1. Home
  2. Fashion
  3. 自分に合うブラ選び。まさかのポイントは背中にあった

自分に合うブラ選び。まさかのポイントは背中にあった

2,702

20180511_bra

毎日お付き合いするブラ。

いろいろなタイプがあるのに、フィット感とデザインがパーフェクトなものを見つけるのは、なかなか難しい...。

ブラ選びのポイントは、ホックの位置

20180510_bra01

ブラ選びで悩むのは世界共通みたい。

アメリカのサイト「PureWow」で見つけたブラ選びのアドバイスは、目からウロコでした。

「PureWow」によれば、ブラ選びのポイントは、背中のホックなのだそう。

カップや背中・脇のフィット感などには気をつけてきたけれど、背中のホックの位置なんて気にしたこともありませんでした。

だって、だいたい2、3列ついているから、そのどれかが合えばいいんでしょ?

いちばん外側のホックでフィットするサイズが最適

20180510_bra02

いえいえ、そうではないのです。

購買時には、ホックの位置がいちばん外側でフィットするもの、つまりバンドの長さが最長のところで合っているものを選んだ良いとのこと。

なぜなら、洗濯したり着たりするうちに布地が伸びて、やがて内側のホックを使わなければならないようになるから。

「PureWow」では、最初からホックが2番目や3番目でフィットする製品なら、ひとつ下のサイズを選ぶことを勧めています。

そう言われてみればそうだよねと納得しきりなのですが、実際に気をつけてみたことはありませんでした。

買い替えの目安にも

20180510_bra03

たしかに、使っているうちに布地が伸びて、留めるホックの位置が内側に変わっていくのは、私にも経験がある...。

これからは、ブラを買うときの目安にしたいと思います。

そういえばプロが伝授するブラ選びでは、1か月で買い替えたほうが良いとのこと。

「えっ、たった1か月で!?」と驚いたのですが、バンドのホックの位置が変わったら買い替える、というのもありかもしれませんね。

PureWow

写真/Shutterstock

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 菊乃さんの素顔が知りたい。1日の過ごし方は? しあわせを感じる瞬間は?【ライフスタイル編】

    5. こんな89歳になりたい! 草間彌生は時代をスケボーで駆け抜ける

    6. 「化粧したい!」と思わせてくれる。オージーガールが夢中の「Tarte」って?

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    10. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    3. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    4. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. シルエット命。カーディガンを旬に着こなす5秒テク

    7. 同僚を勘違いさせてしまった。好意がないことを伝えるには?【解決しない恋愛相談室】

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. 前後にごろんでOK。シャンシャン体操でお腹引き締める

    10. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    1. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    2. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    3. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    4. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    7. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    8. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    9. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    10. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    自分に合うブラ選び。まさかのポイントは背中にあった

    FBからも最新情報をお届けします。