1. Home
  2. Fashion
  3. 二の腕もがっちり肩も。コンプレックスをカバーするタンクトップの選び方

二の腕もがっちり肩も。コンプレックスをカバーするタンクトップの選び方

夏本番、暑さも本格的になってきました。

筆者の住むパリも真夏日が続いていて、ノースリーブ率は半数を超えるほど。

なかでも1枚でさらっと着られて、いろいろなボトムスと合わせやすいタンクトップは、人気のアイテムです。

Mary L Jeanさん(@maryljean)がシェアした投稿 -

ただ、シンプルなアイテムだからこそ形選びはとても大事

そこで今回は、パリジェンヌに学ぶ、女性らしさをキープしながらラフに着こなせるタンクトップの選びかたをご紹介します。

デコルテを強調して女らしさを演出する

女性らしく着こなせるタンクトップのポイントは、デコルテが深く開いていること。デコルテを露出することで華奢な印象に。

また、動きのあるロングスカートと合わせれば、エレガントなコーディネートの完成。太めのベルトでマークすると、メリハリのあるシルエットになります。

見えそうで見えないカッティングがセクシーさを生み出す

オフの日に着るなら、サイドや背中が大きく開いているデザインもおすすめ。

角度次第で「見えそうで見えない」カッティングのタンクトップなら、カジュアルなのにセクシーな着こなしを叶えてくれます。

ただし、胸もとが開きすぎて、下を向いたときになかが見えてしまうようなデザインは、下品な印象を持たれる可能性も! サイズ選びには注意です。

二の腕が気になるならVネックのタンクトップ

Sabina Socolさん(@sabinasocol)がシェアした投稿 -

二の腕の太さが気になる人には、Vネックのタンクトップ。視線をデコルテへと持っていかせることで、腕のコンプレックスも上手く隠せます。

ハイウエストのボトムスと合わせると全体がすっきりとして、カジュアルなアイテムでも品よく着こなすことが可能です。

がっちり肩は太めストラップでカバー

Sabina Socolさん(@sabinasocol)がシェアした投稿 -

たくましいがっちり肩がコンプレックスなら、ストラップが十分に太いタンクトップを。腕幅よりも広さのあるストラップなら、肩が出ていても華奢に見せてくれます。

同じ色のタンクトップでも、形が変わるだけで印象もずいぶん変わること間違いなし。

デザイン次第で印象を変えてくれるタンクトップ

Femme Fataleさん(@onparledemode)がシェアした投稿 -

タンクトップはシンプルかつベーシックなアイテムですが、デザイン次第でコンプレックスもカバーしてくれる優れものです。

なにより、暑い夏を乗り切る救世主アイテム。キャミソールだと気になるブラジャーのストラップも、タンクトップだと隠れるので、より気軽に着られます。

タンクトップの裾が出てきてしまうのを避けるために、最近はボディスーツ型を愛用するパリジェンヌも増加中

自分にぴったりのタンクトップを見つけて、ファッショナブルに夏を乗り切りたい。

写真/Shutterstock

ELIE INOUE

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    2. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    8. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    9. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    7. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    二の腕もがっちり肩も。コンプレックスをカバーするタンクトップの選び方

    FBからも最新情報をお届けします。