1. Home
  2. Trend
  3. 浮気をやめたいのにやめられない。でも、結婚したい。

浮気をやめたいのにやめられない。でも、結婚したい。

でも、結婚したい。

3,805

20180827_papuriko01

恋愛を語るうえで不可避の「浮気」

相模ゴム工業の「日本のセックス」調査によれば、男女ともに3、4割が「浮気経験者」とのことですが、私の感覚値もそれぐらいです。

女子会でも「じつはもうひとり彼氏がいるんだけどさ…」「浮気をしてるんだけどさ…」というカミングアウトはあります。

さて、ひとことに「浮気」といっても、その種類はさまざま。

「今彼とは別れて浮気相手と付き合うつもり」という計画的乗り換え浮気、「ついストレスで後輩と数回浮気したけどすぐ終わった」という突発イベント浮気、「ときめいていたいから浮気は必然!」というときめき刺激中毒の浮気、セックスレスなどの不安による浮気、相手が浮気してるから自分も浮気するイーブンイーブン浮気、浮気するつもりがなかったのにズブズブにはまってしまった沼型浮気…。

なかでも厄介なのが「今彼のことは好きだし結婚したいけど、浮気をやめられないとまらない」型の浮気です。

彼のことは大好き、でも浮気がやめられない

20180827_papuriko03

二股を自力でやめられない女性は、だいたい下記のようなことを言います。

「彼のことは大好きだし、一緒にいると安心できるから、彼と結婚したい」

「でも、浮気がやめられない。浮気相手は刺激があってときめける」

「結婚するようになったら浮気はやめたい。でも自分ではやめられない」

「どうしたらやめられる?」

浮気サレ側からすれば「は??? なに勝手なことを言ってんの???」とキレる内容であることは重々承知していますが、彼女たちは彼女たちで真剣に悩んでいます。

浮気をやめたいのにやめられない。でも、結婚したい。

20180827_papuriko04

彼女たちにとって、「結婚」と「恋愛」は1本線で結ばれておらず、混線しています。

今彼はずっと長く付き合ってるし、大好きだし、信頼できる。

信頼できて一緒に長くいられる相手と結婚したい。

だから、彼と結婚したい。

一方で、浮気相手は、今彼が提供しない「ときめき」「刺激」をくれる。

だから浮気相手を手放したくない。

でも、浮気相手は結婚相手には向いていない。

だから結婚は考えていない。

彼女たちは、結婚がまだ先だと思っていた段階では「本命は本命、浮気は浮気」と切り分けていました。

しかし、いざ結婚を考える年齢になったり、彼からプロポーズされたり、周囲から結婚をうながされるようになると、彼女たちは焦ります。

恋人がいても浮気を普通にするのだから「結婚しても続けます★」と開き直りそうなものなのですが、彼女たちは「結婚前は浮気OKだけど、結婚したら浮気をやめなくてはならない」という独特な倫理観を持っています。

だからこそ「いままで考えずにうまくやってこれてきた問題」に直面したときに、「やめたいけどやめられない」「どうすればいいの?」と彼女たちは悩みます。

浮気をやめられない理由は主に3つある

20180827_papuriko02

「浮気をやめたいけどやめられない」彼女たちの話を聞いていると、やめられない理由はだいたい3つあるように見えます。

1. 受け身で相手に流されている。自分の意志遂行能力が弱く、浮気相手のほうが強い。

2. 刺激中毒、刺激依存になっている。強い刺激を得ないと満足できなくなって、不満を覚える状態。

3. 本気で浮気をやめたいと思ってない。彼と結婚しようと思ってない。浮気相手のほうが好き。

3つの共通点は「自分の行動を自分でコントロールできていない(していない)状態」である、ということです。

自分の意志に対して体が思うように動かない原因は、「自分でコントロールする力が弱い」「コントロール不能状態に陥っている」「そもそもコントロールするつもりがない」のうち、どれかだと考えられます。

グイグイ型の遊び人や不倫おじさんが浮気相手の場合に多いのは、「1. 受け身で相手に流されている」です。

彼らは「別れたい」と言っても「もう会えないなんてさびしい」とグイグイ来るため、受け身女子はあっさり流されてしまいます。意思決定 & 遂行能力が弱いと、強い遊び人にコントロール権をにぎられます

自分で物事の流れをコントロールできないので、「いっそのこと彼から振ってくれたらいいのに」と他力本願のことを言い出します。

20180827_papuriko05

恋愛が大好きなタイプは「2. 刺激中毒、刺激依存になっている」パターンであることが多いです。

安定した関係になればなるほど、新鮮な驚きや刺激はなくなっていくので、刺激中毒の人は新しい刺激を求めて浮気します

もともと刺激中毒の人もいれば、ストレスによって刺激依存に陥ってしまっている場合もあります。

上記ふたつのどれでもないなら、「3. 本気で浮気をやめたいと思ってない」可能性があります。

「彼のことは好きだけど、浮気相手のほうがもっと好き」であるにもかかわらず、「結婚したい」という気持ちや圧力が強すぎて「彼のことが大好きだから結婚したい」と思い込もうとしています

しかし、本心では「浮気相手のほうが好き」だから、やめたくない。やめたくないなら、やめられないのは当然ですが、このパターンは自分でも本心を気がついていないので、解決に時間がかかります。

自分の気持ちをきちんと知り、コントロール能力をつける

20180827_papuriko06

「自分の行動を自分でコントロールできていない(していない)状態」が問題なら、解決方法はふたつ。

「自分の行動を自分でコントロールできる状態」にすること。そして、強制的に遮断すること。

「1. 受け身で相手に流されている」なら、自分の意志をはっきりさせ、相手に伝える能力を訓練することが有効です。ノーを素振り100回し、相手にちゃんと伝えましょう。

