1. Home
  2. Trend
  3. 平成最後の夏のウィッシュリスト。いくつを実現できるだろう #ねこのひげ

平成最後の夏のウィッシュリスト。いくつを実現できるだろう #ねこのひげ

ねこのひげ

20180708_nekonohige01

「ねこのひげ」。それは猫にとって、欠かせないもの。

平衡感覚を保ったり、周囲を感知したりするのに、とても大切な役割があると言われている。

当連載では、アーティストでありライターのJunko Suzukiにとっての「ねこのひげ」を紹介していきます。

シャワーを浴びて、びしょ濡れの身体をタオルで包み、扇風機のそばへ移動する。

顔からつぶつぶがどんどんと噴き出してくる。止まる気配のない汗。

夏は私にとって、油断大敵の季節。

せっかく氷水で顔を冷やしてから化粧しても、日傘をさして駅まで行って電車にたどり着くころには、髪の毛しっとりウェットアレンジ風。

いまの東京の生活にない空間に憧れている

20180708_nekonohige02

ところで、今年が「平成最後」という話を編集さんから聞いて、ハッとした7月。

最後だからといって、大きな変化があるとも思えたものではないが、いままで行った素敵な場所や、憧れの場所について思いを馳せること数十分。

暑くても、楽しければ汗との切ない関係も忘れられるはず…という小さな望みを抱いて。

あ、と思ったのが行ったことない場所「北海道」。

かれこれ3年くらい…いや、もっと長いこと、涼しい大自然に思いを馳せている。

この思いを読み解くと、北海道に特定したことではなくて、一面の自然、海でも山でも、いまの東京の生活にない空間に憧れているんだと思う。

少し前にも書いたように、ニューヨークの海辺も、行き帰りの初めてのアメリカの高速道路も、どれも鮮明に頭から離れない。

そして、5年くらい前から友人と憧れ続けているのは「ウユニ塩湖」のあるボリビア。

しかしこちらは、私が見たい水の張ったウユニ塩湖に出会えるのは雨季。ベストシーズンは1〜3月ということで、夏の行きたい場所リストからは除外。

と、ふと思い出したのは、ギリシャ。いまでこそ笑い話だが、とあるイベントで出会ったイギリス人に「僕の日本の奥さんにならないかい?」と言われた。(もちろんイエスとはお答えしていません!笑)

そのあとにお誘いを受けた場所がギリシャのビーチだったのだが、「ギリシャのビーチ」なんて日本人の私のボキャブラリーになかったのでポカーンと受け流してしまったが、あとになって調べると、行ってみたいなぁ…とじわり。

やりたいこと。行きたいところ。いくつを実現できるだろう

20180708_nekonohige03

海いいよね。

大学のときに女子ふたりでメキシコに行ったときは、ホテルがうまく予約できていないというアクシデントに見舞われ、急遽入れたバックパッカー向けの宿で、現地の猫たちとのんびり撮影をしたのがしあわせだった。

もちろん海も。

この写真2枚はそのときのもの。

高校生のころに行った金沢の海も白い砂できれいな海だったなぁ。

2015年の今治の海も、もう一度ゆっくりみたいなぁ。日の入りを拝みたいなぁ。

いやしかし、ドローン撮影できるような、広大な場所に行ってみたいというのはYouTubeの影響でしょうか。

単純ですが、一度は知りたい、やってみたい。

こうやって述べたうちのいくつが実行できるのか。

昨年から、忙しさでプライベートの旅行をあと回しにしている鈴木。

妄想止まらず、お付き合いいただきありがとうございました。

>>連載「ねこのひげ」を読む

Junko Suzuki

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    4. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 終わりはいつだって悲しい。でも、私たちには「いま」が広がっている

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. 1年でなんと3500時間! 化粧している間にスキンケアできるファンデが出るよ

    9. 復縁したことある? 忘れられない人っているよね... #女子のホンネ

    10. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 女子の8割が持つデリケートゾーンの悩み。手のひらサイズのアレが解消してくれるかも

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. 江戸時代はクリスマスカラーのリップが流行ってた! 昔の美意識どうかしてるぜ...

    5. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    6. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 好きな人からの返信、どれくらい待てる? #女子のホンネ

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. 1年でなんと3500時間! 化粧している間にスキンケアできるファンデが出るよ

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 「最近の若者は...」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    3. 懐かしみがすごい! 平成の女子高生ファッションを振り返ってみた

    4. 「私たち付き合ってるの?」な状態。経験ある? #女子のホンネ

    5. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    6. ホワイトデーのお返し問題。迷惑だったもの1位は、まさかのアレ...!

    7. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    8. 「不思議ちゃんだよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    9. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    10. セルライトぐんぐん流すぞ! お尻の穴をキュッと締めるバレエポーズ

    平成最後の夏のウィッシュリスト。いくつを実現できるだろう #ねこのひげ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More