1. Home
  2. Fashion
  3. キャミソール1枚でもいやらしくならない着こなしのコツ

キャミソール1枚でもいやらしくならない着こなしのコツ

1,402

20180523_fashion

今年の夏こそ挑戦したいのが、トップスにキャミソール1枚だけをさらっと着こなすコーデ

だけど、身体のラインが出てしまうし、ものによっては胸もとが開いているので、いやらしい印象になってしまう気がして躊躇していました。

そんなときに参考にしたいのが、パリジェンヌ。

夏のパリで見かける彼女たちは、とてもシンプルかつヘルシーにキャミソールを着こなしています

白キャミソール × ワイドデニムが定番スタイル

Louise Follainさん(@louisefollain)がシェアした投稿 -

ベーシックな白のコットンキャミソールは、どんなコーディネートとも相性抜群な1枚です。

パリジェンヌの定番スタイルは、ワイドデニムとの組み合わせ。

身体のラインが出るキャミソールも、ハイウエストのワイドデニムと合わせれば、脚長・スタイルアップ効果があります。

コーディネートがカジュアルな分、メイクやアクセサリーで女性らしさを表現するのがコツ

身体のラインが気になるときは、小物で視線を散らして

白のキャミソールをスカートと合わせるなら、ミモレ~ロング丈のものを選ぶと上品にまとまります。

無地のスカートだと味気なくなってしまうので、小花柄やドット柄、チェック柄を合わせるのがおすすめです。

また、かごバッグもパリジェンヌのマストアイテムのひとつ。彼女のようにビッグサイズのバッグを持つことで視線がバッグに集まり、体型もカバーしてくれます。

あまり身体のラインを見られたくないというときに実践したいテクニック。

焼けた肌とビラミンカラーで健康的に

デザインに凝ったキャミソールは、元気のよいカラーパンツと合わせて。露出が多くても、恥ずかしがらずに堂々と着ることが大切です。

少し日焼けした肌に真っ白なキャミソールとビタミンカラーのパンツが映えて健康的。

休日のアウトドアや旅行に着たい組み合わせです。

セクシーさはクラッシュデニムで引き算する

Sabina Socolさん(@sabinasocol)がシェアした投稿 -

シルク地 × レースのキャミソールは、とてもフェミニン!

そんなアイテムを、あえてカジュアルなクラッシュデニムと合わせて、セクシーさを引き算するのが、いやらしく見せないコツです。

ただし、シルクのように伸縮性のない素材のキャミソールは、サイズ選びを間違って胸もとがだるだるになってしまわないように、購入時にきちんと試着することをおすすめします。

羽織はシャツでメンズライクに決める

Chloé Bleincさん(@chloebbbb)がシェアした投稿 -

キャミソールに合わせる羽織として、選ばれることが多いのがカーディガン。

でも、パリジェンヌから多く支持されているのはシャツです。メンズライクなニュアンスを加えることができるので、かっこよく着こなせます。

よりメンズ感を出したいなら、少しオーバーサイズのシャツを選ぶか、思い切ってメンズシャツを着るのもいいかも。

ブラの紐には注意

すべてのキャミソールコーデに共通して言える注意点は、ブラジャーの紐が見えないようにすること。

ブラの紐が見えるだけで、だらしなく、いやらしい印象になってしまいます。

パリジェンヌは透明タイプのストラップに変えるか、ヌーブラあるいはニップレスを使っていることが多い様子。

露出の多くなるキャミソールですが、うまく着こなすことができれば、暑い夏に大活躍すること間違いなしのアイテムです。

写真/gettyimages

ELIE INOUE

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 菊乃さんの素顔が知りたい。1日の過ごし方は? しあわせを感じる瞬間は?【ライフスタイル編】

    5. こんな89歳になりたい! 草間彌生は時代をスケボーで駆け抜ける

    6. 「化粧したい!」と思わせてくれる。オージーガールが夢中の「Tarte」って?

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    10. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    3. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    4. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. シルエット命。カーディガンを旬に着こなす5秒テク

    7. 同僚を勘違いさせてしまった。好意がないことを伝えるには?【解決しない恋愛相談室】

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. 前後にごろんでOK。シャンシャン体操でお腹引き締める

    10. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    1. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    2. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    3. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    4. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    7. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    8. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    9. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    10. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