1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. 女子の団結力ってすごい。「生理の日」に世界で起こったムーヴメント

女子の団結力ってすごい。「生理の日」に世界で起こったムーヴメント

1,456

20180605_period

毎年5月28日は、Menstrual Hygiene Day(生理衛生の日)

今年も、女子の生理に関するイベントが世界各地で開かれました。

年に一度の生理の日。世界中で生理についてじっくり考える

生理に対する偏見や誤解を取り払い、正しい理解と知識を深めることを目的とした「Menstrual Hygiene Day」。

ドイツに拠点を構える「Wash United」が、4年前にスタートさせたものです。

2018年のテーマは「No More Limits (制限を取り払う)」

ハッシュタグにして、生理のあれこれについて赤裸々に語るイベントがSNS上でシェアされ、大きな盛り上がりを見せていました。

アフリカで生理の授業。月経カップの使い方までレクチャー

生理についての教育が遅れているアフリカでは、各学校でティーンの少女たちを対象に勉強会を実施

生理用ショーツや月経カップについての使いかたも、しっかりレクチャーされました。

Preciousさん(@preshavtadak)がシェアした投稿 -

女生徒全員に生理ナプキンのプレゼントも。

「恥ずかしい」と感じながらも、みんな表情は真剣。

生理に対する思いは、国籍問わず、すべての女子に共通のようです。

生理用品が買えるのは当たり前じゃなかった

Katy Lindquistさん(@lindquistkaty)がシェアした投稿 -

また、世界中から集まったボランティアの女性スタッフたちが、アフリカやアジアの発展途上地域を回って、生理用ナプキンやタンポンを配布しました。

SHARPさん(@sharpitt)がシェアした投稿 -

まだまだ世界には、生理用品へのアクセスが容易ではない場所が存在するのです。

生理用品を買うことは当たり前のように思っていたけれど、じつは"贅沢品"だったなんて…。

タンポン税に抗議するイベントも開催

Regel.rechtさん(@regel.recht)がシェアした投稿 -

以前グリッティでも紹介した、「Period Poverty(生理の貧困)」やタンポン税に対するイベントも発見しました。

Tsunoさん(@_tsuno_)がシェアした投稿 -

日本女子からすると、どこか遠い国の話のように感じるけれど、これは世界で実際に起きていること。

女子として、知っておきたい事実だと改めて実感します。

ちなみに、5月28日が「Menstrual Hygiene Day」に選ばれた理由は、女子の平均的な生理期間は5日、生理周期は28日だからなのだそう!

なかなか洒落ています。

日本にもムーヴメントがやってくるかも!

「Menstrual Hygiene Day」がスタートしてまだ4年ほどだけど、2017年には500以上の団体がイベントを開催し、その数はどんどん増えてきているとのこと。

まだまだインドやアフリカ、ヨーロッパやアメリカが中心だけれど、今年は日本から近い台湾や中国でもイベントが開催されていました。

生理の沈黙とタブーを破ろうとするムーヴメントは、いま世界で確実に高まってきています。

近い将来、日本で「Menstrual Hygiene Day」がメディアで大きく取り上げられる日が待ち遠しいです。

Menstrual Hygiene Day

写真/Shutterstock

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    2. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 彼の誕生日を祝いたい。だから新幹線に飛び乗った #終電と私

    5. ダサい? むしろイケてる。ウエストバッグのコーデ術

    6. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    9. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    10. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    9. 「価値観の違い」って結局なに? 東京の男女に聞いた、別れた本当のワケ

    10. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    8. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    9. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    女子の団結力ってすごい。「生理の日」に世界で起こったムーヴメント

    FBからも最新情報をお届けします。