1. Home
  2. Trend
  3. SNS
  4. カイリー・ジェンナーが最も成功した女性起業家に。自分で稼ぐのってやっぱりかっこいい

カイリー・ジェンナーが最も成功した女性起業家に。自分で稼ぐのってやっぱりかっこいい

経済誌『Forbes(フォーブス)』の表紙に、Kylie Jenner(カイリー・ジェンナー)が登場しました。

カイリーのコスメブランドの売り上げが1千億円に!

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 -

この意外な組み合わせに、カイリー自身も「信じられないわ」とInstagramでコメントしています。

今回のフォーブス誌は、「America’s Richest Self-Made Women(もっとも自力で富を築いたアメリカ女性ランキング)」特別号

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 -

カイリーがその表紙になった理由は、自社の「カイリーコスメティックス」の価値が9億ドル(約1千億円)となり、わずか20歳でランキング入りしたからなのです。

フォーブス誌によると、従業員も資本金もなしの「カイリーコスメティックス」は、なんとカイリーひとりが所有している、という驚くべきサクセスストーリー!

セレブ度 & SNSを最大に活用して自分で稼ぐ

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 -

カイリーといえば、もともと資産家の家に生まれたという恵まれた環境はあります。

おまけにお姉さんたちが、すごい面々。

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 -

実妹にモデルのケンダル・ジェンナー、そしてキムとクロエとコートニーのカーダシアン姉妹はカイリーの異父姉なんですから。

ビジネスでもプライベートでも、超セレブで何百万人というフォロワーを持つ姉たちからのアドバイスがきっとあったはず。

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 -

それでもSNSを駆使したマーケティングで、会社を起こしてわずか2年ほどでここまで登りつめたのは、カイリー自身のセルフプロデュースの才能によるものでしょう。

もちろん、製品が多くの人たちに支持されるクオリティであることも大事です。

性別にかかわらず、自分にあるものや使えるツールを最大に活用して、自分のお金は自分で稼ぐのがどんどん当たり前になっている次世代の頼もしさを感じました。

Forbes

写真/gettyimages

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    2. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    8. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    9. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    7. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    カイリー・ジェンナーが最も成功した女性起業家に。自分で稼ぐのってやっぱりかっこいい

    FBからも最新情報をお届けします。