1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. 女子の団結力ってすごい。「生理の日」に世界で起こったムーヴメント

女子の団結力ってすごい。「生理の日」に世界で起こったムーヴメント

1,549

20180605_period

毎年5月28日は、Menstrual Hygiene Day(生理衛生の日)

今年も、女子の生理に関するイベントが世界各地で開かれました。

年に一度の生理の日。世界中で生理についてじっくり考える

生理に対する偏見や誤解を取り払い、正しい理解と知識を深めることを目的とした「Menstrual Hygiene Day」。

ドイツに拠点を構える「Wash United」が、4年前にスタートさせたものです。

2018年のテーマは「No More Limits (制限を取り払う)」

ハッシュタグにして、生理のあれこれについて赤裸々に語るイベントがSNS上でシェアされ、大きな盛り上がりを見せていました。

アフリカで生理の授業。月経カップの使い方までレクチャー

生理についての教育が遅れているアフリカでは、各学校でティーンの少女たちを対象に勉強会を実施

生理用ショーツや月経カップについての使いかたも、しっかりレクチャーされました。

Preciousさん(@preshavtadak)がシェアした投稿 -

女生徒全員に生理ナプキンのプレゼントも。

「恥ずかしい」と感じながらも、みんな表情は真剣。

生理に対する思いは、国籍問わず、すべての女子に共通のようです。

生理用品が買えるのは当たり前じゃなかった

Katy Lindquistさん(@lindquistkaty)がシェアした投稿 -

また、世界中から集まったボランティアの女性スタッフたちが、アフリカやアジアの発展途上地域を回って、生理用ナプキンやタンポンを配布しました。

SHARPさん(@sharpitt)がシェアした投稿 -

まだまだ世界には、生理用品へのアクセスが容易ではない場所が存在するのです。

生理用品を買うことは当たり前のように思っていたけれど、じつは"贅沢品"だったなんて…。

タンポン税に抗議するイベントも開催

Regel.rechtさん(@regel.recht)がシェアした投稿 -

以前グリッティでも紹介した、「Period Poverty(生理の貧困)」やタンポン税に対するイベントも発見しました。

Tsunoさん(@_tsuno_)がシェアした投稿 -

日本女子からすると、どこか遠い国の話のように感じるけれど、これは世界で実際に起きていること。

女子として、知っておきたい事実だと改めて実感します。

ちなみに、5月28日が「Menstrual Hygiene Day」に選ばれた理由は、女子の平均的な生理期間は5日、生理周期は28日だからなのだそう!

なかなか洒落ています。

日本にもムーヴメントがやってくるかも!

「Menstrual Hygiene Day」がスタートしてまだ4年ほどだけど、2017年には500以上の団体がイベントを開催し、その数はどんどん増えてきているとのこと。

まだまだインドやアフリカ、ヨーロッパやアメリカが中心だけれど、今年は日本から近い台湾や中国でもイベントが開催されていました。

生理の沈黙とタブーを破ろうとするムーヴメントは、いま世界で確実に高まってきています。

近い将来、日本で「Menstrual Hygiene Day」がメディアで大きく取り上げられる日が待ち遠しいです。

Menstrual Hygiene Day

写真/Shutterstock

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    2. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    3. ファッショニスタに学ぶ、セットアップをさらっと着こなすテクニック

    4. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    5. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    9. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    8. 毎日、髪の毛洗ってる? #女子のホンネ

    9. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    10. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    4. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    9. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    10. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方

    女子の団結力ってすごい。「生理の日」に世界で起こったムーヴメント

    FBからも最新情報をお届けします。