1. Home
  2. Fashion
  3. いい女こそ、細部にこだわる。ちゃんとした下着のお手入れ方法って?

いい女こそ、細部にこだわる。ちゃんとした下着のお手入れ方法って?

1,070

20180526_bra02

見えないところや、細部にこそ気を使える女性って、ていねいに生きている感じがして素敵です。

それでいうと、下着は肌に直接つけるものだからこそ、きちんと選んだ着心地の良い下着を身につけたい。

今回は、下着のお手入れの4つのポイントを「Wacoal(ワコール)」の店員さんに教えてもらいました。

傷みの原因になる汚れは定着させない

20180526_bra03

下着の洗濯で大切なことは、汗や皮脂などを早く落とし、汚れをそのままにしないということ。

汚れたままにしておくと、素材の傷みを早めてしまったり、汚れは長くおくほど落ちにくくなったりします。

洗濯は溜めないで、こまめに洗うことを心がけて。

とにかく「やさしく」

20180526_bra06

下着特有の繊細な素材と型をくずさないためには、洗濯は手洗いがベター。大きめの容器を使って、軽くふり洗いをしましょう。

とくに汚れのひどいところは、つかみ洗いで。このとき、もみ洗いやねじる・絞るなどは、型くずれや素材を傷める原因になるのでNG

干す前は、軽く振ってから、大きめのタオルで包み込むようにやさしく水気をとります。

どうしても洗濯機で洗う場合は、下着用の洗濯ネットにアイテム別、同系色ごとに分けると良いのだそう。

洗うときは金具を留める

20180526_bra05

ホックをはずしたまま洗うと、ホックがレースなどに引っかかり、下着を傷めてしまう可能性があります。

金具があるものは、必ず留めるように気をつけて。

洗濯バサミはカップの下2か所に

20180526_bra04

型くずれや熱によるトラブルがあるため、乾燥機の使用は避けるのが無難です。

ブラジャーの場合、伸びにくいカップの下2か所を洗濯バサミではさんで干すのが良いとのこと。

また、収納はカップがくずれないように余裕をもたせて。

好きな香りのサシェなどを一緒にクローゼットに入れておくと、身に着けるときに、ほのかに香って気分が盛り上がります。

大人のおしゃれを支えるのは「ていねいなお手入れ」

大人女性のおしゃれは「下着」から

これを機に、見えないところほど大事に、ていねいに、下着のお手入れに気を使ってみようと思います。

写真/Shutterstock

藤森もも子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    2. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. ダサい? むしろイケてる。ウエストバッグのコーデ術

    5. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    6. 彼の誕生日を祝いたい。だから新幹線に飛び乗った #終電と私

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    9. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    10. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    いい女こそ、細部にこだわる。ちゃんとした下着のお手入れ方法って?

    FBからも最新情報をお届けします。