1. Home
  2. Cosmetics
  3. ヘア・メイク
  4. 4つの影でシックな目もとを。深みと奥ゆきを演出するニュアンスシャドウ

4つの影でシックな目もとを。深みと奥ゆきを演出するニュアンスシャドウ

LS18AUTUMN_MAIN_IMAGE

京都・先斗町で雨に濡れた石畳を見たとき、うっとりしたのを覚えてる。

その石畳は所々に置かれた灯篭に照らされて、つやつやと色っぽかった。

修学旅行で来ていた私は、それを見て「大人の女性になってからまた歩きたい」と思ったんだっけ。

石畳のある情景からインスパイアされた、ルナソルの秋コスメ

そんな石畳のようなムードあふれる表情をもち、ニュアンスのある美しい影をテーマに、2018年8月17日(金)、ルナソルから新コレクションがデビューします。

インスパイアされたのは、まるで映画のワンシーンのような美しい街並みと石畳の路地。

深みあるシックな情景をメイクで表現する「憬浄化」がテーマです。

秋めいて来るたびに色を重ねたくなるニュアンスアイシャドウ

LS18AUTUMN_NUANCESHADEEYES_IMAGE-1

ルナソル ニュアンスシェイドアイズ 4種 5,000円(税抜)

絶妙な4色が石畳のように敷き詰められた「ニュアンスシェイドアイズ」は、ニュアンスのある影をきらめきで与えることにこだわった逸品。

見色よりも控えめに発色して、シックでありながらも重くならない目もとができあがります。

LS18AUTUMN_MELTINGCOLOREYES_IMAGE

ルナソル メルティングカラーアイズ 限定5種 3,000円(税抜)

境目が無いようにして作られた「メルティングカラーアイズ」は、指で2周ほどくるくる混ぜてから目もとにのばすもの。

粉っぽくない柔らかな質感で、一瞬でまぶたを秋色に染めてくれます。

上品なカラーとつやがルナソルらしい薄膜グロス

37715730_1216422845194390_6809477533193469952_nのコピー

ルナソル ディープリップグロウ 限定1色 2,500円(税抜)

乾いた石畳が雨で濡らされるとき、色か濃くなり、じんわりと内側からつやが出るように見える。そんな姿を唇で再現できるのが、「ディープリップグロウ」。

ダークブラウンのなかに、深みのあるパールを効かせ、うっすら薄い膜を張ったような質感です。

手持ちのリップに重ね塗りしてもいいけれど、単色で使って色っぽい唇にしたい。

今年の秋こそ、昔憧れた大人の女性になりたいと思う。ルナソルのコスメを味方につけて、濡れた石畳を歩きたい。

撮影(5枚目)/グリッティ編集部

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    2. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    8. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    9. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    7. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    4つの影でシックな目もとを。深みと奥ゆきを演出するニュアンスシャドウ

    FBからも最新情報をお届けします。