グイグイ型は最初の数回は抵抗しますが、ノーを言い続けるとわりとさっさと引いていきます。面倒くさいことを嫌うからです。

あんなに好き好き言っていたのにそんなあっさり引くの…? と呆然とするかもしれませんが、そういうものです。この場合、意志をくっきりさせれば、コントロール権は取り戻せます。

「2. 刺激中毒、刺激依存になっている」なら、「刺激を求める対象を恋愛以外にする」「刺激中毒になっているストレスを軽減する」のふたつが有効です。

私は「新しいもの好き!」な生粋の刺激中毒ですが、刺激は仕事や趣味で得ているので、恋愛に求めなくても問題ありません。「恋愛による刺激を探求したい! まだ足りない!」というなら、逆にさっさととことん満足するまでハマってしまえばいいと思います。

この手の探究型は、ある程度どっぷりハマるとすっきりする傾向があります。

20180827_papuriko07

生粋の刺激中毒でないなら、「刺激依存になっている原因」を取り除くことで、刺激依存を軽減できます。ストレスが高まると、人は過食したりドカ買いをしたり浮気に走るなど、「問題から目をそらすための過剰な依存行動」に出ます。

恋愛問題の原因が、恋愛以外にあることはよくありますから、根性論でどうにかするのではなく、「自分はストレスがたまっているのでは?」「どうやったらストレス解消できるか?」を考えることが解決のカギになります。

いろいろがんばってみたけどそれでも流されてしまう、刺激がやめられない、というなら、「物理遮断」という最強技があります。

浮気できる環境があるから浮気するのです。LINEブロック、電話ブロック、SNSブロック、引っ越し、転職、あらゆる物理を使って相手と接触できないようにすれば、浮気は終わります。

自分でできないなら、誰かに協力をあおいで連絡先消去をお願いすることもできます。

彼が好きだから結婚したい? 結婚したいから彼が好き?

そして最後に、「そもそも本気で浮気をやめたいと思っているのか」「結婚したいから今彼を好きだと思い込もうとしていないか?」「浮気相手と今彼だったら、一緒にいたいのはどっちか?」と自分に問いかけてみてほしいです。

「彼が好きだから結婚したい」と「結婚したいから彼が好きだと思い込もうとしている」には雲泥の差があります。

「結婚したい」が先にきてしまうと、自分の気持ちと彼の気持ち、両方をないがしろにしてしまうことに。

自分勝手な自分をきっちり知り、そして選ぼう

20180827_papuriko08

いろいろ原因と状況の違いはあるものの、彼女たちがすべき最終判断は「彼と結婚するか」「別れるか」の2択です。

そこまでにさまざまな悩みや葛藤があるでしょう。ただ、どちらにせよ、彼を傷つける行為をしていることは、きっちり自覚してほしいと思います。

自分の悩みで頭がいっぱいになっていて、自分が誰かを傷つける行為をしているところにまで思いがいかないのは分かります。

ですが、それは忙しさを理由にして、自分がやっている行為の影響を考えずに済まそうとしているだけです。

「本気で浮気をやめたい」と思うなら、自分の行動がなにをもたらすかをしっかり自覚したうえで、それでもやめられない理由はなんなのか、を考えてほしいと思います。

やっていることの重みを自覚しておかないと、意思決定が曖昧なものになり、また浮気コースに戻ってしまうからです。それは彼女たちも望んでいないことでしょう。

「浮気は悪だ! すぐやめるべし! 断罪!」と叫んで済むのならラクなのですけどね。

人間の心はそうかんたんには割り切れないし、すぐに行動も変えられません。

だからこそ、自分でうんうん考えて行動を選ぶことが大事だと思っています。

>>連載「でも、結婚したい。」をもっと読む

写真(トップ、4、7枚目)/gettyimages 撮影(2、3、5、6、8枚目)/田所瑞穂 文/ぱぷりこ

ぱぷりこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 今の彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    2. エアコンで冷えた体は「骨盤ゆるゆる体操」でリセット。テレビ見ながらできちゃう

    3. 肌の色、ジェンダー、サイズは関係ない。今年のNYFWが多様性にあふれてた

    4. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    5. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    6. 家に帰ったら大自然。都会の喧騒を忘れられるフレグランス

    7. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    8. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. すっかり秋に。季節の変わりめ、体調大丈夫? #心理テストまとめ

    1. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    2. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    3. エアコンで冷えた体は「骨盤ゆるゆる体操」でリセット。テレビ見ながらできちゃう

    4. すっかり秋に。季節の変わりめ、体調大丈夫? #心理テストまとめ

    5. 今の彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    6. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    7. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    8. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    9. 顔が似ている人が性格も似る理由。答えは顔筋だった【GLITTY研究所】

    10. 家に帰ったら大自然。都会の喧騒を忘れられるフレグランス

    1. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    2. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    3. ぽっちゃりってかわいくない? リアルな女子の体型にフィットするブランド見つけた

    4. ここまできたか。クレジットカードもエモくなる時代になりそうです

    5. 童貞に恋をしました。進展しない関係性にヤキモキしています...【解決しない恋愛相談室】

    6. モデルやスタイリストが恋する定番アイテム【スニーカー編】

    7. 「私のサイズを作って!」プラスサイズ女子の憂鬱をコミカルに発信する

    8. 女子がイケメンに言われたいのは「〇〇しないで」。たまには妄想したっていいよね

    9. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    10. ZARAのパンプスが推し。洗練された足もとを作るコツ #東京女子のマイルール