1. Home
  2. Trend
  3. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

でも、結婚したい。

2,408

20180723_papuriko-1

アラサーにもなれば、自分や周囲の「浮気した」「浮気された」という話の100や200は耳にしているもの。

20代前半のころなら、「彼氏が浮気していたことを知った」という話が出てこようものなら、「うんこ男はトイレに流せ!」「別れろ!」のシュプレヒコールの嵐だったし、浮気サレ女子も「そうだよね! 別れる!」とスパーンと別れていたものです、が。

結婚する予定だった彼氏が浮気していた

20180723_papuriko01

アラサーになると、「別れろ、はい次!」という勢いは衰えてきます。

加齢による体力と気力の衰えのせいでしょうか?

もちろんそれもありますが(悲しいことですね)、理由として大きいのは「結婚をガチで考えているお年ごろだから」

とくに「結婚を考えていた彼氏の浮気」「婚約していた彼氏の浮気」が結婚前にバレた場合は深刻です。

結婚を考えていた彼氏が浮気してた。でも、結婚したい。

20180723_papuriko02

浮気されていたことが発覚したときの選択は、ふたつだけです。

「別れる」か「続ける」か

「浮気? してなにが悪いの?」と開き直る男は論外なので、ASAP悪即斬で万事解決ですが、めんどうなのが「結婚前のちょっとした遊び」「本命は君だけ」「もう二度としない」と言う勢。

この場合は「別れる」「続ける」の選択肢で女性は迷います。

若いころは「別れる」ことを選んでも、それほど不安はありませんでした。

なぜなら「次の出会いがある」という期待があるし、「結婚」はまだまだ先のことだったから。

時間と心に余裕がありました。

しかし、アラサーで「結婚」が絡むと、時間と心の余裕がなくなってきます。

とくに「30歳までに結婚したい」「まわりが結婚して焦っている」「親からプレッシャーがきてる」などの理由で結婚を焦っているならなおさらのこと。

「別れる」は「結婚が遅れる」ことを意味し、「続ける」は「とりあえず結婚する」ことを意味します。

いま別れたとして、次の相手が見つかるのだろうか?

また数年のお付き合いをしなければならないのだろうか?

そうすると結婚が数年、遅れるのでは?

それどころか、結婚相手がもう見つからないのでは?

でも、浮気なんて許せないし、信用できないし、また同じことを繰り返すのでは?

そんな疑惑だらけの結婚生活に耐えられるのだろうか?

悩みに悩んで周囲に相談しても、答えは千差万別です。

・浮気は男の本能派:「男は浮気するもの。結婚したいなら目をつぶりなさい」

・相手をトラスト派:「もう二度としないって言ってるんだから、信じてあげたら?」

・浮気は繰り返す派:「浮気する男は絶対に同じことをするよ。それでもいいなら結婚してもいいけど、そうでないなら別れなよ」

彼女たちは「浮気は許せないし、とても傷ついている」という気持ちと「だけど、結婚したい」という気持ちの間で苦しみます。

正解は人による。自分が苦しくないほうを選ぼう

20180723_papuriko03

浮気されたときに別れるか別れないかは、人によります。

相手をもう一度、信じることに賭ける人もいるし、つらすぎて無理だから別れるという人もいます。

どちらの選択肢も、その人によっては正解です。

しかし、こういうことを言うと「じゃあ自分にとっての正解はどっち???」とより悩んでしまうのも事実。

そんなときは「自分が苦しくないほうを選ぶ」ことをおすすめします。

浮気をされたら傷つきますし、苦しいし、相手へ不信感を抱くのはトーゼンのこと。

「許せない」「つらい」と思う自分を責める必要はありません。

自分のつらく苦しい感情を認めたうえで、「傷と不信感 + 彼がいる生活」と「彼がいない生活」どちらのほうが自分にとって苦しくつらいか、を考えてみてほしいです。

浮気がバレた直後はどうしても動揺しているものですから、自分にとっての正しい判断はしづらいもの。

1、2か月ほど彼に会うことをやめて、自分の気持ちと向き合ってみて、そのうえで彼にもう一度会ったとき、自分にどういう感情がわいてくるのかが大事です。

そのときの感情が「結婚生活」のベースになるからです。

彼の顔を見たとき、怒りやつらさが先にきて、言動でもイラついたり、相手を疑って信用できないなら、別れることを前向きに検討したほうがいいでしょう。

そうしたマイナス感情を抱く相手と24時間365日暮らすことは拷問でしかありません。

逆に、悲しみなどは覚えるけれど、ホッとする感情を抱いたり、やっぱり彼を信じたいと思えるなら、再構築を考えてみるのもありでしょう。

20180723_papuriko04

どちらを選んでも人によって正解は異なりますが、間違っても「親が結婚を望んでるから」「もう先がなさそうだから」「まわりが結婚してるから」などという「外野の意見」をベースにしないでほしいです。

外野はそれはそれはうるさいですし、プレッシャーも半端ないですが、「彼との24時間365日の結婚生活」を実行するのは自分だけです。

だったら、自分の感情を最優先にして考えるべき

じゃないと「世間や親のために毎日イライラしながらアンハッピーな結婚生活を送る」ことになります。

「自分のお気持ち >>>>>>>>>> 親や世間が言ってくること、それによる焦り」です。

この軸だけしっかりしていれば、別れても彼を信じて結婚するのも、どっちもありだと思います。

なかには「彼に再発防止の念書を書かせて、またやらかしたら秒で別れると決めている。自分の実行力を信じてるから彼と結婚する」というツワモノもいます。

自分で納得して決めるなら、どっちの選択肢も応援します。

>>連載「でも、結婚したい。」をもっと読む

撮影(2、4、5枚目)/田所瑞穂 撮影(3枚目)/出川光 写真(トップ)/gettyimages 文/ぱぷりこ

ぱぷりこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    2. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    8. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    9. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    7. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    FBからも最新情報をお届けします。