1. Home
  2. Cosmetics
  3. スキンケア
  4. しわやシミすら愛おしい。美容界が「エイジングは悪いことじゃない」って宣言した

しわやシミすら愛おしい。美容界が「エイジングは悪いことじゃない」って宣言した

20180619_beauty

日本では、いつまでも若い容姿でいることを"美しい"とする傾向があります。

ところが、自然体に生きることをモットーとするオージーガールたちに、「日本では女性は若く見えれば見えるほど、良しとされるんだよ」という話をすると、

「女性にはみんな年相応の美しさがあるのに。ティーンみたいな容姿にいつまでも憧れるの?」

と驚かれることもしばしば。

海外では日本とは逆に、「アンチエイジング」という言葉を禁止しようとするムーヴメントが起きているのです。

アンチエイジングへの極端なアプローチは健康に悪影響

イギリスの「The RSPH(Royal Society for Public Health, Vision, Voice and Practice)」は、エイジングを極端に否定しながら生活していると、健康上に悪影響を与えてしまう、と発表しました。

「年齢を重ねていくことをマイナスにとらえ、どうにかして抑えようとする極端なアプローチは、女性に過度なプレッシャーや恐怖感を与えてしまう」

と専門家は指摘しています。

ショック! 24%の女性が「年を重ねた女性は魅力がない」と回答

調査によれば、エイジングに対するプレッシャーを感じている男性が23%なのに対し、女性はその倍以上の49%。

さらに、18〜34歳の女性の24%は「年を重ねた女性は魅力がない」と答えていることも判明! これはかなりショックな結果です...。

いたるところで目にする「アンチエイジング」という言葉のせいで、知らない間に「いつまでもフレッシュな若さをキープしなきゃ」と思い込んでしまっているみたい。

雑誌やドラッグストアから「アンチエイジング」の言葉が消える

そんななか、2017年9月に美容雑誌「Allure」は、誌面で今後「アンチエイジング」という言葉を使用しないことを決定しました。

また、2018年6月には、大型ドラッグストア「Superdrug」や「Boots」が、エイジングケアアイテムを紹介するときには、「より活き活きした素肌に導くためのクリーム」などといった表現を使用することを公に宣言したばかり。

エイジングをポジティヴにとらえようとする流れは、確実に広まっています。

少しくらいのしわも受け入れられる余裕がほしい

若く見えることが女性としてのよろこび、みたいな雰囲気がこれまでずっとあったけど、必要以上に神経質になって、必死に若さをキープしようとするのには疑問…。

少しくらいのしわやシミも、大人になった証として堂々と受け入れる余裕を身に着けたい。

エイジングは自然なプロセス。決して、悪いことじゃない。

アンチエイジングコスメばかりを取り入れていた自分のスキンケアを、いま一度見直そうと思います。

tendaily, METRO

写真/gettyimages

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    2. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    8. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    9. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    7. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    しわやシミすら愛おしい。美容界が「エイジングは悪いことじゃない」って宣言した

    FBからも最新情報をお届けします。