1. Home
  2. Trend
  3. 渋谷に4畳半のクラブができた。ラムハイ片手に疲れもストレスも吹っ飛ばす!

渋谷に4畳半のクラブができた。ラムハイ片手に疲れもストレスも吹っ飛ばす!

20180420_11

渋谷になんと4畳半のクラブルームができたらしい。

築100年の古民家に現れた、過去と現代のミックス空間

20180420_03

そんなウワサを聞いてやってきたのが、「ハイエナジー居酒屋『ラムハイハウス』〜100年古民家でハジけろ!〜」。

4月20日〜2018年4月27日(金)まで開催されるイベントです。

会場となるのは、築100年の古民家

入り口には、主催する「BACARDI(バカルディ)」の商標であるコウモリが描かれた提灯が並んでいて、なんだかいい雰囲気。

20180420_08

もちろん古民家なので靴を脱いで上がってみると、そこに広がるのは、過去と現代のミックス空間。

歴史を感じさせる木の板の上には、ギラギラと光るミラーボールやDJブースが。一歩足を踏み入れただけで、気分がいっきに上がります。

ちゃぶ台と座布団。どこか懐かしい縁側でラムハイを堪能

20180420_01

バーでラムハイを受け取ったら、いたるところに設置してあるハイテーブルで立ち飲みするも良し。

20180420_05

20180420_07

でも、個人的に気に入ったのが、中庭を眺めながら縁側でゆっくりと飲むことができる「中庭 & チルアウトゾーン」。

ちゃぶ台と座布団という組み合わせが、どこか懐かしさを感じさせます。

20180420_06

中庭、縁側、ラムハイ...。もうこれさえあれば十分! ってほどに気持ちいい。

ほどよいノスタルジーに浸りながら、ラムハイを楽しみました。

4畳半のクラブルームはとにかく没入感がすごかった

20180420_09

そして、本命の4畳半クラブルームへ。

入ってみると、予想以上にコンパクト。でも、予想以上に盛り上がる!

DJブースが目の前にあるので、DJの顔をちゃんと見られるのもうれしいし、照明と音響を間近に感じられて、気分も自然と高揚してきます。

20180420_12

DJ SARASAなどの世界で活躍する一流DJもプレイするとのことで、こんなに目の前で見られるチャンス、めったにありません。

なにより、数人しか入らないくらいのコンパクトなスペースだからこそ、没入感がすごい。

他人の目を気にせずに思いっきり踊って、ストレスを発散してきました。

来場者にはラムハイ1杯無料

20180420_13

20180420_14

会場には、ほかにも懐かしのインベーダーゲームをバカルディ仕様にした「RUM HINVADER(ラムハインベーダー)」や水墨画アーティスト「CHiNPAN(チンパン)」さんが手がけたコウモリをテーマとした装飾も。

まるで、昔といまを行ったり来たりしているような感覚を味わえます。

20180420_15

しかも、来場者には、なんとラムハイを1杯無料で提供してくれるのだそう。これはいかない理由がありません。

仕事終わりは築100年古民家の4畳半のクラブルームで、ラムハイを飲みながら、疲れやストレスを吹っ飛ばしたい!

ハイエナジー居酒屋『ラムハイハウス』~100年古民家でハジけろ!~

開催期間:~2018年4月27日(金)

場所:東京都渋谷区東1-26-32

営業時間:17:00~21:00

料金:ラムハイを1杯無料

※2杯目以降およびフードは有料

撮影・文/グリッティ編集部

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    2. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 彼の誕生日を祝いたい。だから新幹線に飛び乗った #終電と私

    5. ダサい? むしろイケてる。ウエストバッグのコーデ術

    6. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    9. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    10. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    9. 「価値観の違い」って結局なに? 東京の男女に聞いた、別れた本当のワケ

    10. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    8. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    9. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    渋谷に4畳半のクラブができた。ラムハイ片手に疲れもストレスも吹っ飛ばす!

    FBからも最新情報をお届けします。