1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. ニューヨークにヴァギナの着ぐるみ登場。女性はもっとオープンになっていい

ニューヨークにヴァギナの着ぐるみ登場。女性はもっとオープンになっていい

2,687

20180501_getontop

photo credit:Olia Mirra

以前グリッティで紹介した、父娘が開発したオーガニックのコンドーム&タンポンを発売している「Sustain 」。

先日、ニューヨークでポップアップストアをオープンしました。

女性がもっとオープンになれるポップアップストアが登場

20180501_getontop04

photo credit:Olia Mirra

開発者である娘のメイカが、自身の著書『Get On Top』の発売を記念して、ニューヨークにオープンさせた1週間限定のポップアップストア。

「女性がもっと自分のヴァギナについて意識し、オープンに話せる空間を作り上げること」を目的としていて、あっとおどろく奇想天外なアイデアがたくさん盛り込まれています。

20180501_getontop01

photo credit:Olia Mirra

まずは、道行く人の目を引くために、ヴァギナの着ぐるみを身に着けたスタッフが、フォトブースの前でお出迎え。

自分自身もヴァギナに変身してセルフィーが撮れるのです。

20180501_getontop03

photo credit:Olia Mirra

20180501_getontop02

photo credit:Olia Mirra

また、「Sustain」のタンポンであふれたバスタブや、ローションオイルを流したミニ噴水など、インパクトは抜群。

これぞ、まさに自由の街ニューヨーク! といった感じです。

女性はもっと性や身体についてフランクに話していい

20180501_getontop07

photo credit:Olia Mirra

女性が話しにくいと感じていた、性や身体に関するトピックが、いま少しずつオープンになってきたと語るメイカ。

女性が生理やヴァギナについてのリアルを語ることは、恥ずかしいことなんかじゃない、むしろ女性の義務でもある! と主張しています。

20180501_getontop06

photo credit:Olia Mirra

たしかにそう。女性自身が声を上げなければ、男性は生理の本当のつらさも理解できないし、ヴァギナがどんな仕組みになっているのか、ずっと知らないまま。

だからこそ、もっとフランクに語ることが必要なんだと実感しました。

インパクト抜群なヴァギナアート。次はどんなのが出てくる?

20180501_getontop05

photo credit:Olia Mirra

今回の著書のなかで、気まずいトピックにもどんどん触れているメイカ。

「Orgasm Equality(オーガニズムの平等性)」と題して、女性のセックスについても赤裸々につづっています。

「女性だってマスターベーションを楽しんでいい。その効果的な方法とは?」という項目まであって、思わず読みたくなる!

ここ数年、海外で続々と出現しているヴァギナや生理をテーマにしたアート

タブーで気まずいトピックだからこそ、言葉ではなく、目で見て訴えるアートという形で表現されるのでしょうか。

そのインパクトは強烈。次はどんなアートが出てくるのか? と楽しみになります。

METRO

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. お風呂めんどくさい日の救世主。ソファで座りながら髪洗えるシャンプー

    2. トイレで5秒ストレッチ。カチコチ腰をさくっとほぐす

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    5. メイク落とし、何使ってる?

    6. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    7. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    8. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    9. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    10. アナ・ウィンターの娘ビー・シェーファーが婚約。彼もイタリア版VOGUE前編集長の息子

    1. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    2. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    3. 家にあるアレを再利用するだけ。服のシワを予防するパッキング法

    4. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 湯船、どれくらいの頻度で入る?

    7. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    8. 機内の乾燥は砂漠以上。CAに聞いたうるおい肌を保てるワケ

    9. トイレで5秒ストレッチ。カチコチ腰をさくっとほぐす

    10. お気に入りの曲を着信音にしちゃったら、それはもう彼を好きってことだよ

    1. 【タイプ別】ゲッターズ飯田の2018年下半期占い。この1年、どう締めくくる?

    2. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    3. やっぱ世界共通なんだね。他人には見せない女子の本性

    4. ドライヤーめんどくさい。この夏、髪を乾かすのがぐっとラクになる

    5. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    6. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 早く海行きたい。寝転びエクササイズでプリッと上がったお尻になる

    9. セフレや不倫相手以上の男が見つからない。でも、結婚したい。

    10. 変化を感じるアラサー肌。いまの自分にいちばん合うスキンケアが知りたい