1. Home
  2. Trend
  3. iPhone、Androidアプリ
  4. アプリでの出会いって実際どう思ってる? 女子の意見聞いてみた

アプリでの出会いって実際どう思ってる? 女子の意見聞いてみた

2004年に登場して以来、ますます進化を続けるFacebook。

今度は、なんと新たに恋人を見つける新機能が追加されました

Facebookがデーティング機能をスタート

20181007_facebook01

写真/Shutterstock

今年の5月におこなわれた開発者カンファレンス「F8」で、デーティング機能のローンチを発表していたFacebook。

Facebook上に登録している趣味や共通の友人などの情報から、理想のパートナーを教えてくれるというものです。

カンファレンスでは、CEOのMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)が、


「これは決して遊びの出会いなんかじゃない。真剣なパートナーを探すための機能なんだ」


と強調していたのが印象的でした。

デーティング機能は、まずは9月20日にコロンビアで、18歳以上のユーザー限定でサービスがスタート。他国でも今年中に順次オープンされていくとのこと。

海外では浸透しているデーティングアプリ。実際みんなはどう思ってる?

日本ではデーティングアプリと聞くと、まだまだ疑わしいと思ってしまうのが本当のところ。

だけど海外では、日本よりもアプリの浸透率は高め。抵抗感なく気軽に使っている女子が多い気がします。

アプリでパートナーを探すことを、実際みんなはどう思ってるの?

そんな疑問を、シングルのオージーガールズに聞いてみました。

質の良い出会いのためには、サービスをグレードアップするのがお約束

20181007_facebook03

写真/gettyimages

「デーティングアプリ、大賛成! フル活用してる」


と答えてくれたジェシーは、37歳の金融関係で働く女子。


「『デーティングアプリ = 危険』っていうのはもう古い。いまは真剣にパートナーを探している人がほとんどよ。私の同僚の男性にも、オンラインでいまのパートナーに出会ったって人が何人もいるわ。仕事が忙しくてキャリアがある男性ほど、実生活で女性と知り合う機会がないのよ」


とのこと。なるほど、これには一理あるかも。

さらに続けて、


「質の良い出会いを引き寄せるためには、有料会員しか使えないサービスにアップグレードすること」


とアドバイスしてくれました。

デーティングアプリは時に残酷。知らない間に削除されちゃうことも

20181007_facebook02

写真/gettyimages

そして、デーティングアプリにちょっぴり苦い経験のあるアシュリー。

Tinderで知り合った男性と実際に会ってデートしたところ、その翌日から着信拒否されてしまったのだそう。


「会ってみたらとても誠実で、楽しい時間を過ごせたの。『次も会いたい』って思っていたのに、その後、彼が私からのコンタクトをすべてブロックしてしまったみたい…。これはショックだったわ」


気軽につながれる分、気軽に削除されてしまうのが、アプリの悲しいところ。

そんなアシュリーだけど、Facebookの新機能については、


「ビンゴゲームみたい! 友人の友人とかだとちょうどいい距離感じゃない?」


と期待大の様子でした。

老若男女から支持されているFacebookのデーティング機能というだけあり、信頼性もその分高くなる…?

日本でもローンチされれば、Tinder以上の盛り上がりを見せそうです。

HELLO GIGGLES]

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    3. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    4. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    5. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    9. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    10. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    3. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    4. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    7. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    8. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    4. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    9. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    10. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方

    アプリでの出会いって実際どう思ってる? 女子の意見聞いてみた

    FBからも最新情報をお届けします。