1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. ただヤセたいだけじゃなかった。サンフランシスコ女子が炭水化物を食べなくなった理由

ただヤセたいだけじゃなかった。サンフランシスコ女子が炭水化物を食べなくなった理由

1,634

20180418_sanfrancisco

先日、久しぶりに友人10人でランチ女子会を開催しました。

そこで気になったのが、誰ひとりとして炭水化物を選ばなかったこと。

勢いが止まらないサンフランシスコの炭水化物NG文化に迫ってみました。

炭水化物を食べなくなったサンフランシスコ女子たち

goopさん(@goop)がシェアした投稿 -

アメリカの食生活といえばハンバーガーにピザにフライドチキン! なんてイメージは、もう過去のもの。

ヘルシーブームが加速するアメリカ、とくにサンフランシスコでは、最近誰とランチをしても「カーブは食べないの」と言われます。

「カーブ」。そう、炭水化物です。

アメリカでランチといえば、サンドウィッチがメジャー。

だけど、カーブ禁止の人の前で炭水化物だらけのサンドウィッチを頬張り、さらにサイドに付いてくるフレンチフライを食べるなんてできません。

そのため、私もいつの間にか、友人とのランチではカーブフリーになってしまいました。

サンフランシスコの新定番は、レタスでサンドするハンバーガー

Café Gratitudeさん(@cafegratitude)がシェアした投稿 -

今回、久しぶりに大人数でランチ女子会を開いたのは、友人のリリーがおすすめするヴィーガンレストラン

ヴィーガンレストランとは、肉や魚などの動物性食品を一切使用しないレストランのこと。

そのため、野菜のメニューばかりなのですが、そのなかでもちゃんとアメリカンな料理を再現しているのです。

私が食べたのは、ハンバーガー。もちろん肉もチーズも動物性食品なので使用していません。

パテは豆や野菜でできていて、パンの部分はレタスでした。レタスのハンバーガー、じつはサンフランシスコではもう定番中の定番なのですが、私は初めて。

意外においしかったけれど、これが毎回だとちょっと味気なさすぎる...と思ってしまいました。

ヘルシー生活を送るのは「ヤセたい」だけが理由じゃない

Café Gratitudeさん(@cafegratitude)がシェアした投稿 -

これだけストイックな食文化が浸透しているサンフランシスコですが、その背景にはヒッピー文化も影響しています。

そう、ダイエットのためにヘルシーな生活をしているのではなく、動物愛護や地球のために、食生活や生活スタイルを変えて、より自然に近い生活をしようとしている人が多いのです。

Café Gratitudeさん(@cafegratitude)がシェアした投稿 -

「ランチ女子会の帰りにスーパーに寄る」というリリーのカバンには、空きビンが何本も入っていました。

なんと、シャンプーや洗剤などの生活用品、さらにオイルなどの食品も、プラスチックに入ったものは買わず、ビンに詰める量り売りのものを必ず買うようにしているのだそう。

goopさん(@goop)がシェアした投稿 -

彼女はとにかくビンを使います。ランチタイムにも、なんでもビンに入れて持ってくるのが習慣みたい。

「熱湯で煮沸もできるし、ビンはいちばん清潔よ!」

と話すリリー。

裸足にサンダルスタイルの彼女は、サンフランシスコの強烈な坂道を、重いビンを抱えながらスーパーへと向かっていきました。

ザ・サンフランシスコ!

写真/Shutterstock

フレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. お風呂めんどくさい日の救世主。ソファで座りながら髪洗えるシャンプー

    2. トイレで5秒ストレッチ。カチコチ腰をさくっとほぐす

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    5. メイク落とし、何使ってる?

    6. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    7. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    8. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    9. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    10. アナ・ウィンターの娘ビー・シェーファーが婚約。彼もイタリア版VOGUE前編集長の息子

    1. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    2. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    3. 家にあるアレを再利用するだけ。服のシワを予防するパッキング法

    4. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 湯船、どれくらいの頻度で入る?

    7. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    8. 機内の乾燥は砂漠以上。CAに聞いたうるおい肌を保てるワケ

    9. トイレで5秒ストレッチ。カチコチ腰をさくっとほぐす

    10. お気に入りの曲を着信音にしちゃったら、それはもう彼を好きってことだよ

    1. 【タイプ別】ゲッターズ飯田の2018年下半期占い。この1年、どう締めくくる?

    2. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    3. やっぱ世界共通なんだね。他人には見せない女子の本性

    4. ドライヤーめんどくさい。この夏、髪を乾かすのがぐっとラクになる

    5. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    6. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 早く海行きたい。寝転びエクササイズでプリッと上がったお尻になる

    9. セフレや不倫相手以上の男が見つからない。でも、結婚したい。

    10. 変化を感じるアラサー肌。いまの自分にいちばん合うスキンケアが知りたい

    ただヤセたいだけじゃなかった。サンフランシスコ女子が炭水化物を食べなくなった理由

    FBからも最新情報をお届けします。