1. Home
  2. Trend
  3. 彼のことは好きだけど、彼の家族が苦手です【解決しない恋愛相談室】

彼のことは好きだけど、彼の家族が苦手です【解決しない恋愛相談室】

解決しない恋愛相談室

momoyama_top

イラスト/須山奈津希

恋バナ収集ユニット「桃山商事」が、グリッティ読者たちのリアルな恋の悩みに答えます。

スパッと解決! とはいかないけど、ちょっとすっきりして前向きになれるゆる〜い恋愛相談室

さて、今日のお悩みは?

file.08

彼のことは好きだけど、彼の家族がどうも苦手です…。付き合って2年、彼の家族とはこれまで何度か会っているのですが、ノリが合わず疲れてしまいます。彼は長男だということもあって将来は実家に戻る予定のようで、結婚して彼の実家で暮らすことになると考えるとすごく不安です。家族が苦手だなんて彼には言えないし…。どうしたらいいのでしょうか?(Nさん / 27歳 / メーカー勤務)

face_1

これはむずかしい問題だね。

face_2

そうですね。

face_1

1対1の関係だったら話はシンプルなんだけど、誰かと恋愛や結婚をするとなると、家族だったり友だちだったり会社だったり、そういう“相手に付随する要素”も含まれてくるわけで…。桃山商事ではこういう問題を「外野問題」と呼んでいます。

face_2

外野問題…! またパワーワード出ましたね(笑)。

face_1

外野問題には、彼の仕事とか、宗教的な問題とか、元カノと仲が良いとかいろいろあると思うんだけど。そのなかでも、「家族」はとりわけ重たい要素だから扱いがすごくむずかしい。

face_2

家族は替えがきかないですもんね。

face_1

彼にとっては家族のなかに自分も含まれているわけだから、もし家族に対して苦手意識を表明されたとしたら、彼は自分の一部が否定されたような気になってしまうかもしれない。

face_2

そっか…。

face_1

それから、これはジェンダーの問題でもあると思う。彼はおそらく「男だから」という理由で実家に戻ることを前提視してるけど、女の人だったらそこまで実家に戻ることを前提に考えないでしょ?

face_2

たしかに。

face_1

彼女の同意や納得を得ないまま、「実家に戻る」ということを前提視しているのがまず問題ですよね。そうなると、彼女のほうが家族に対する苦手意識を飲み込まなきゃいけないわけで、これは完全な不平等条約だと思います。

face_2

不平等条約…! こういう「長男だから、将来は実家に戻らないといけない」みたいな意識って、やっぱり根強く残っていますよね。

face_1

それぞれ家庭の事情はあるはずだし、本人にはどうにもならないことだってあるとは思う。でも、相手と話し合って、互いに納得した上でならわかるけど、何の合意もなしに前提視するのはフェアじゃないよね…。

face_1

本当だったら、実家に帰る前提そのものをゼロに戻して考えてほしいところだけど、彼は「男だから」実家に戻ることが当然だと考えているのかもしれない。「えっ? 嫁が旦那の家に住むのが普通でしょ?」って。

face_2

なるほど。

face_1

いったん逆の立場になって考えたりしないものかな。もし自分が365日彼女の両親と暮らすとしたらどう思うのか? そういう想像があってもいいと思うんだけど…。

face_2

そうですよね…。この相談者さんは、今後どうしたらいいんでしょうか?

face_1

「彼とは価値観が違う」という話ではあるから、究極的には「別れる」っていう選択肢もあるとは思う。でも「長男だから実家に帰る」ってことが、実際のところ彼にとってどのくらいマストなのかは分からないから、まだ話し合う余地があるのかなと思います。

face_2

どういう話し合いをすればいいんでしょう?

face_1

いろんなステップがあると思うけど、まずはその「実家に帰らなきゃいけない」っていうのがどのくらいのレベルの話なのか、いま一度確認してみるところから始めるのがいいんじゃないかな。

face_2

はい。

face_1

仮に同居がマストじゃなければ、選択肢は広がっていくよね。たとえば離れて暮らすとしたら、少ない場合で夫の家族と会うのはお盆と正月の年2回って感じになりそうだよね。その程度の交流と、彼との結婚を天秤にかけたときに、やっていけそうであれば話を進めていいのかもしれない。

face_2

もし、同居がマストだと言われたら…?

face_1

彼と結婚すること = 相手の家族と常時接続って感じになるわけで、すでに不安を抱えている相談者さんにとっては厳しい状況になると思う。もし無理だと感じるようなら、その気持ちに従ったほうがいいと思います。自分を守るためにも。

face_1

それから彼は、現時点で相談者さんが自分の家族に苦手意識を抱いていることに気づいていないような気がするので、まずはその気持ちを伝えてみることも重要かなと思います。

face_2

やっぱりそこは伝えなきゃいけないんですね…。「家族が苦手」とはストレートに伝えづらいと思うんですけど、間接的にうまく伝えられないものでしょうか?

