1. Home
  2. Trend
  3. グルメ
  4. 「バブル絶頂期」ってどんな味? あの時代がチョコレートになった

「バブル絶頂期」ってどんな味? あの時代がチョコレートになった

思い出はときに、甘酸っぱかったりほろ苦かったり…。

なつかしい「あの頃」を、味にしたらどうなるんだろう? そんな発想から、ユニークなチョコレートが誕生しました。

「あの頃」にタイムトラベルできる、新感覚なチョコレート

20181026_choco1

あの頃は CHOCOLATE 単品 1,620円 、アソートボックス(5種) 3,240円(ともに税込)

それが、ダンデライオン・チョコレートとNECのコラボレーションから生まれた「あの頃は CHOCOLATE」

過去60年間で印象的なできごとがあった5つの年をピックアップして、それぞれ1年分の新聞記事をAIで分析。各時代のムードをチョコレートで再現したのだそう。

チョコレートを食べて、「あの頃」にタイムトラベルできるだなんて斬新すぎる!

バブル絶頂期ってどんな味? チョコレートで5つの時代を表現

チョコレートは、「1969 人類初の月面着陸味」「1974 オイルショックの混迷味」「1987 魅惑のバブル絶頂味」「1991 絶望のバブル崩壊味」「2017 イノベーションの夜明け味」の5種類。

味がまったく想像できないけど、なんだか複雑そうで、名前を聞いただけでもドキドキしてくる!

1969 人類初の月面着陸味

20181028_choco2

学生運動が活発化し不穏な空気が広がっていた1969年に、世界中を沸かせた「人類が初めて月に立った」というニュース。

「1969 人類初の月面着陸味」は、酸味のあるインド産カカオ85%のビターなチョコレートをベースに、クランベリーのようなフルーティな味わいが光る1枚

重い雰囲気のなかで感動や希望に満ちあふれた、あの頃のムードを忠実に表現しています。

1987 魅惑のバブル絶頂期

20181028_choco4

「1987 魅惑のバブル絶頂味」は、ホンジュラス産カカオ70%のチョコレート。まろやかな桃のような甘さとジャスミンの香りがふわっと広がります

就職率は100%、お金に糸目をつけないサラリーマン、ワンレンボディコンで毎晩踊り狂う女子たち。日本中が好景気に酔いしれていたあの頃…。

チョコレートに舌鼓をうちながら瞳を閉じれば、甘くて華やかなバブル絶頂期の様子が浮かんできそう。

1991 絶望のバブル崩壊味

20181028_choco5

バブル絶頂期から一転、天国から地獄へと突き落とされた日本。そんな暗〜い空気を表したのが「1991 絶望のバブル崩壊味」。

砂糖不使用、コスタリカ産カカオ100%のチョコレートは、強い苦味にカカオ本来の酸味、後味にはチリのようなスパイス感を感じる一品

絶望感ただよう世のなかの空気をギュギュっと凝縮したようなチョコは、「バブル絶頂期味」との食べ比べをしたらより奥深さを感じそう。

20181028_choco7

日本中が混乱していた様子を表現した、複雑な味わいの「1974 オイルショックの混迷味」

自動運転やドローン、仮想通貨など、夢に見た未来が現実となり始めた時代を表した、スパイシーな「2017 イノベーションの夜明け味」を加えて、5つの時代のムードを楽しめる「あの頃は CHOCOLATE」。

あの時代へと脳内トリップできるユニークなチョコレートは、ダンデライオン・チョコレートの一部店舗とオンラインストアで、10月25日より予約受付中です。

Dandelion Chocolate, PR TIMES

▼Sponsored

急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

コツは塗りかた。透明感をあげるスキンケア

「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    5. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 高学歴・高収入・高身長。あなたが男性に求めるものは? #女子のホンネ

    9. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    10. これはお洒落...なのか? バレンシアガのインスタがいろいろカオス

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. ありそうでなかった広告画像。スリムとプラスサイズのモデルが同じドレスを着たら...

    5. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. タンポンを開発したのは男性だった! 意外と知らない生理のトリビア

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. 終電を逃すと厄介だ。でもぼくは「帰る場所」を手に入れた #終電と私

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. ギクッ! 女子のちょっとお下品な生態がイラストになった

    4. 下着の捨てかた、どうしてる? #女子のホンネ

    5. 体、毎日洗ってる? #女子のホンネ

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    10. 目標はキム・カーダシアン。ぷりっとお尻をつくる整形が人気

    「バブル絶頂期」ってどんな味? あの時代がチョコレートになった

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More