1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. ニューヨークにヴァギナの着ぐるみ登場。女性はもっとオープンになっていい

ニューヨークにヴァギナの着ぐるみ登場。女性はもっとオープンになっていい

2,373

20180501_getontop

photo credit:Olia Mirra

以前グリッティで紹介した、父娘が開発したオーガニックのコンドーム&タンポンを発売している「Sustain 」。

先日、ニューヨークでポップアップストアをオープンしました。

女性がもっとオープンになれるポップアップストアが登場

20180501_getontop04

photo credit:Olia Mirra

開発者である娘のメイカが、自身の著書『Get On Top』の発売を記念して、ニューヨークにオープンさせた1週間限定のポップアップストア。

「女性がもっと自分のヴァギナについて意識し、オープンに話せる空間を作り上げること」を目的としていて、あっとおどろく奇想天外なアイデアがたくさん盛り込まれています。

20180501_getontop01

photo credit:Olia Mirra

まずは、道行く人の目を引くために、ヴァギナの着ぐるみを身に着けたスタッフが、フォトブースの前でお出迎え。

自分自身もヴァギナに変身してセルフィーが撮れるのです。

20180501_getontop03

photo credit:Olia Mirra

20180501_getontop02

photo credit:Olia Mirra

また、「Sustain」のタンポンであふれたバスタブや、ローションオイルを流したミニ噴水など、インパクトは抜群。

これぞ、まさに自由の街ニューヨーク! といった感じです。

女性はもっと性や身体についてフランクに話していい

20180501_getontop07

photo credit:Olia Mirra

女性が話しにくいと感じていた、性や身体に関するトピックが、いま少しずつオープンになってきたと語るメイカ。

女性が生理やヴァギナについてのリアルを語ることは、恥ずかしいことなんかじゃない、むしろ女性の義務でもある! と主張しています。

20180501_getontop06

photo credit:Olia Mirra

たしかにそう。女性自身が声を上げなければ、男性は生理の本当のつらさも理解できないし、ヴァギナがどんな仕組みになっているのか、ずっと知らないまま。

だからこそ、もっとフランクに語ることが必要なんだと実感しました。

インパクト抜群なヴァギナアート。次はどんなのが出てくる?

20180501_getontop05

photo credit:Olia Mirra

今回の著書のなかで、気まずいトピックにもどんどん触れているメイカ。

「Orgasm Equality(オーガニズムの平等性)」と題して、女性のセックスについても赤裸々につづっています。

「女性だってマスターベーションを楽しんでいい。その効果的な方法とは?」という項目まであって、思わず読みたくなる!

ここ数年、海外で続々と出現しているヴァギナや生理をテーマにしたアート

タブーで気まずいトピックだからこそ、言葉ではなく、目で見て訴えるアートという形で表現されるのでしょうか。

そのインパクトは強烈。次はどんなアートが出てくるのか? と楽しみになります。

METRO

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. 寝転びながらかかとでポンポン。キュッと上向きのお尻になる

    2. まさに救世主。つらい生理痛を和らげてくれるナプキン

    3. 買い物はスマホでずる賢く。いまどき女子のマイルール

    4. いまの恋の自信度は何パーセント? 質問に答えて確かめたい

    5. 2泊3日の韓国旅行。女子旅って楽しい! #ふたりごと

    6. 「ティファニーで朝食を」が生まれ変わった。パーカーにデニムの気軽さがうれしい

    7. 衝撃...。生理用品をTシャツや靴下で代用している女性がいる

    8. 発想に脱帽。アクセサリーを作るプラモデルにワクワク止まらない

    9. パンプス履くとき、靴下どうしてる?

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. パンプス履くとき、靴下どうしてる?

    2. おめでとう! メーガン・マークルが結婚でゲットしたもの

    3. 衝撃...。生理用品をTシャツや靴下で代用している女性がいる

    4. 買い物はスマホでずる賢く。いまどき女子のマイルール

    5. 結局、一生いじめや争いが完全になくなることはない【文太の日記】

    6. 「ティファニーで朝食を」が生まれ変わった。パーカーにデニムの気軽さがうれしい

    7. 寝転びながらかかとでポンポン。キュッと上向きのお尻になる

    8. 発想に脱帽。アクセサリーを作るプラモデルにワクワク止まらない

    9. いまの恋の自信度は何パーセント? 質問に答えて確かめたい

    10. 30秒じっとするだけでお腹ほっそり

    1. 生理の3Dアニメでタブーを打破。このシュールさがどこか懐かしい...

    2. パンプス履くとき、靴下どうしてる?

    3. おめでとう! メーガン・マークルが結婚でゲットしたもの

    4. 衝撃...。生理用品をTシャツや靴下で代用している女性がいる

    5. 買い物はスマホでずる賢く。いまどき女子のマイルール

    6. 30秒じっとするだけでお腹ほっそり

    7. バツイチ歴18年目。「結婚」について考えてみた #ふたりごと

    8. 生理用品、何使ってる?

    9. あ、アソコ蒸れてる...。デリケートゾーンの不快感をささっと拭き取るウェットティッシュ

    10. 「ひさこ、ダサい」と言われたことをずっと忘れられないでいる #ふたりごと

    ニューヨークにヴァギナの着ぐるみ登場。女性はもっとオープンになっていい

    FBからも最新情報をお届けします。