1. Home
  2. Trend
  3. キャリア
  4. ラブリさんに聞いた、自分のことを少しだけ好きになれる秘訣

ラブリさんに聞いた、自分のことを少しだけ好きになれる秘訣

1,811

20180801_loveli2

モデルやタレント、フィリピン観光大使など、幅広く活躍するloveli(ラブリ)さん。書籍『私が私のことを明日少しだけ、好きになれる101のこと』(ミライカナイ)の出版を記念して、ラブリさんがグリッティに初登場!

自分に自信がない女子に向けて、明日“少しだけ”自分を好きなれるための秘訣を教えてくれました。

──今回、どういった経緯で本を執筆することになったのでしょうか?

「私自身もそうだったんですけど、いまの女の子たちって、何か自信がなくてコンプレックスがあるんですよね。私は『私が私のことを好きになれること』をメモ書きをしていて、そこから本を執筆することになりました」

──コンプレックスがあったなんて意外でした!

「私はもともと自分にまったく自信がありませんでした。仕事がなくて、アルバイトをしていた時期も…。それでも、心の奥底では『何とかなる! 大丈夫!』と思っていて。その気持ちをひたすら信じて、これまでやってきたという感じなんです」

20180801_loveli4

──この本の執筆だけではなく、ZINEやフレグランスの制作など、さまざまなことに挑戦されていますよね。活動の原動力はなんでしょうか?

「『自分の存在を確かめたい』という思いですかね。もともとは『芸能なんてクソくらえ』って思ってました(笑)。芸能人であることがコンプレックスだったんです。ただのタレントだと思われることの悔しさもありました。そこで、『自分から発信しないと伝わらない!』って思ったんです」

──Twitterのプロフィールにも「いろいろやってて肩書きが見つかりません」と書いていますが。

「肩書きに縛られることがイヤなんです。『自分はこうなのに!』って思っていても、モデルやタレントという肩書きに縛られてしまうし、結局は自ら発信しないと何も伝わらない。『ちゃんと自分のことを伝えたい』という思いが私の原動力になっています」

20180801_loveli3

──コンプレックスをなくすために「私が私のことを好きになれること」をメモ書きをしていたとのことですが、本を執筆する前提で書いたわけじゃないんですか?

「普段から『やること・やらないこと』のリストや目標を実現させるためのノートを作っていて、『私が私のことを好きになれること』のメモ書きはそのなかのひとつだったんです。今回の本では“101”の知恵が左ページに、その説明が右ページにあるんですけど、左ページの項目はもともと書いていたもので、本を出版するにあたって右ページを書き加えました」

──出版するまではどのくらいの時間があったんですか?

「本当に時間がなくて、1か月半しかなかったんですよ! その間に右ページをバーッと書き上げました。ほとんど仕事を入れずに執筆に集中して、朝起きてから寝る前までずっと書いていたのですが、もう死ぬかと思いました(笑)! 身を削りましたね…」

20180801_loveli7

──「“100“のこと」ではなく、「“101“のこと」にしたのには何か理由があるのでしょうか?

「100個目に『愛する を 愛する』って書いてあるんです。けど何だか、それがきれいごとのように思えて。人間は完璧ではないですから。私の好きな言葉で『どうせ今日のことなんて忘れてる』っていうのがあるんです。だからこそ、101個目に『忘れてしまうものだから』っていうのを持ってきました」

──本を読ませていただいたのですが、「こうした方がいい」というような押しつける感じがなくて、「こうでも良いんじゃない?」くらいのテンションが素敵だなと思いました。

「私は、悩んでいる人たちにとっての、“仲介人”みたいな存在でいれたらと思っていて。完成形を示してるつもりはなくて、あくまでその人たちの“ヒント”でありたい。この本を読んで、いつか迷ったときに言葉を思い出してもらいたいですね」

20180801_loveli5

──タイトルに「明日“少しだけ”、好きになれる」とつけたのにも何か理由があるのですか?

「だって、ずっと好きでいられることなんてあり得ませんよね(笑)。『明日私のことを好きになれる〜』なんてタイトルだったら、『そんなのきれいごとだ!』って思います(笑)。今日は自分のことが好きでも、明日は嫌いになることもあるじゃないですか。そのなかで、“少し”好きになれるというのがリアル。その“少し好き”が続いていけば、いつしか“大好き”に変わるかもしれない」

──たしかに「絶対好きになれる」だったら大げさですよね。

「ファンの子にも『自分のことを好きになりたいんですけど…』とよく相談をされるのですが、『好きになろうとしなくてもいいじゃん!』って。もちろん、私自身も私のことを好きになれないことはあります。そんななかで、“好きになれる瞬間”を大切にしていけばいいんじゃないかと思います」

近日公開予定の「ラブリさんインタビュー・後編」では、ラブリさん流の「夢の叶えかた」を紹介します。

20180801_loveli1

私が私のことを明日少しだけ、好きになれる101のこと

出版社: ミライカナイ

発売日: 2018/8/1

単行本: 214ページ(ソフトカバー)

loveli(ラブリ)さん

1989年11月27日生まれ。モデルとしてメディアで活躍する一方で、自身の中から生まれる言葉を詩や写真、ジュエリーなどの作品にして発表している。編集長を務めるファンクラブマガジン「KILIG」では、配信のみならずファンとの関係性を大切にした企画を実施。2018年6月、もう一つの母国であるフィリピン観光大使に就任し、日本とフィリピンの架け橋となる活動をしている。

撮影/玉井美世子 取材・文/加藤貴大 編集/松本、高山

加藤貴大

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    2. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    3. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    4. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    5. 髪は女の命じゃなかった

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    10. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    5. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    6. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    7. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    8. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    4. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    9. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    10. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方

    ラブリさんに聞いた、自分のことを少しだけ好きになれる秘訣

    FBからも最新情報をお届けします。