1. Home
  2. Fashion
  3. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

1,815

誰もがひとつは持っているSNSのアカウント。

いまや、使いかた次第では、スターにだってお金持ちにだってなれる魔法のツールとなりました。

それを体現してくれた"元祖"が、ファッションブログ『ザ・ブロンド・サラダ』のキアラ・フェラーニです。

さすが! キアラの結婚式はダントツの華やかさ

14.9百万人(2018年9月時点)のフォロワーを持つ彼女が、今年の9月1日に、シチリア島のノートでウェディングを挙げました

多くの案件を抱えて世界中を駆け回り、昨晩はミラノ、今夜はニューヨーク…といったように、多忙を極めるジェットセッターなキアラ。

彼女のInstagramを見ているだけでも、そんな大規模なウェディングをする時間的余裕があるの? と不思議になってしまいます。

しかし、そんな心配はご無用。

フォロワーの期待を上回る、ド派手なウェディングを開催しました。

プライベートフライトに花火。リングは「ポメラート」

彼女のInstagramには、記念すべき3日間の華やかなポストがいっぱい。

キアラと、夫でイタリア人ラッパーのフェデスのふたりを表すハッシュタグ「#TheFerragnez」も一緒につけられています。

ゲストには会場のあるシチリア島行きのプライベートフライトを用意。機内食や搭乗券まで凝っています。

リハーサルディナーは「Prada(プラダ)」から贈られたというキラキラのドレスで登場。

結婚指輪はプラチナとローズゴールドにパヴェダイヤが眩しい「Pomellato(ポメラート)」のリング。内側にふたりの名前と結婚記念日が刻まれています。

艶やかなベースが印象的な結婚式当日のメイクは、すべてランコムの製品を使用。

まるでファッショニスタ版ロイヤルウェディング

20180914_chiara02

そして、何よりも気になるのがキアラのドレス。

彼女が選んだのは「Dior(ディオール)」のアーティスティックディレクターであるマリア・グラツィア・キウリが特別にデザインした2着でした。

イタリアの職人技に着想を得たというこのドレスたち、彼女の輝くようなエネルギーとモダンな佇まいが存分に生かされています。

chiara01

ウェディングドレスは、ビスチェとスカートのピュアなシルエットが際立つ1着。

パリ・モンテーニュ通り30番地に構えるディオールのアトリエで仕立てられ、400メートルにおよぶファブリックと、1,600時間以上もの手作業を経て完成したのだとか。

2018年5月の英国王室のロイヤルウェディングでメーガン・マークル妃が着用したドレスは大人っぽくてシックでしたが、キアラのものはファッショニスタの彼女らしくレースが華やかです。

ふたりの歴史を詰め込んだイヴニングガウン

20180914_chiara03

もう1着のイヴニングガウンには、夫・フェデスの想いが反映されています。

チュールにエンブロイダリーで刻まれたモチーフ、ふたりが一緒に暮らした街のエンブレム、彼らの息子・レオーネを象徴する小さなライオンなどが、ふたりの歴史を物語ります。

唯一無二でユニークなデザインは、タトゥー好きな彼らにぴったり。

なんとなく、アンジェリーナ・ジョリーが彼女の結婚式で着用した、子どもたちのイラスト入りドレスを彷彿とさせ、ファミリーの温かさやイタリアらしい家族の強い結びつきも感じさせます。

キアラの成功ストーリー。何より優れていたのは「発信力」

Instagramのプロフィールに「Love Fiercely(激しく愛する)」と書いてあるように、公私のすべてをアグレッシヴに発信するキアラ。

フェデスとの濃厚なラブシーンを公開したり、アピールの強さはヨーロッパ版キム・カーダシアン? なんて思ってしまうほど。

しかしその結果、ファッション、サクセス、ミュージシャンの夫、ベビー…と、彼女は望むものを次々と手にし、その手腕はハーバード・ビジネススクールの研究対象にもなっています。

また、彼女のストーリーはドキュメンタリーとして現在撮影中なのだそう。

SNSが産んだItガール、キアラ。

SNSを賢く使えば、彼女のように憧れブランドとともに夢を叶えるウェディングも実現可能かも。

PR TIMES, Instagram(@chiaraferragni), POPSUGAR

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    2. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    3. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    4. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    5. 髪は女の命じゃなかった

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    10. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    5. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    6. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    7. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    8. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    4. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    9. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    10. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方

    眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    FBからも最新情報をお届けします。