1. Home
  2. Trend
  3. ご飯に誘ってみたら断られた…。あきらめた方がいいの? 【解決しない恋愛相談室】

ご飯に誘ってみたら断られた…。あきらめた方がいいの? 【解決しない恋愛相談室】

解決しない恋愛相談室

1,134

momoyama_top

恋バナ収集ユニット「桃山商事」が、グリッティ読者たちのリアルな恋の悩みに答えます。

スパッと解決! とはいかないけど、ちょっとすっきりして前向きになれるゆる〜い恋愛相談室

さて、今日のお悩みは?

file.07

合コンで出会った人が気になっています。でもはっきり言って脈なし。嫌われてはなさそうですが、気持ちに温度差があるように感じています。一度ごはんの誘いをしたところ「最近ちょっとバタバタしてて…」と断られてしまい、警戒されているのかなとも。
すぐに恋愛関係へと発展するのを望んでいるわけではありません。単純に仲良くなれたらいいなと思っているのですが、あきらめたほうがいいのでしょうか? (Sさん / 26歳 / 事務)

face_1

「単純に仲良くなれたらいい」とは言うものの、相談者さんのなかには「恋愛の前段階として」友情を築きたいって気持ちがあるんだと思います。だとすると、その目的に対して彼女のとった行動はやや性急だったかもしれません。

face_2

うーん…。素人目線だとミスってるポイントが分からないのですが、どこが問題なのでしょうか?

face_1

一応、合コンは恋愛相手を探しに来る場だという建前がある。そこで出会った人を「1対1でごはんに行きませんか?」って誘うとなると、こっちがいくら「まずは友だちになりたい」って思っていても、相手は「この先、恋愛につながる一歩としてのごはんなのかな?」と受け取る可能性があるんじゃないかな。

face_2

そっか〜。

face_1

相手からしたら、「これでOKしたら『この先、恋愛に進む関係性になりましょう』っていう提案を飲むことになるんじゃないか」という風に感じているかもしれません。

face_2

一見気軽な誘いだけど、相手にとっては重めの誘いになっている可能性があるんですね…。

face_1

そうそう。関係性って、けっこう最初の出会いのきっかけの文脈に縛られちゃう気がするんですよ。

face_2

出会いの文脈?

face_1

もし、これが趣味の集まりで知り合った人だとするとまた違ってくると思う。たとえば読書会で出会った人に「好きな本について語り合う会をやりませんか?」って誘われたらどう?

face_2

それなら気楽に誘いにのれそう!

face_1

でしょ。恋愛関係を前提にしていないから、誘いにのりやすいと思う。

face_1

まあ、それも逆に言うと、そこでは「本の話をする」っていう文脈があるわけで、実際にごはんに行って恋愛的な空気を出したら戸惑われる恐れは高いけど…。

face_2

あー。

face_1

仕事で出会った人も同じだよね。「ちょっとごはん行こうよ」って言われたら「仕事の話をするのかな?」って考えるだろうけど、急に「今夜どう?」とか言われたらひいちゃうと思うし、セクハラ事案にすらなりかねない。

face_2

うう、たしかに…! ちなみに今回のケースの場合、どういう誘いをすれば良かったんでしょう?

face_1

今回のケースは合コンで知り合っているだけに、一応「恋愛」という文脈が前提としてある。恋愛的に仲良くなりたいなら、相談者さんみたいに「ごはんに行きましょう」って誘って、お互いOKなら進めばいいんだけど…。

face_1

そこから純粋な友だちになるためには、共通の趣味など、別の文脈に書き換える必要があると思う。ただ、相談者さんはおそらく恋愛の前段階としての「仲良くなりたい」という願望だろうから、ただの友だち作りとも異なっていて、そこがなかなかむずかしいところだなって思います。

face_2

うーん…。

face_1

ただ、「まずは相手との距離をつめたい!」って感じだとは思うので、やりようはあるはず。

face_2

どんな方法でしょうか?

face_1

まだ知り合ったばかりという距離感なので、1対1でごはんに行くというのはけっこうハードルが高いと思う。

face_1

だから、たとえば合コンのときにお笑いの話で盛り上がったとして「お笑いを語れる友だちが欲しいので、今度お笑い見に行って、ごはんでも食べながらお笑いの話しませんか?」とかそういうオファーだったら、また結果も違ってくるんじゃないかな。

face_2

なるほど!

face_1

そもそも恋愛は、出会うところから始まって、相手を知り自分を知ってもらう → 恋愛の意思があるか(相手がフリーなのか)確認する → デートに誘ってOKをもらう →1対1のデート関係になる…ってステップを踏んでいくものだと思うんだけど、合コンやマッチングアプリを通した出会いだと、出会いから一気にデート関係に進んでしまうことが多いんだよね。

face_1

いろんなステップをすっ飛ばしていきなりデート関係になるって、けっこうすごいことだと思うんだけど、その自覚がなかったりする。

face_2

言われてみれば…!

face_1

いきなり1対1での食事の誘いというハードルの高いことをしているのだから、相手がノリ気になってくれなくても仕方ないところもある。

face_2

うんうん。

face_1

「とりあえず行ってみよう」っていうフットワークの軽い人もなかにはいるけど、この男性の場合はそうじゃなかっただけのこと。だから、デートの誘いを曖昧に交わされたからといって「脈なし!」と決めつける必要はないんじゃないかな。

face_1

自分の気持ちが盛り上がっているだけで、相手はけっして低いわけじゃなくて、あくまでも平熱だと思うんだよね。ただ単に重めのオファーだったから、腰が上がらなかったっていう可能性が大いにある。

face_2

なんだか目からウロコです。誘いに断られたらすぐに脈なし判定しちゃいがちだけど、それってもったいないことなのかもしれませんね。

face_1

「合コン行ってごはんの誘いをしてダメだったら、敗因を分析して次に行く」といった、「PDCAを回せ!」的なアドバイスもあるとは思うけど…。個人的には焦る必要はないと思っていて。

face_2

私もその意見に賛成です。もう少し粘ってみてもいいんじゃないかなって! ちなみに、この相談者さんが、いまからできることってありますか?

face_1

とにかく相手との時間や思い出の共有を増やすこと。これに尽きると思います。

face_1

1対1ではなく、まずはグループで会うなどしてみて、互いのことを知る機会や、共有する情報を増やしていく。そういう風に存在感を少しずつ高めていきつつ、相手に恋愛する意思があるかどうかを探って、どこかのタイミングで思い切って1対1での食事に誘ってみる。そういうステップを踏み直していくのがいいんじゃないかなって思います。

>>連載「解決しない恋愛相談室」をもっと読む

momoyama_shoji

桃山商事
恋バナ収集ユニット。中心メンバーは清田隆之(代表)、森田雄飛(専務)、ワッコ(係長)の3人。2001年結成以来、男女1,000人以上から収集した恋バナをコラムやラジオで紹介している。著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)や『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)がある。
WEBサイト/桃山商事 Twitter/@momoyama_radio

イラスト/須山奈津希

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    2. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    8. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    9. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    7. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    ご飯に誘ってみたら断られた…。あきらめた方がいいの? 【解決しない恋愛相談室】

    FBからも最新情報をお届けします。