1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. 衝撃...。生理用品をTシャツや靴下で代用している女性がいる

衝撃...。生理用品をTシャツや靴下で代用している女性がいる

20,552

20180519_period

生理がやってくるたびに、当たり前のように使っているナプキンやタンポン

だけど、世界には経済的に余裕がないために生理用品を買うことができない女性たちが存在します。

そんな「Period Poverty(生理の貧困)」に苦しむ仲間を助けようとするムーヴメントが、いま大きな注目を集めています。

「生理用品を買う余裕がない」5人に1人が経験

Katie Edmundsさん(@katie_edmundsss)がシェアした投稿 -

スコットランドの女性の権利と独立をサポートする「Women for Independence」が、1000人以上の女性を対象におこなったリサーチによると、約5人に1人が「生理用品を買う経済的余裕がなかった経験がある」とのこと。

ナプキンやタンポンの代わりに、なんとトイレットペーパーやTシャツ、靴下でカバーしていた(している)のだそう。

なかには、「新聞紙(!)に経血を吸い込ませていた」という回答まであり、とても衝撃的です。

Lauren Eveさん(@killingvenusblog)がシェアした投稿 -

さらに、22%の女性が「経済的なことを考えて、そんなに頻繁に生理用品を交換できない」と話しており、生理用品を長時間使い続けた結果、11%がヴァギナの肌荒れや尿道の感染症にかかったと告白しています。

毎月の生理用品にかかる費用は約1,600円

WE ARE GIRLSさん(@thewearegirls)がシェアした投稿 -

毎月の生理用品にかかる費用は、およそ日本円で1,600円前後言われており、一生のうちに経験する生理の回数に換算すると、その額は数十万円。

日本で恵まれた生活を送る女性にはそれほど大きな金額ではありません。

だけど、世界には、毎月の生理用品を買うことが難しい女性たちがいるという現実があります。

生理のしんどさや不快感、不安定でイライラしてしまう気持ちが理解できるからこそ、「生理用品に手が届かない」という状況はつらい…。

ナプキンやタンポンを詰め込んだピンク色の小箱で女性をサポート

WE ARE GIRLSさん(@thewearegirls)がシェアした投稿 -

そんな「Period Poverty」に苦しむ女性をサポートしようと、2018年2月にアメリカで立ち上げられたのが「Pink Packets」

その名の通り「Pink Packets(ピンク色の小箱)」と書かれたボックスに、寄付されたナプキンやタンポンをたっぷり詰め込んで、生理用品不足に困っている女性たちに届ける活動をしています。

アメリカ全土はもとより、海外へも支援の輪が急速に広がっているとのこと。

F E M SUPPORTさん(@femsupport)がシェアした投稿 -

女性同士の助け合い、思いやりってすごい! 「Period Poverty」は決して他人事ではないことを実感します。

毎月ドラッグストアまでナプキンやタンポンを買いにいくのが憂うつだったけれど、世界には生理用品に困っている女性たちが存在する。

その事実を、同じ女性としてしっかりと心に留めておきたいと思いました。

Newshub, The Guardian

写真/Shutterstock

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 菊乃さんの素顔が知りたい。1日の過ごし方は? しあわせを感じる瞬間は?【ライフスタイル編】

    5. こんな89歳になりたい! 草間彌生は時代をスケボーで駆け抜ける

    6. 「化粧したい!」と思わせてくれる。オージーガールが夢中の「Tarte」って?

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    10. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    3. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    4. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. シルエット命。カーディガンを旬に着こなす5秒テク

    7. 同僚を勘違いさせてしまった。好意がないことを伝えるには?【解決しない恋愛相談室】

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. 前後にごろんでOK。シャンシャン体操でお腹引き締める

    10. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    1. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    2. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    3. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    4. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    7. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    8. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    9. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    10. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    衝撃...。生理用品をTシャツや靴下で代用している女性がいる

    FBからも最新情報をお届けします。