1. Home
  2. Trend
  3. 雑貨
  4. むしろ女の子の日が楽しみ。毎月届くカラフルな生理用品ボックス

むしろ女の子の日が楽しみ。毎月届くカラフルな生理用品ボックス

6,243

20180531_period

生理の日が、むしろウキウキ待ち遠しくなる。

そんなキュートな生理アイテムを詰め合わせた宅配ボックスが、海外で話題です。

気分を上げてくれる生理アイテムが毎月届くサービス

アメリカをベースとする「The Period Story」が提供しているのが、生理アイテムの宅配サービス

オンラインストアにあるさまざまなブランドのタンポンやナプキンのなかから、毎月気になるものをピックアップすると、生理が始まる前に自宅まで届けてくれます。

オーガニックから漢方入りまで。いろいろなナプキンを選べる

「The Period Story」のオンラインストアで選べる生理アイテムは、種類と数がとにかく豊富!

私が普段使っている「KOTEX」のナプキンシリーズはもちろんのこと、最近周りのオージーガールズが注目しているオーガニックのナプキン、ヨモギやトウキなどの漢方が配合された韓国の「YEJIMIIN」のナプキンなど、ラインナップがすごく豪華なのには驚きです。

また、自分が選んだアイテムのほか、生理中に欠かせないチョコレートとティーパックも、おまけとしてついてきます。

カラフルな生理アイテムで目から楽しめる

さらに、生理中のイライラした気分をリラックスさせてくれるアロマキャンドルやボディミストも

生理中の敏感な肌にも使える「JADE & PEARL」のオーガニックスポンジや、癒し効果抜群の「SISTER BLISS」のルームスプレーなど、話題のアイテムを押さえているところもさすがです。

The Period Storeさん(@theperiodstore)がシェアした投稿 -

個人的には、経血をきれいに洗い流せる「BUNCHA FARMERS」のステインリムーバーが気になりました。

海外の生理アイテムって、パッケージがカラフルなので見ていて楽しい。サイトを眺めているだけでもテンションが上がります。

クリエイティヴな女性コンビが発案

2010年に、イラストレーターのAshley Seil Smith(アシュレイ・セイル・スミス)と、ヘアスタイリストのRubi Jones(ルビ・ショーンズ)ふたりの女性が発案した「The Period Story」

honest discussion with other women about being a woman.(いろいろな女性と「女であること」について正直に話し合う)」ことを重ねて、数年後に満を持してローンチしたのだそう。

センスがあふれるボックスとポストカード

クリエイティヴな世界で活躍するふたりのアイデアだけあって、ボックスのデザインや入っているポストカードもセンス抜群。そのまま部屋に飾っておきたくなります。

プレゼント感覚で生理アイテムが届くのって、これまでになかったアイデアでおもしろい。

いまはまだ海外限定のサービスだけど、いずれ日本にも配達可能になれば、ぜひオーダーしてみたい!

The Period Story

写真/Shutterstock

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 出血したり、13時間ブリーチしたり。キムの美容法がとにかくすごかった

    2. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    3. ガールズパワー炸裂。生理をテーマにしたシンクロがなんかリアル

    4. お絵描きみたいにメイクする。秋のツヤ肌を作るLUSHのマルチスティック

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 自分の胸のなかでは、大きくなる必要も、よく見せる必要もない #ねこのひげ

    8. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    9. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    10. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    3. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 出血したり、13時間ブリーチしたり。キムの美容法がとにかくすごかった

    6. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    7. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    10. ガールズパワー炸裂。生理をテーマにしたシンクロがなんかリアル

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    5. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    9. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    10. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    むしろ女の子の日が楽しみ。毎月届くカラフルな生理用品ボックス

    FBからも最新情報をお届けします。