mirai.com/
オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/mirai319/

──こんにちは! ライターのameriです。よろしくお願いします。前回、新堂さんが研究されている人相学は、顔の形状から内面を判断する学問だと伺いました

「そうですね。形状だけではなく、表情などの顔の動かしかたも見ながら判断するんですよ」


──たしかに、「静止している状態と動いている状態では、印象が違うな」と思ったことがあります。

今回のお題は「顔のタイプ」。塩顔や醤油顔といった印象の受けかた、好きになる人が同じ系統の顔ばかりなど、これには理由があるんですか?

「好きになる人って、基本は自分の顔がベースになっているんですよ! でも、同性の好きな顔のタイプと、異性の好きな顔のタイプでは、見ているポイントが違うんです」


──同性に対してタイプだと感じるときは、どこを見ているんでしょう?

「同性で好みだと感じる顔は、憧れの面構え(つらがまえ)をしています。自身との共通点を見出して、なれそうな顔を自然と好きになっているんですよ」


──同性のタイプは自分の系統の顔ということなんですね。

「はい。 自分と共通した部分に加えて、 憧れの要素が入っている人を好みます。

対して、異性を見るときは、自分の顔がベースになっているのはもちろんですが、表情や面構え、佇まいなどから、あなたが求めているものを直感的に感じ取っているんです」


──なるほど! 「切れ長の一重の人がタイプ」のようにパーツで判断しているのではなく、目などのパーツから感じ取れる「内面」に惹かれているということですか?

「そうなんです。形状の美しさではなく、表情や雰囲気のほうが好みに関係しているんですよ」


──では、「この人好きだな」と思うときって、顔のどのパーツを見たときが多いんでしょう?

目が多いです。やっぱり最初に見るところですし、話すときにも目を見ますから、印象に残りやすいですよね。

あと、目がいちばん精神状態を表しているので、内面の相性を感じやすいんです。あとは、表情ですね。顔は筋肉でできていて、感情と連動しているので、表情で気持ちを感じ取れますよ」


──ふむふむ。では、ひと目惚れも、表情から内面を読み取って起こるものなんですか?

「そうですね。人それぞれ、異性に求めるものって違うじゃないですか。ある人は強い男性が、ある人は繊細でアーティスティックな人が好き、とか。

そういう自身の好みと一致する内面を、表情や佇まいから読み取って判断しているというわけです。

顔のパーツではなく、表情と内面がマッチングしたときにズキュンとくることが多いんですよ」


──へぇ〜!

「『好き』って理屈じゃなくて、人相から感じる雰囲気やオーラに自然と引き込まれていくんです」


──なるほど。自分の好みを知っておくことは大切ですか?

「大切です! 同性の好みの顔は、自分のなりたい顔を先に体現してくれている存在。理想の人を見てどんどん真似していくと、『自分らしさ』を見つけやすくなります。

異性の好きなタイプを知っておくと、好みの男性に出会える確率がグンとアップします。

『出会いがほしい!』と思ったときに、むやみやたらに出会いの場に足を運ぶよりも、好みの人が集まりそうな場を狙って行ったほうがいいに決まってますよね」


──たしかにそのほうが、効率的に自分の魅力を引き出せるし、好みの男性にも出会えますもんね。くわしく探っていく方法はありますか?

「好きだなと思う俳優さんや女優さんを何人か挙げて、共通点を研究してみると、憧れや好みが浮かびあがってくるはずですよ」


──何人かピックアップして、共通点を洗い出してみるのがいいんですね。やってみます! 本日はありがとうございました。

「ありがとうございました」

>>連載「GLITTY研究所」を読む

ameri

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    4. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 終わりはいつだって悲しい。でも、私たちには「いま」が広がっている

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. 1年でなんと3500時間! 化粧している間にスキンケアできるファンデが出るよ

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. 復縁したことある? 忘れられない人っているよね... #女子のホンネ

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 女子の8割が持つデリケートゾーンの悩み。手のひらサイズのアレが解消してくれるかも

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. 江戸時代はクリスマスカラーのリップが流行ってた! 昔の美意識どうかしてるぜ...

    5. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    6. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 好きな人からの返信、どれくらい待てる? #女子のホンネ

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. 1年でなんと3500時間! 化粧している間にスキンケアできるファンデが出るよ

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 「最近の若者は...」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    3. 懐かしみがすごい! 平成の女子高生ファッションを振り返ってみた

    4. 「私たち付き合ってるの?」な状態。経験ある? #女子のホンネ

    5. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    6. ホワイトデーのお返し問題。迷惑だったもの1位は、まさかのアレ...!

    7. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    8. 「不思議ちゃんだよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    9. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    10. セルライトぐんぐん流すぞ! お尻の穴をキュッと締めるバレエポーズ

    好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More