face_1

それって要するに、「直接的な表現を避けたい」「その上で察してほしい」ってことだよね? でも、壁に投げたボールが投げた速さに比例して跳ね返ってくるのと同じで、フワーっと投げたらフワーっとした返事が返ってきちゃう可能性がある。

face_2

なるほど。

face_1

恋愛とかでもよく「これだけ”好き”ってニュアンス出しているのに、なんで伝わらないんだよ!」ってことが起こるよね(笑)。それと同じで、相手に意図が伝わらないと余計にモヤモヤしてしまうリスクがあると思う。

face_1

だからまず、「相手は価値観の異なる他人」という前提に立って、勇気を持って自分の考えを伝えることが大事じゃないかと思います。

face_2

おー勉強になります(笑)。

face_1

でも、伝えかたには工夫の余地があるかもしれない。単に「苦手」ってことを伝えるだけじゃなくて、どういうところが苦手なのか、それはどうしてなのか、できるだけ論理的に伝えてみると、相手も冷静に受けとめられるんじゃないかな。

face_2

論理的に…ですか?

face_1

たとえば相談文には「ノリが合わず疲れてしまいます」とあるけど、それを具体的に説明することで、「苦手なのはノリであってあなたの家族ではない」という、より細かなニュアンスを伝えられるように思う。

face_2

根拠を持って、話し合うことが大切なんですね。

face_1

もちろん、話し合った結果、「家族の文句を言うなんて許せない!」みたいに、話がちゃんと通じなかったり、相手の地雷を踏んでしまう可能性もあったりするから怖いと思うけど、さしあたっては話し合うしか選択肢はないと思う。

face_2

話し合ってみたら彼が考え直してくれる可能性もあるし、折衷案として「同居は無理だけど、近くに住む」とかも出てくるかもしれないですもんね。

face_1

そうだよね。同居、同じマンション、同じ地域、なんとなく近いところ、県が違う…とか、“常時接続”と“年2回”の間にも選択肢はたくさんあるわけで。

face_1

まずは彼にとって同居がマストなのか、いま一度確認してみる。マストなのであれば、家族のことを相談してみる。ふたりにとって、いい落としどころが見つかればいいなと思います。

>>連載「解決しない恋愛相談室」をもっと読む

momoyama_shoji

桃山商事
恋バナ収集ユニット。中心メンバーは清田隆之(代表)、森田雄飛(専務)、ワッコ(係長)の3人。2001年結成以来、男女1,000人以上から収集した恋バナをコラムやラジオで紹介している。著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)や『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)がある。
WEBサイト/桃山商事 Twitter/@momoyama_radio

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 経験人数、ぶっちゃけ何人? #女子のホンネ

    2. 「だからモテないんだよ〜」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    3. やっぱり正月太りした...。減量するために必要なことは夜のアレ

    4. 肌の色が指標に。あなたに似合うリップカラーはどれ?

    5. いままで付き合った人数は? #女子のホンネ

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. ラコステのポロシャツがスニーカーに!? こりゃかわいいぜ

    8. 美しすぎ...。ルナソルの本気ベージュパレットが絶対欲しい

    9. えっ、イチゴ味じゃないの? 天然ピンクのチョコレートがじわじわきてる

    10. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    1. 「だからモテないんだよ〜」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    2. やっぱり正月太りした...。減量するために必要なことは夜のアレ

    3. 経験人数、ぶっちゃけ何人? #女子のホンネ

    4. いままで付き合った人数は? #女子のホンネ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. ラコステのポロシャツがスニーカーに!? こりゃかわいいぜ

    7. 「早く帰ってきなさい」終電が気づかせてくれた母の愛 #終電と私

    8. えっ、イチゴ味じゃないの? 天然ピンクのチョコレートがじわじわきてる

    9. ガガは王道ドレスを選んだ。今年のゴールデングローブ賞が眼福すぎ

    10. 肌の色が指標に。あなたに似合うリップカラーはどれ?

    1. 「太った?」って聞かれたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    2. 「だからモテないんだよ〜」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    3. 聖夜の企み。ゲイの男友だちとカモフラージュデートを決行した

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. やっぱり正月太りした...。減量するために必要なことは夜のアレ

    7. いままで付き合った人数は? #女子のホンネ

    8. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    9. 機内に持ち込むといいもの7選。これで移動も快適

    10. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    彼のことは好きだけど、彼の家族が苦手です【解決しない恋愛相談室】

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More