1. Home
  2. Trend
  3. 雑貨
  4. 普段使いしたいかわいさ。進化系エコバッグで地球にやさしくショッピング

普段使いしたいかわいさ。進化系エコバッグで地球にやさしくショッピング

世界でも有数のエコ大国、オーストラリア。

6月からは、大手二大スーパーが買い物用のプラスチック袋を一斉に廃止へ

エコへの情熱がますますヒートアップしてきています。

ビニール袋の代わりにエコバッグを使おう

オーストラリアでいまアツい「プラスチック廃止運動」。

使い捨てのプラスチック袋を止めて、自分のリュックサックやカバンで代替しようというムーヴメントです。

その流れ合わせて、普段使いできるようなキュートなエコバッグが続々と登場しています。

スーパーマーケットの「Woolworths」や「Coles」では、ユーモアあふれるオリジナルのエコバッグが人気。

アボカドにくだもの…。ユーモアあるデザインがたくさん

@fat2fitaussiechickがシェアした投稿 -

「Woolworths」の今季のエコバッグはアボカドがテーマ。シーズンごとにデザインも変わるのでコレクションするのが楽しい。

「Harris Farm Markets」からはトート風のエコバッグ。白地のキャンパスに散らばった野菜やくだもののアイテムが良い味を出しています。

Sacked Storeさん(@sackedstore)がシェアした投稿 -

網目状のエコバッグも。直接パンや野菜を入れてもOK!

Maxieさん(@maxiethegumtreecat)がシェアした投稿 -

私のバッグはあなたのよりイケてる!

R Dela Rosa Yoonさん(@linkednwired)がシェアした投稿 -

出かける前に私を必ず連れてって。

などのユーモアあふれるロゴが。

オーストラリアらしく、カンガルーがデザインされたエコバッグ。「BYO」とは「Bring Your Own(自分の分は自分で持ってきて)」という意味です。

リーズナブルだからガシガシ使える!

どのエコバッグもデザイン性が高く、ちょっとしたサブバッグとしても使えそう

水に濡れてもOKなので、私はヨガやジム用バッグとしても重宝しています。

どれもだいたい1〜2ドル(90〜150円)ほどで買える手軽さがうれしい。気に入ったものは気兼ねなく、どんどん大人買いできちゃいます。

「いかにプラスチックを使わずに生活できるか」を競うイベントも

オーストラリアでは、7月はちょうどプラスチック廃止を訴える「Plastic Free July」の真最中

スーパーや道端で、「どれだけプラスチックを普段の生活から取り除けるか」を競うイベントが開催されていて、子どもから大人まで大盛り上がりを見せています。

これからどんどん増えていきそうなエコグッズ。

毎日の生活に取り入れることで環境にもやさしくなれるし、カラフルなエコバッグは持っているだけでテンションが上がります。

PLASTIC FREE JULY

写真/Shutterstock

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    2. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    3. ファッショニスタに学ぶ、セットアップをさらっと着こなすテクニック

    4. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    5. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    9. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    8. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    9. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    10. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    4. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    9. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    10. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方

    普段使いしたいかわいさ。進化系エコバッグで地球にやさしくショッピング

    FBからも最新情報をお届けします。