1. Home
  2. Trend
  3. iPhone、Androidアプリ
  4. えっ。セルフィーの鼻が嫌いだから整形したい人が増えている

えっ。セルフィーの鼻が嫌いだから整形したい人が増えている

20180411_selfie

セルフィーを撮るのは当たり前ないま、誰だって写真写りは気になります。

セルフィーの鼻がイヤ。だから整形したい!

「The Atlantic」誌で、写真写りと整形の関係についての記事を見つけました。

外科医で医科大の助教授でもあるパスコバー氏は、医学雑誌「ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション」に、アメリカの整形外科医を対象にした調査結果を発表。

パスコバー氏によると、40%以上の整形外科医がSNS画像での自分の顔が気に入らないという患者を担当したことがあり、セルフィーの顔、とくに鼻が気に入らないので整形したいという人が増えているのだそう。

でも、セルフィー撮影では顔が前になり、しかも鼻がいちばんカメラと近くなるので、実際よりも幅広く見えるのは仕方がないとのこと。

レンズからの距離と鼻のサイズについては、距離が30センチのときには、150センチのときと比べて、なんと鼻が30%も幅広く見えるとの結果が報告されました。

ありのままの自分はセルフィー画像にはない

それを聞いたら鼻が幅広く見えてしまうのも当たり前のように思えます。

とはいえ、増える一方のセルフィー画像がいつも鼻ペチャに写っていたら、それが自分の顔だと思ってしまう人がいるのも、仕方がないのかも。

整形をするかどうかは、その人の自由。

だけど、セルフィーやSNSの画像が気に入らないからといって整形に走るのは、個人的にはちょっと短絡的に感じました。

セルフィーはあくまでもカメラのレンズを通した自分で、ありのままの自分とは違うから。

SNSのおかげで便利になったけれど、こんな影響もあるんだと改めておどろきました。

SNSやカメラのフィルターがあるのは仕方ないとしても、だからこそフィルターばかりに左右されないで、ありのままの自分をしっかり持っていきたいです。

The Atlantic

写真/Shuttersotck

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. ぶっちゃけ、貯金してる?

    2. 「女子力=ゆるふわ」は終わり。心理カウンセラーに聞いたこれからの女子力

    3. いい女こそ、細部にこだわる。下着を新調するベストなタイミングっていつ?

    4. くびれキュッ、お尻プリッ。手っ取り早くメリハリラインを作る方法

    5. 「ありがとう」って言葉をこれでもか!ってくらい伝えるようにしてる #ふたりごと

    6. 「インスタ映え」はもう十分。「自分映え」で唇からなりたい自分になる

    7. いまの家族と血のつながりはない。だけど僕は幸せだ【文太の日記】

    8. キラキラ輝く瞳になるにはどうすればいい? 黄金比率に秘密があった

    9. つらい生理痛は指ひとつで和らげる。イラストでわかるツボ押しアプリ

    10. 友だちに「孤独だって思うときある?」って聞いてみた【文太の日記】

    1. 「女子力=ゆるふわ」は終わり。心理カウンセラーに聞いたこれからの女子力

    2. ぶっちゃけ、貯金してる?

    3. くびれキュッ、お尻プリッ。手っ取り早くメリハリラインを作る方法

    4. いい女こそ、細部にこだわる。下着を新調するベストなタイミングっていつ?

    5. ただヤセたいだけじゃなかった。サンフランシスコ女子が炭水化物を食べなくなった理由

    6. 「インスタ映え」はもう十分。「自分映え」で唇からなりたい自分になる

    7. つらい生理痛は指ひとつで和らげる。イラストでわかるツボ押しアプリ

    8. 片手でパカッ。簡単ワンタッチで塗れちゃうルージュ見つけた

    9. 渋谷に4畳半のクラブができた。ラムハイ片手に疲れもストレスも吹っ飛ばす!

    10. 意外と計算高いのね...。ネコが人間をメロメロにさせるのには理由があった

    1. 「女子力=ゆるふわ」は終わり。心理カウンセラーに聞いたこれからの女子力

    2. 「ヤッホー! おしり! おしり!」腸活体操する中条あやみがとにかくかわいい

    3. 仕事中、がんばりたいのにイライラしたりボーっとしたり。私だけ? 理由知りたい

    4. くびれキュッ、お尻プリッ。手っ取り早くメリハリラインを作る方法

    5. 生理中のセックスも運動もあきらめない。女子の憂うつを吹き飛ばす3つのアイテム

    6. 生理って女性だけのものじゃなかった。タンポンのキャンペーンにトランスジェンダーモデルが登場

    7. 生理前の便秘。おなら問題。女子のぶっちゃけトークがキュートなイラストになった

    8. 「インスタ映え」はもう十分。「自分映え」で唇からなりたい自分になる

    9. 意外と計算高いのね...。ネコが人間をメロメロにさせるのには理由があった

    10. キラキラ輝く瞳になるにはどうすればいい? 黄金比率に秘密があった

    えっ。セルフィーの鼻が嫌いだから整形したい人が増えている

    FBからも最新情報をお届けします。