1. Home
  2. Trend
  3. キャリア
  4. 直感って6秒以内なんだって #ふたりごと

直感って6秒以内なんだって #ふたりごと

ふたりごと

4,010

20180404_hisako1

ひーちゃんは、直感って信じてる?」って久美ちゃんの質問へのお答え。

私ってば、うっかり直感しか信じてない!

自分でもびっくりするほど自我が強い幼少時代だった

20180404_hisako2

前にどこかで書いた記憶があるんだけれど、私はいま思うと、自分でもびっくりするほど自我が強い幼少時代だった。

もうすぐ小学生になるとある春の日、ランドセルを買いに行ったときのこと。

どうしても男子は黒、女子は赤という暗黙の了解のような呪縛が理解できなくて。

「分かるように理由を説明してくれないとイヤだ」と言い張って、結局好きな寒色系のネイビーを買ってもらうことに。

自分の持ち物はどうしても赤やピンクじゃないって感じてたから、毎日違和感とともに生活したくなくて。

当時はいまのように選択肢がたくさんはなかったけれど、色で女子と男子を区別するような考えかたはおかしいって食い下がったんだ。

20180404_hisako3

そんな自己主張の強さは小学生になっても消えることはなかった。

絵の具や書道の道具なんかをそろえるときに「男子はこれ、女子はこれ」っていうのがあったんだけど、それも受け入れられなくて。

いいなと直感で思うものを身のまわりに置いておきたかったから、好みのものじゃないとどちらも拒んで自分で探しに行っちゃってた。

母親からは、よく「あなたは失敗しないとわからない。人の言うことにもっと耳をかたむけなさい」と言われてた。「なぜ人と同じことが同じようにできないの!」と。

習いごとも受験もすべて自分で決めて、親にかけ合ってきたんだ。

ひとつも後悔はしてないし、どれもいまの私を形作っている大切な1ピース(だと思いたい)!

先生には異端児呼ばわりされ、よく呼び出されたり廊下に立たされたりしてたし、自分の子どもだったら、それはそれは大変だろうなと思うので、両親にはココロカラ感謝シテイマス…。

20180404_hisako4

20180404_hisako5

「感覚は使えば使うほど磨かれる。だから、感覚で生きていると直感力が強くなる」と都合よく思ってる。

よく、女性のほうが浮気を見破る確率が高いなんて聞く。それはやっぱり直感で生きているからだと思うんだ。

でも、疑い深くなるのはやだなぁ(笑)。

他人の直感もリスペクトしなくちゃいけないなって感じた

20180404_hisako7

20180404_hisako8

私のお守りのひとつでもあるスティーブ・ジョブズの言葉、

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりしてムダに過ごしてはいけない。こうあるべきだという既成概念に囚われることは、他の人間の考えに従って生きているのと同じです。他者の意見に耳をかたむけすぎて、自分の心の声がかき消されてはいけません。もっとも重要なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。それは、どういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次でかまわないのです

それから、前に引用した言葉

多くの場合、人がすぐれた仕事ができないのは、そのように期待されていないから。でも、そのお膳立てさえしてあげたら、人は自分の限界以上の仕事をやり遂げる

とにかく直感を大切にすること、自分はもちろん周りの人たちに感謝して期待してお返しすること。

このコラムを書きながら、改めて他人の直感もリスペクトしなくちゃいけないなって感じた。

直感力を鍛えつつ、それを人にばっちり伝えられるようにしたい

20180404_hisako9

レナウンの「ensuite」というお洋服のブランドサイトで自分の大切にしていることについて、短いけれど取材していただいたの。

今回の写真は、すべてそのときに撮っていただいたもの。

直感は、いままでのすべての経験がつまっている潜在意識をベースに出てくるものって言われてる。

「新たな価値を見つけること」「中身と外見のバランス」「 本質をどう広くアウトプットしていくのか」「どうしたら心が揺れるような感情を引き出せるか」。

私のお仕事はこういうことをベースにしているつもり。

いままでのお仕事で、直感が間違っていたことはほとんどないの(と、都合よく記憶してる)。

それは幼少から東京のまんなかに身を置いて、普通の人よりも少しだけ多くの時間を、日本人のファッションや生活センスの底上げについて感じ考えてきたからなんじゃないかと。

もちろん論理的に説明できなかったり、数字として落とし込んだマーケティング資料をうまく作れなくて、相手にそれを伝えられない私の欠点は置いておいての話だけれど!

もっと具体的に詳細に、細部まで落とし込めるようにするとともに、近いうちに克服したい課題だね。

20180404_hisako6

直感って6秒以内なんだって。

素早く判断することを重ねて直感力を鍛えつつ、それをしっかり説明できて人にばっちり伝えられるようにしたい。

久美ちゃんは自分の直感やセンスが相手にうまく伝わらないときにどんな工夫をしてる?

とくに私は年配の男性に伝わりにくいって感じてるんだけど、そのあたりどうかな?

写真/Ari Takagi

>>連載「ふたりごと」をもっと読む

行方ひさこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    5. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 高学歴・高収入・高身長。あなたが男性に求めるものは? #女子のホンネ

    9. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    10. これはお洒落...なのか? バレンシアガのインスタがいろいろカオス

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. ありそうでなかった広告画像。スリムとプラスサイズのモデルが同じドレスを着たら...

    5. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. タンポンを開発したのは男性だった! 意外と知らない生理のトリビア

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. 終電を逃すと厄介だ。でもぼくは「帰る場所」を手に入れた #終電と私

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. ギクッ! 女子のちょっとお下品な生態がイラストになった

    4. 下着の捨てかた、どうしてる? #女子のホンネ

    5. 体、毎日洗ってる? #女子のホンネ

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    10. 目標はキム・カーダシアン。ぷりっとお尻をつくる整形が人気

    直感って6秒以内なんだって #ふたりごと

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More