1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. ただヤセたいだけじゃなかった。サンフランシスコ女子が炭水化物を食べなくなった理由

ただヤセたいだけじゃなかった。サンフランシスコ女子が炭水化物を食べなくなった理由

1,844

20180418_sanfrancisco

先日、久しぶりに友人10人でランチ女子会を開催しました。

そこで気になったのが、誰ひとりとして炭水化物を選ばなかったこと。

勢いが止まらないサンフランシスコの炭水化物NG文化に迫ってみました。

炭水化物を食べなくなったサンフランシスコ女子たち

goopさん(@goop)がシェアした投稿 -

アメリカの食生活といえばハンバーガーにピザにフライドチキン! なんてイメージは、もう過去のもの。

ヘルシーブームが加速するアメリカ、とくにサンフランシスコでは、最近誰とランチをしても「カーブは食べないの」と言われます。

「カーブ」。そう、炭水化物です。

アメリカでランチといえば、サンドウィッチがメジャー。

だけど、カーブ禁止の人の前で炭水化物だらけのサンドウィッチを頬張り、さらにサイドに付いてくるフレンチフライを食べるなんてできません。

そのため、私もいつの間にか、友人とのランチではカーブフリーになってしまいました。

サンフランシスコの新定番は、レタスでサンドするハンバーガー

Café Gratitudeさん(@cafegratitude)がシェアした投稿 -

今回、久しぶりに大人数でランチ女子会を開いたのは、友人のリリーがおすすめするヴィーガンレストラン

ヴィーガンレストランとは、肉や魚などの動物性食品を一切使用しないレストランのこと。

そのため、野菜のメニューばかりなのですが、そのなかでもちゃんとアメリカンな料理を再現しているのです。

私が食べたのは、ハンバーガー。もちろん肉もチーズも動物性食品なので使用していません。

パテは豆や野菜でできていて、パンの部分はレタスでした。レタスのハンバーガー、じつはサンフランシスコではもう定番中の定番なのですが、私は初めて。

意外においしかったけれど、これが毎回だとちょっと味気なさすぎる...と思ってしまいました。

ヘルシー生活を送るのは「ヤセたい」だけが理由じゃない

Café Gratitudeさん(@cafegratitude)がシェアした投稿 -

これだけストイックな食文化が浸透しているサンフランシスコですが、その背景にはヒッピー文化も影響しています。

そう、ダイエットのためにヘルシーな生活をしているのではなく、動物愛護や地球のために、食生活や生活スタイルを変えて、より自然に近い生活をしようとしている人が多いのです。

Café Gratitudeさん(@cafegratitude)がシェアした投稿 -

「ランチ女子会の帰りにスーパーに寄る」というリリーのカバンには、空きビンが何本も入っていました。

なんと、シャンプーや洗剤などの生活用品、さらにオイルなどの食品も、プラスチックに入ったものは買わず、ビンに詰める量り売りのものを必ず買うようにしているのだそう。

goopさん(@goop)がシェアした投稿 -

彼女はとにかくビンを使います。ランチタイムにも、なんでもビンに入れて持ってくるのが習慣みたい。

「熱湯で煮沸もできるし、ビンはいちばん清潔よ!」

と話すリリー。

裸足にサンダルスタイルの彼女は、サンフランシスコの強烈な坂道を、重いビンを抱えながらスーパーへと向かっていきました。

ザ・サンフランシスコ!

写真/Shutterstock

フレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. えっ、そこにアイライン引いちゃう!? 次世代のイット・ガールのメイクが遊び心にあふれてる

    2. 「女として終わってるよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    3. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    4. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    5. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    6. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. これはすごい! タンポンについた経血で病気を診断できる未来がやってくるかも...

    9. マッチングアプリから恋愛に発展したことある? #女子のホンネ

    10. 女子の8割が持つデリケートゾーンの悩み。手のひらサイズのアレが解消してくれるかも

    1. えっ、そこにアイライン引いちゃう!? 次世代のイット・ガールのメイクが遊び心にあふれてる

    2. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    3. 「女として終わってるよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    4. 女子の8割が持つデリケートゾーンの悩み。手のひらサイズのアレが解消してくれるかも

    5. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    6. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    7. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. マッチングアプリから恋愛に発展したことある? #女子のホンネ

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 「最近の若者は...」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    3. えっ、そこにアイライン引いちゃう!? 次世代のイット・ガールのメイクが遊び心にあふれてる

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. 「私たち付き合ってるの?」な状態。経験ある? #女子のホンネ

    6. 懐かしみがすごい! 平成の女子高生ファッションを振り返ってみた

    7. ホワイトデーのお返し問題。迷惑だったもの1位は、まさかのアレ...!

    8. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    9. 「不思議ちゃんだよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    10. 「女として終わってるよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    ただヤセたいだけじゃなかった。サンフランシスコ女子が炭水化物を食べなくなった理由

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More