1. Home
  2. Trend
  3. 映画
  4. 吉沢亮がネコになったら…。飼いたすぎる

吉沢亮がネコになったら…。飼いたすぎる

20180606_neko02

なりたい自分になれてる?

そう聞かれたとき、すぐに「うん」と答えられない自分がいます。

本当はもっとヤセたいし、やりがいのある仕事がしたいし、自分を好きになりたい。

そんな、「なりたい自分」と「現実の自分」との間にずれを感じている人の胸に刺さるのが2018年6月23日(土)から全国で放映される『猫は抱くもの』です。

アラサー女性と、自分を人間だと思い込んでいる猫の物語

主人公は、アラサー女性・沙織(さおり)。

かつては売れないアイドルグループの一員だったものの夢破れて、いまでは田舎町のスーパーで働いています。

そんな沙織が唯一心を許せるのが、ロシアンブルーのオス猫・良男(よしお)。

自分のことを人間の男だと思い込む良男と、人生に投げやりになっていた沙織との、ひとりと1匹の再生の物語です。

沢尻エリカ「出演はほぼ即決」

20180606_neko03

沙織を演じるのは、沢尻エリカさん。そして、擬人化した猫である良男を演じるのは、吉沢亮さん。

6月5日におこなわれた完成披露試写会では、犬童一心監督とコムアイ(水曜日のカンパネラ)さんとともに舞台挨拶に登場し、本作への思いを語ってくれました。

沢尻さん「 (オファーを受けて)もうほぼ即決。猫と元アイドルという組み合わせが新鮮だし、おもしろそうだったのでフィーリングで選びました。

それに、以前日本アカデミー賞授賞式のときに、犬童監督が私のところにご挨拶に来てくださったことをよく覚えていたんです。すごくチャーミングな方だったなって」

本作の設定のおもしろさはもちろんのこと、犬童監督の人柄にも惹かれたという沢尻さん。

欲しかったのは、野蛮なパワー

20180606_neko01

一方の犬童監督も、以前から沢尻さんに注目していたようです。

犬童監督「以前から沢尻さんのことは尊敬してたんですが、『ヘルタースケルター』を観て、ぜひ自分の作品に出てほしいと思いました。

地味な沙織を沢尻さんが演じるのって新鮮だし、沢尻さんが持つ野蛮とも言えるような強いパワーとぶつかることで、大きなグルーヴを生み出したかった」

本作の映画化が決まったとき、出演者としていちばんに名前が挙がったのが沢尻さんだったとのこと。

犬童監督がいかに沢尻さんの才能に惚れ込んでいたのかが分かります。

吉沢亮が猫になったらしたいこと「せっかくなので女性と...」

20180606_neko05

また、本作の見どころのひとつが、動物である猫を、人間がいかに演じるかという点。

良男を演じる吉沢さんに、役作りについて聞いてみると、

吉沢さん「犬童監督がすごく猫愛が強い方なので、細かい仕草や動きまでいろいろ指導していただきました。

たとえば作品序盤にある、良男が沙織にお腹を撫でられている途中に、いきなりバーっと走り出すシーンは監督の発想。監督いわく、猫は撫でられすぎて気持ちよくなりすぎると嫌がるらしい。そういうところまで知っているのは、猫を飼っている人ならではですよね」

とのこと。

20180606_neko04

また、猫になったら何してみたい? という質問には、

吉沢さん「せっかくなら猫だから許されることがいいですね。女性と密着したりね...(笑)。あとは、割ったら良い音しそうな花瓶とかを壊したい」

と、密かな願望を答えてくれました。

ひとりの人間が、自身のありかたや未来に悩んで一歩を踏み出すまでの過程を描いた本作。

それは、決して他人には見せることはない、だけど誰もが経験したことある人生の一部分。

等身大の沙織とその相棒である良男の姿が、きっと背中を押してくれるはずです。

猫は抱くもの

6月23日(土)より新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー

©2018『猫は抱くもの』製作委員会

出演:沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、岩松了

取材・撮影/グリッティ編集部

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    2. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. ダサい? むしろイケてる。ウエストバッグのコーデ術

    5. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    6. 彼の誕生日を祝いたい。だから新幹線に飛び乗った #終電と私

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    9. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    10. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    吉沢亮がネコになったら…。飼いたすぎる

    FBからも最新情報をお届けします。