1. Home
  2. Fashion
  3. 骨格診断で見えてきた、トレンドとの付き合いかた #ねこのひげ

骨格診断で見えてきた、トレンドとの付き合いかた #ねこのひげ

ねこのひげ

1,103

20180512_nekonohige01

「ねこのひげ」。それは猫にとって、欠かせないもの。

平衡感覚を保ったり、周囲を感知したりするのに、とても大切な役割があると言われている。

当連載では、アーティストでありライターのJunko Suzukiにとっての「ねこのひげ」を紹介していきます。

モテる服を選びたいという感覚がずっとない。

「これって動物的にみてアウトなんじゃなかろうか」と、たまーに思うわけですが...。

人生初の骨格診断。私に似合うと判定されたのは「モテ服」でした

20180512_nekonohige02

モテることより自分が着てみたい服を選ぶし、ヘアもメイクも好奇心とチャレンジ精神で構築されているのは見ていただけばお分かりかと思う(いまはブロンド、かつてはブルーヘアってね)。

そんな私がつい先日、パルコヤ上野にある「しゃら」で自分に合う浴衣を探すために、人生で初めて骨格診断をしてもらった。

骨格診断というのは、自分の骨や筋肉も含めた体型の特徴から、似合う服の傾向を判定するというもの。

うまく活用すると、自分をより女性として魅力的に見せることができる。

モテ服という特定のデザインやブランド選びではなく、自分をうまく見せるコツを診断してくれるのだ。

さて、骨格から判定すると、私は骨が細い華奢な体型のため、「ソフト」で「華やか」な服、短く言えばガーリーな服のほうが似合うウェーブ系。

重い服は似合わない。淡い色やフェミニンなデザインが◎。

っていうか、それってコンサバだし、俗にいう"モテ系"じゃないか。

え、ほんと? って思ったあなた。本当なんです。

どんな診断も占いも、うまく活用。自分流にアレンジする

でも、じつは自分でもちょっと知っていたりして。

ただ、キャラじゃないのと、好きな服が違うので、あまり着てません。

そして、それに応じたアレンジをすでに長年、実践してるのです〜。

ウェーブ系の私の場合の解決法ですが...

20180512_nekonohige03

モードで重めの色の服は似合わない? の解決法 (写真・左)

・ウエストの位置が高めのジャケットデザインを選ぶ

・ベルトでウエストマークをしたり、ハイウエストを選ぶ

・体型にフィットするのもあり!

・ファーやモヘアなどフワフワさせたり、ゴツくならないようなキラキラジュエリーを追加する

シンプルですっきりした直線的な服はいまいち? の解決法(写真・右)

・明るい色を選ぶ

・インナーや小物で少し華やかさを足す

・トップスは短めに、ハイウエストパンツは崩さないようにする

という風に、アレンジ法(あくまで自己流)がある。

必ずしもドンピシャで当てはめなくても、 うまく合わせる方法もあるっていうこと!

そんな私にとってややネックなのは、昨今の「ストリートブーム」。

でもこれも、今回の診断結果から考察すると、ロングブーツにミニスカートを選んでみたり、ボトムがボリュームあるものの場合はウエストが高めのバランスなるように、短いトップスや肩の出る華やかなデザインを選んだりすれば、解決しそう。

どんな診断も占いも、うまく活用する派。

似合うものが分からない人はもちろんだけど、着てみたいブランドやデザインをうまく着こなすための「裏技メモ」としてもおすすめしたい骨格診断。

20180512_nekonohige04

6月におこなわれる予定のパルコヤ上野「しゃら」での骨格診断イベント情報は、後日「KAWAIILABO TOKYO」でもアップしていくのでぜひチェックを〜。

という番宣で〆!!

>>連載「ねこのひげ」を読む

Junko Suzuki

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. タンポンを開発したのは男性だった! 意外と知らない生理のトリビア

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. 終電を逃すと厄介だ。でもぼくは「帰る場所」を手に入れた #終電と私

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 「10代のセックス = タブー」を変えたい。韓国の若者3人が立ち上がった

    10. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. 体、毎日洗ってる? #女子のホンネ

    4. 下着の捨てかた、どうしてる? #女子のホンネ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. ありそうでなかった広告画像。スリムとプラスサイズのモデルが同じドレスを着たら...

    7. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. タンポンを開発したのは男性だった! 意外と知らない生理のトリビア

    10. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. ギクッ! 女子のちょっとお下品な生態がイラストになった

    4. 下着の捨てかた、どうしてる? #女子のホンネ

    5. 体、毎日洗ってる? #女子のホンネ

    6. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    7. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    8. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    9. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    骨格診断で見えてきた、トレンドとの付き合いかた #ねこのひげ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More