1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

10,000

20180731_lioness

生理よりも話しにくい、女子のマスターベーションに関するあれこれ。

そんなタブーを打ち破る、世界初のバイブレーション & アプリが、いま海外で注目されています。

オーガズムの感度をトラッキングできるアプリ

Lionessさん(@lionesshealth)がシェアした投稿 -

女子のためのFitbitとして、海外の雑誌でもこぞって取り上げられているLioness

体にやさしい100%オーガニックの素材から作られたバイブレーターです。

さらに、スマホにダウンロードしたアプリと連動して、オーガズムの感度をトラッキングしてくれます。

Lionessさん(@lionesshealth)がシェアした投稿 -

毎回のオーガズムのパターンを、時間や満足度、その日の体調などから総合的に分析。

どうすればより気持ちのいいオーガズムを体験できるのかを、アドバイスしてくれるとのこと。

目的は女子が快楽をコントロールできるようになること

Lionessさん(@lionesshealth)がシェアした投稿 -

これまでになかったような方法で、女子が自分の快楽をコントロールすることを目的に開発されました。

Malanbさん(@heavyonfashion)がシェアした投稿 -

スマホの画面にオーガズムの感度が折れ線グラフで表示されるのがおもしろい!

パッケージもデザイン性が高いので、女子のセックスグッズに対するマイナスなイメージも払拭されそう。

女子のセックスやマスターベーションへのモヤモヤを解決したい

LionessのファウンダーであるLiz Klinger(リズ・クリンガー)。

彼女はとても保守的な中西部出身で、セックスに関する話題は幼いころからタブー、という環境で育ったのだそう。

20代の半ば、世界中の女性にセックスグッズを販売する仕事をしていたときに、「セックスやマスターベーションに関する疑問を悶々と抱えているのは自分ひとりじゃない」ってことに気がついたの。

このじれったい現状を解決するためには、女子がアクセスしやすいツールが必要。そう感じてLionessを立ち上げたのよ。

と、その経緯を語っています。

女子の性への理解は、80年代から何も変わっていない?

Lionessさん(@lionesshealth)がシェアした投稿 -

Lionessのリサーチによると、女性の性に関する社会の理解度は、1980年から少しも進歩していないとのこと。

2018年になっても、堂々とセックス、とくに女子のマスターベーションについては、触れてはならない雰囲気が漂っているのを実感します。

どこか「卑猥…」と認識されてしまう女子のマスターベーション。

だけど、Lionessが突破口となって、もっと赤裸々に本音を語り合うことができそうです。

「女子だって性欲あるのが当たり前。マスターベーションしたっていいじゃん!」という明るいノリが、これからは必要な気がします。

Lioness

写真/gettyimages

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    2. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    8. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    9. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    7. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