夏に向けてファッションへの意欲はぐんぐん上昇中。

だけど、その前にどうにかしておきたいのが、素足になったときに気になる脚のいろいろな悩み。

素敵な靴を履きこなせる脚を手に入れるためにはどうすればいいの? 

その答えは、脚のパーツモデルが実践している美脚ケアにありました。

本当はストッキングいらずの美脚になりたい

20180410_attonon02

グリッティ編集部が、女性が抱える脚の悩みについてリサーチしてみたところ、挙がってきたのは、思わず「わかる!」とうなずきたくなる悩みたち。

そこで、数々の広告で活躍しているパーツモデルの井上早央里(いのうえ・さおり)さんに、それぞれの悩みを解決するために普段からおこなっているケアについて聞いてみました。

むくみを軽減するにはまず足先から

── 仕事柄、1日中座りっぱなしでつねに脚がパンパン。お風呂でふくらはぎをマッサージしたりもしますが、むくみがとれません。(サオリさん 29歳 事務)

井上さん「ボディクリームをたっぷりつけて、足の指に手の指を入れて組みます。そして、足の指を根本からゆっくり回す、足首を回す、土踏まずを指圧するなどして足先をほぐしてから、ふくらはぎなどをマッサージしています」

靴ずれ部分は美容液でパックする

──ヒールを履くことが多く、タコやマメができてしまいます。そのせいで素足に自信が持てません。 (ユミさん 28歳 アパレル販売)

井上さん「私は足の薬指に靴ずれができやすいので、その部分にクッション材をつけています。また、靴ずれ部分にボディクリームを塗りこんだり、美容液をコットンに染みこませてパックしたりして、皮膚をやわらかい状態に保てるように意識していますね」

なるほど。ここまで念入りにケアしてこそ、井上さんのような完ぺきな美脚ができるんだと納得しました。

消えない脚の傷あと、どうすればいい?

20180410_atnon03
(左から)[第2類医薬品]アットノンEX / [第2類医薬品]アットノンcEX / [第2類医薬品]アットノンt

でも、じつはそんな井上さんにも、昔は脚にコンプレックスがあったと言います。

「足の指に靴ずれのあと、ヒザには転んだ傷あとがあったんです。ヒザの傷は少し膨らみがあり、けっこう目立つ傷だったので気になっていました」

そんなときに、井上さんが実際に使っていたのがアットノン®なのだそう。

アットノン®は、井上さんのような何年か前にできた傷あとのほかにも、すり傷や切り傷のあと、かきむしりあと、やけどあとにも使うことができます。

美脚をあきらめるのはまだ早いかも

20180410_atnon04
[第2類医薬品]アットノンEX

脚のプロフェッショナルも太鼓判を押すアットノン®。人気の秘密は、その使用感にもあります。

「私が使っていたのは透明ジェルタイプの『アットノン®EX ジェル』。サラサラしていて、使用後のベタつきもなく使いやすいです」

アットノン®EX ジェル」のようなジェルタイプのほかにも、しっとりとした塗り心地のクリームタイプや傷あとを隠しながらケアできるコンシーラータイプがあり、自分の好みや用途によって選べるのもうれしい。

密かにモデルや美意識の高い女性から長年支持を得ているアットノン®ですが、つねに改良を重ね、進化しているのも魅力です。

去年リニューアルした際には、皮膚の新陳代謝を促進する成分に加え、傷あとの組織修復をうながす成分、炎症を抑え傷あとの治癒を促進する成分が新しく配合されたとのこと。全方向から傷あとにアプローチしてくれそうです。

いままでは、脚のきれいさは生まれつきのものだから仕方ない、とあきらめていた。

でも、どんな美脚の持ち主だって、念入りにケアすることで美脚をキープしているのだと知り、あきらめるのはまだ早い! という気持ちになりました。

ヒール傷にむくみ、ガサガサかかと...。脚の悩みが尽きないのはがんばっているからこそ。

大切にケアして、自信を持って出せる美脚を手に入れたい。

アットノン®

Sponsored by 小林製薬株式会社

20180420_model

井上早央里さん
ジャズモデルエージェンシー所属。手・足のパーツモデルとして、TVCMやファッション誌を中心に、多くの企業広告に出演。Instagramではペットのスイホウガンとヒョウモントカゲモドキとの写真も公開中。

撮影(商品)/中山実華 写真/Shutterstock 文/諫山由梨子

GLITTY編集部