1. Home
  2. Fashion
  3. 「どうしてアジア人は眼鏡のおしゃれが上手なの?」がサンフランシスコで話題

「どうしてアジア人は眼鏡のおしゃれが上手なの?」がサンフランシスコで話題

1,628

20180609_roundglasses

移民大国・アメリカのなかでも、とくにアジア人口が多いサンフランシスコ。

最近、「なんでアジアンのファッショニスタは眼鏡のおしゃれが得意なの?」とよく聞かれるので、よくよくストリートウォッチングしてみると...たしかに!

そんなアジアンファッショニスタたちの眼鏡スタイルをリポートします。

丸眼鏡がとにかく似合うアジアのファッショニスタ

IAMALEXFINCHさん(@iamalexfinch)がシェアした投稿 -

丸眼鏡を使ったスタイルがとにかく上手なアジアンファッショニスタたち。

サンフランシスコで友人が主催したパーティでも、丸眼鏡で目立っていたアジアン女子が数人。

さっそく気になったひとりに話しかけてみました。

한으뜸さん(@haneuddeum)がシェアした投稿 -

「丸眼鏡だけでも3つ持っているわ」

と話してくれた彼女はケイト。29歳の韓国人です。

ソウルで大学を卒業後、大学院でアメリカにきてからもう7年。

いまはサンフランシスコでファッションサイトの立ち上げをしているのだそう。

「アジア人に似合うファッションをしなきゃ損よ」

IAMALEXFINCHさん(@iamalexfinch)がシェアした投稿 -

「アメリカに来た当初は、白人の着こなす欧米スタイルに憧れて、アメリカンになりきっていた。でもね、やっぱり自分はアジア人。似合うものが違うって気づいたの」

そう言いながら、いままでの自身のファッション遍歴をスマホで見せてくれたケイト。

話していたとおり、アメリカに来たばかりの彼女は、髪をブロンドに染めて、思いっきりカリフォルニアンなスタイルでした。

IAMALEXFINCHさん(@iamalexfinch)がシェアした投稿 -

いまでは自分に本当に似合うものを選ぶようになり、どんどんファッションが楽しくなったとのこと。

「白人の友だちに『ケイトは人と違うスタイルでかっこいいわ』と言われたとき、本当にうれしかったの。以前は欧米スタイルを追いかけてばかりだったけど、アジアンに似合うファッションをしなきゃ損よ!」

アジア人が丸眼鏡が似合う理由は...

IAMALEXFINCHさん(@iamalexfinch)がシェアした投稿 -

どちらかといえば、単純なトレンドを追いかける欧米ファッションに比べて、細かいアイテムにまでこだわるアジアンファッション。

サンフランシスコで見かけるアジアンのトレンドの取り入れかたが上手だと感じるのは、トレンドをそのまま追うのではなく、小物などの細かいところまで気を遣い、自分流に着こなそうと努力している人が多いからだと思います。

だからこそ、丸眼鏡ひとつにしても、自分なりのスタイルを持っている。

そんな彼女たちを見習って、欧米化しつつあった私のファッションも最近変わりました。

いつも手を抜かない、スタイルの細かさ。これこそがアジアンスタイル。

この夏は、私も欧米化ならぬ「アジア化」を目指します。

写真/Shutterstock

フレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 出血したり、13時間ブリーチしたり。キムの美容法がとにかくすごかった

    2. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    3. ガールズパワー炸裂。生理をテーマにしたシンクロがなんかリアル

    4. お絵描きみたいにメイクする。秋のツヤ肌を作るLUSHのマルチスティック

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 自分の胸のなかでは、大きくなる必要も、よく見せる必要もない #ねこのひげ

    8. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    9. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    10. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    3. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 出血したり、13時間ブリーチしたり。キムの美容法がとにかくすごかった

    6. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    7. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    10. ガールズパワー炸裂。生理をテーマにしたシンクロがなんかリアル

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    5. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    9. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    10. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    「どうしてアジア人は眼鏡のおしゃれが上手なの?」がサンフランシスコで話題

    FBからも最新情報をお届けします。