1. Home
  2. Fashion
  3. 意外とありかも! パーティドレスを活用した「ちょっとそこまでコーデ」

意外とありかも! パーティドレスを活用した「ちょっとそこまでコーデ」

1,451

20180720_dress

友人の結婚式やちょっとした食事会などで必須なパーティ用のドレス

だけど普段使いするには派手すぎて、いつもはひたすらタンスのなかに潜んでいます…。

そんなドレスをデイリーに着こなすのが上手なのがパリジェンヌ。

近所に出かけるくらいの"ちょっとそこまでコーデ"のアレンジが得意なのです。

実用性のあるかごバッグで親しみやすく

LAMIA LAGHA ?さん(@lamialand)がシェアした投稿 -

ドレスのカジュアルダウンにひと役買ってくれるのが、大き目のかごバッグ。生活感のあるアイテムをプラスすることで、きれいめドレスも親しみやすくなります。

実際、パリジェンヌには買い物やピクニックにかごバッグを愛用している人がたくさん

おしゃれなだけでなく、丈夫で実用性もあるかごバッグは、季節を問わず使われているアイテムなのです。

Tシャツをインするだけでカジュアルに

背中がざっくりと開いたデザインのドレスなら、インナーTシャツを着てデイリー仕様に

カジュアルなソール厚めのスニーカーと合わせれば、きれいめ × スポーティのミックスコーデが完成。

一見、正反対のテイストのアイテムを合わせることで、絶妙なバランス感になります。

肌見えのバランスはアイテムで足し引きする

Byblondie️aixさん(@byblondieaix)がシェアした投稿 -

サイドに大きくスリットの入ったセクシードレスには、マスキュリンなアイテムを合わせて

Gジャンやミリタリージャケット、シャツを羽織れば、目に見えるドレスの面積も少なくなるので、デイリーに取り入れやすくなります。

メガネやスニーカーもカジュアルダウンに最適です。

ハイカットスニーカーで足もとはとことんラフに

AMMさん(@audreymichaudmissegue)がシェアした投稿 -

夏らしいホワイトのロングドレスには、ハイカットスニーカーでラフな要素をプラス。足もとはブラックで引き締めます。

フェミニン × マスキュリンなアイテムコーデは、パリでよく見る組み合わせ。難しいテクニックなしでこなれ感も出るし、コーディネートのバリエーションも増えます。

パリジェンヌはバランスの計算が得意

露出度の高いドレスにはカジュアルなアイテムをプラスしたり、レディな雰囲気のドレスにはマスキュリンなアイテムを投入したり…。

全体のバランスを見て足し引きすることで、かんたんに"ちょっとそこまでコーデ"が完成します。

また、パリジェンヌは普段ヌーディなメイクで済ませる人が多いので、ファッションでメリハリをつけることも欠かせないポイントなようです。

写真/Shutterstock

ELIE INOUE

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    9. イテテ...。生理痛で眠れない夜は、膝を抱えると良いみたい

    10. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    1. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    5. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    意外とありかも! パーティドレスを活用した「ちょっとそこまでコーデ」

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More