1. Home
  2. Fashion
  3. 自分に合うブラ選び。まさかのポイントは背中にあった

自分に合うブラ選び。まさかのポイントは背中にあった

2,725

20180511_bra

毎日お付き合いするブラ。

いろいろなタイプがあるのに、フィット感とデザインがパーフェクトなものを見つけるのは、なかなか難しい...。

ブラ選びのポイントは、ホックの位置

20180510_bra01

ブラ選びで悩むのは世界共通みたい。

アメリカのサイト「PureWow」で見つけたブラ選びのアドバイスは、目からウロコでした。

「PureWow」によれば、ブラ選びのポイントは、背中のホックなのだそう。

カップや背中・脇のフィット感などには気をつけてきたけれど、背中のホックの位置なんて気にしたこともありませんでした。

だって、だいたい2、3列ついているから、そのどれかが合えばいいんでしょ?

いちばん外側のホックでフィットするサイズが最適

20180510_bra02

いえいえ、そうではないのです。

購買時には、ホックの位置がいちばん外側でフィットするもの、つまりバンドの長さが最長のところで合っているものを選んだ良いとのこと。

なぜなら、洗濯したり着たりするうちに布地が伸びて、やがて内側のホックを使わなければならないようになるから。

「PureWow」では、最初からホックが2番目や3番目でフィットする製品なら、ひとつ下のサイズを選ぶことを勧めています。

そう言われてみればそうだよねと納得しきりなのですが、実際に気をつけてみたことはありませんでした。

買い替えの目安にも

20180510_bra03

たしかに、使っているうちに布地が伸びて、留めるホックの位置が内側に変わっていくのは、私にも経験がある...。

これからは、ブラを買うときの目安にしたいと思います。

そういえばプロが伝授するブラ選びでは、1か月で買い替えたほうが良いとのこと。

「えっ、たった1か月で!?」と驚いたのですが、バンドのホックの位置が変わったら買い替える、というのもありかもしれませんね。

PureWow

写真/Shutterstock

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. タンポンを開発したのは男性だった! 意外と知らない生理のトリビア

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. 終電を逃すと厄介だ。でもぼくは「帰る場所」を手に入れた #終電と私

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 「10代のセックス = タブー」を変えたい。韓国の若者3人が立ち上がった

    10. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. 体、毎日洗ってる? #女子のホンネ

    4. 下着の捨てかた、どうしてる? #女子のホンネ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. ありそうでなかった広告画像。スリムとプラスサイズのモデルが同じドレスを着たら...

    7. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. タンポンを開発したのは男性だった! 意外と知らない生理のトリビア

    10. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. ギクッ! 女子のちょっとお下品な生態がイラストになった

    4. 下着の捨てかた、どうしてる? #女子のホンネ

    5. 体、毎日洗ってる? #女子のホンネ

    6. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    7. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    8. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    9. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    自分に合うブラ選び。まさかのポイントは背中にあった

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More