1. Home
  2. Trend
  3. キャリア
  4. 2泊3日の韓国旅行。女子旅って楽しい! #ふたりごと

2泊3日の韓国旅行。女子旅って楽しい! #ふたりごと

ふたりごと

2,500

20180523_kumi1

私と彼はなんでも話す。それはもう本当になんでも。

ひーちゃんのようにものづくりの背景の話から仕事の話、お笑い、アニメ、落語、講談、政治経済、世界ニュース、ゴシップ…。

友だちとの話、カフェで聞こえてきた知らない誰かのおもしろい話まで、彼とは幅広ーく話して共有してる。

20180523_kumi2

出会って8年、一緒に暮らすようになって6年、毎日たくさん話すことはもちろん、LINEのやりとりもたくさんしてるよ。

「これから移動してもう一件打ち合わせしてくるね!」とか「いまジムが終わったから、食材買って帰るけど何食べる?」なんて日常の話から、「このアーティクルおもしろいから読んでみて!」とか「このCM、泣ける…!」「この映画おもしろそう!」なんてことまで。

お互いが見つけたおもしろいコトやモノを、LINEで共有するのが自然と当たり前になった。

彼が送ってくれるいろいろな情報のおかげで、ずいぶんと見聞が広がったことにとても感謝しているし、何年経っても変わらず同じものを共有して話をできるのがうれしい。

彼とは、恋人、家族、友だち、仕事仲間…といろいろな立場で話ができるから、私、彼と一緒にいるのがいちばん楽しいよ。

大げさかもしれないけど、私の半分は彼でできてる(笑)。

親友たちと韓国へ。「女子旅って楽しい!」って思った

20180523_kumi9

そんな私だけど、最近久しぶりに親友たちと韓国に旅行へ行って「女子旅って楽しい!」って思ったの。

韓国だったからかもしれないけど、「女子だけのほうが最高に楽しめるかも」なんて思ったくらい。

2泊3日の女子旅は、ソウルにできた韓国の料理教室「ヒゼ先生」に行ってキムチとポッサムを作ることがメインイベント!

10年来の韓国の友人・ヒゼが、念願の日本人向けの料理教室をオープンしたから、みんなで行ってきたんだ。

ソウルに着いてすぐに料理教室「ヒゼ先生」に向かったのね。

20180523_kumi3

でもみんなしてお腹が空いてしまって、料理教室から徒歩1分のところにある、ヒゼ先生一押しの屋台でまずは腹ごしらえ。

ソウルでも人気の屋台らしく、3軒並んでいるうちのひとつにだけ地元の人が集中していて、一目で人気なことがわかった。

ウワサ通りどれも本当においしくて、はじめて食べる屋台の味を興奮しながら楽しんだよ。

友人の料理教室で、キムチとポッサム作りに初挑戦

20180523_kumi10

20180523_kumi8

それから料理教室「ヒゼ先生」に移動して、今回のメインイベント、キムチとポッサム作りに初挑戦!

材料はもちろん、エプロンやキムチ作りに必要な手袋まで用意してくれているから、手ぶらで行けるというのも良かった。

みんなでワイワイしながキムチを漬けて、ヒゼ先生が手ぎわよくポッサムを作ってくれて、できあがったらそのままみんなでいただくの。

20180523_kumi6

去年ウィーンではじめて現地の家庭料理を教えてもらう経験をして、すごくスペシャルな思い出になったことがあって。

だから韓国での料理教室も絶対楽しいに違いないと思っていたけど、今回は友人の息子もいたから楽しさも想像以上で、大切な思い出になったよ。

20180523_kumi5

ヒゼ先生が子ども用のエプロンも用意してくれていたから、彼も本当にうれしそうだった。親子で楽しめるアクティビティだなぁと思ったよ。

料理教室を楽しむ旅は女同士が最高に楽しい

20180523_kumi4

食事のあとは、スタジオ内にある素敵なカフェスペースで、ヒゼ先生お手製デザートとジンジャーティーをいただいて大満足の2時間!

みんなで作ったキムチは真空パックして持って帰れるし、レシピはもちろん、必要な調味料(しかもとびきりおいしいやつね!)がどこで手に入るのかも教えてくれた。

一緒に行った友人たちとは、日本に帰ってきてまたみんなでキムチ作りする約束をしたよ。

もともと近くて食事がとてもおいしいから韓国が大好きだったんだけど、そこに料理教室体験までできると知って、完全に韓国にハマりそう。

友人たちといまから「次はいつ行く?」「何作る?」なんて話をしてる。

こんなふうに、料理教室を楽しむ旅は女同士が最高に楽しい。今回ばかりは、彼抜きで良かった(笑)。

旅の楽しみかたっていろいろあるけど、現地での料理教室って食文化がダイレクトに伝わるから、より深くその国を知ることができて、すごくいい経験になるね。

20180523_kumi7

ソウル市内「玉水駅」徒歩3分のところにある、「ヒゼ先生」の料理教室はInstagramのダイレクトメールから日本語で申し込みができるよ。料金は7,000〜10,000円くらいみたい(今回は7,000円)。

作ってみたい韓国料理のリクエストもできるんだって!

ひーちゃんは、今年韓国に行く機会はあるかな?

>>連載「ふたりごと」をもっと読む

大日方久美子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    2. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    8. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    9. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    7. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    2泊3日の韓国旅行。女子旅って楽しい! #ふたりごと

    FBからも最新情報をお届けします。