1. Home
  2. Trend
  3. SNS
  4. 大事にしすぎなくていいんだよ、流行りなんて。UNTITLED BY KIKUNO

大事にしすぎなくていいんだよ、流行りなんて。UNTITLED BY KIKUNO

UNTITLED BY KIKUNO

20180810_untitledbykikuno

何かを選ぶときの基準ってあるじゃない。

たとえば服とか、化粧品とか、家具とかなんでもいいんだけど。

人それぞれ、それなりになんとなくではあるけど、決まりってあると思うのね。

先日、仕事先の人から「服を選ぶ基準って何ですか?」って聞かれて、自分の基準について考えてみた。

人と被ることをいちばんに嫌う子どもだった

このコラムを読んでくれている方の多くはもうお分かりかと思うのですが、私は流行りにまったく興味がない。

だから、「流行っているから」という理由でモノを買うことはまずない。

というか、みんなが欲しがれば欲しがるほどいらなくなる。

たとえば買い物してるとき、「残り1点です」とか「このお色がいちばん人気です」とか言われると、「じゃあそれはいらない」となってしまう質です。

子どものころからそうらしいのだけど、人と被ることをいちばんに嫌う。

流行ってるブランドのTシャツでも、最新のものよりも3シーズン前くらいのものが着たい。

むしろいつ出たのかわからんようなものが着たいのだ。

流されていくだけじゃ、「らしさ」は身についていかない

でも、別にトレンドを意識することが悪いって言ってるわけじゃないのよ。

だってパンツひとつでも、シルエットだったり合わせかただったり、私もトレンドによって何かしら影響を受けているはずだから。

気づいていないだけで、きっとどっかしらで勝手に意識しちゃってることはあると思うから。

何を言いたいかと言うと、流行りをベースにモノを選ぶのはどうなのかってとこ。

ちゃんと「それを選ぶ意味」を見つけてほしい。

みんなが持ってるから、みんなが欲しがってるから、とかじゃなくて、自分がそれを選ぶ意味を、自分で理解することはとても大事だと思う。

いくら流行りの服で全身コーディネートしていても、その人らしさは見えないじゃない。流されていくだけじゃ、「らしさ」は身についていかないと思う。

生きていくうえで、流行は無視できないし、むしろ私はアパレル業界で生きているわけだから大事にしないといけないところなんだと思うんだけど。

固執しすぎもよくない。

大事にしすぎなくていいんだよ、流行りなんて。それより自分らしさのほうが大事じゃん。

好きなもの着て、あなたらしさがあるほうがずっと、素敵だよ。

>>連載「UNTITLED BY KIKUNO」をもっと読む

菊乃

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    2. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    8. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    9. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    7. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    大事にしすぎなくていいんだよ、流行りなんて。UNTITLED BY KIKUNO

    FBからも最新情報をお届けします。