1. Home
  2. Trend
  3. SNS
  4. かっこ悪くても、一生懸命になることって、本当に楽しい! #ねこのひげ

かっこ悪くても、一生懸命になることって、本当に楽しい! #ねこのひげ

ねこのひげ

20180610_nekonohige01

「ねこのひげ」。それは猫にとって、欠かせないもの。

平衡感覚を保ったり、周囲を感知したりするのに、とても大切な役割があると言われている。

当連載では、アーティストでありライターのJunko Suzukiにとっての「ねこのひげ」を紹介していきます。

髪の毛の色は自由奔放にもかかわらず、根は真面目らしい。

いまだに苦手なのが、自分の体力との付き合いかた

自分にとっての当たり前と普通が、もしかしたら他者にとってtoo muchなのかも? ということを初めて感じたのは、高校生くらい。

美術大学受験予備校に通い始め、浪人しても、見事に1日もサボらなかった私。

ある日、風邪をこじらせたのか、突然始まった40度近い熱が下がらなくなり、年末に初めて入院した。

ただのストレス過労熱だったらしい。

他者だけではなく、自分にもtoo muchだったマネージメント。

それから10年以上経っても、いまだに自分の体力とうまーく付き合えないところはボチボチ改善していきたいところですが(反省。Instagramをご参照ください...)、忙しくても忘れてしまうくらい楽しかったり、実現したくなることもあったりする。

一生懸命丸出しの撮影、してきました

20180610_nekonohige02

そんな私の2018年の誕生日は終日撮影日でした!

今回の撮影は、ついうっかりいろいろ忘れてしまった仕事。久しぶりに撮影ディレクションのお仕事をいただいて、ウキウキだったの、きっと。

私もモデルとして登場し、スタイリングもさせていただきました!

メイン商品は 「クロックス」のレディースサンダル、夏のキャンペーンです。

20180610_nekonohige03

撮影前にランチを買いに出かける際のオフショット

なんと浴衣と合わせたお写真。

というのも、2018年7月1日(日)から始まる「#浴衣クロックス」というファッションコンテストのキャンペーンのイメージを担当させていただきました。

私は、和装のスタイリングはただの素人、良くいうと新米さん。

なので、着物家の伊藤仁美さんに監修していただきつつ、一生懸命丸出しの撮影。かっこ悪くても、一生懸命にならないとできないようなことって、本当に楽しくって、ついつい時間を忘れちゃう。

今回の撮影のリリースは6月末とのこと。

私のInstagramはもちろんですが、モデルで登場してくれた本山順子ちゃん持永真実ちゃんのinstagramもチェックしてみてください。

ということで、2018年の目標「楽しむ」に、「健康管理」と「体力強化」を追加していくことに決めました。

お仕事 どんとこい!! キリッ。

>>連載「ねこのひげ」を読む

Junko Suzuki

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 出血したり、13時間ブリーチしたり。キムの美容法がとにかくすごかった

    2. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    3. ガールズパワー炸裂。生理をテーマにしたシンクロがなんかリアル

    4. お絵描きみたいにメイクする。秋のツヤ肌を作るLUSHのマルチスティック

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 自分の胸のなかでは、大きくなる必要も、よく見せる必要もない #ねこのひげ

    8. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    9. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    10. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    3. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 出血したり、13時間ブリーチしたり。キムの美容法がとにかくすごかった

    6. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    7. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    10. ガールズパワー炸裂。生理をテーマにしたシンクロがなんかリアル

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    5. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    9. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    10. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    かっこ悪くても、一生懸命になることって、本当に楽しい! #ねこのひげ

    FBからも最新情報をお届けします。